竹下親方の現場日記 | 屋根・外壁塗装の彩家です。

塗装工事に携わり27年。「彩家さんに頼んでよかった!」とお声を頂く安心の塗装工事。
株式会社彩家
0120-029-668

竹下親方の現場日記

【野木町 外壁塗装】付帯部も風雨や紫外線の影響を受けやすい部分です。屋根・外壁と同様に定期メンテナンスは大切です。

2020年08月10日

   

付帯部の塗装です。付帯部も風雨や紫外線の影響を受けやすい部分ですから定期メンテナンスは必須です。特にスチール系の付帯部は色褪せが始まると、錆びてしまう可能性があります。錆が発生すると、補修に費用が掛かってしまうこともありますので早めに塗装を行う事をお勧めします。全体的な汚れ、色褪せを感じたら塗り替え時期です。塗装の際は、下塗りに錆止め材を使用しますので錆から守ることができます。

【野木町 外壁塗装】ツートンカラーは、どこで色を切り替える?そんなご相談もお気軽にどうぞ(^^)

2020年08月7日

   

外壁の上塗りです。今回は2色使いのツートンで仕上げていきます。濃いグレーとホワイトです。ツートンカラーは大変人気です。家の構造によって、どこで色の切り替えをするとバランスが良いか?なかなか難しいところだと思いますので、お気軽にご相談頂けたらと思います。上塗りの塗料は、大人気の無機ハイブリッドです。汚れに強い、綺麗を保てる人気のプランです(^^)

【野木町 外壁塗装】下塗りには種類が沢山あります!!外壁の状態に合った下塗りを使い、外壁を長持ちさせていきましょう!!

2020年08月6日

外壁の下塗りです。下塗りは外壁材の種類はもちろん、状態によっても使い分けていきます。下塗りの選定を間違わないこと、施工を丁寧に行う事でこれから塗る上塗りの持ちも変わってきます。また、傷んでしまった外壁も下塗り材で丈夫に復活させる事ができます。お見積り提出の際も、下塗りについてのご説明は必ずさせて頂いております。

【野木町 外壁塗装】軒天は綺麗に見えても要注意!特に梅雨が長かった今年は、湿気による傷みがあるかもしれません。

2020年08月5日

   

軒天塗装です。軒天は紫外線や風雨の影響を受けにくい場所でありますので、現地調査時もあまり傷んでいないようにみえることがほとんどです。ですが、陰になっていますので湿気が溜まりやすく雨が続いたりすると表面がブヨブヨになってしまったり、雨染みのようなものが発生したりすることがあります。塗装の際は、湿気に強い塗装を行いできるだけ乾いた状態を保てるようにします。

【野木町 外壁塗装】ビニール養生していても、エアコンや換気扇は問題なく使えます。真夏でも大丈夫です!!

2020年08月4日

   

ビニール養生です。塗装をしない場所はビニールで覆ってしまいますので、圧迫感を感じるかもしれませんが、基本的にはいつも通りの生活ができますのでご安心下さいね。エアコンや換気扇も問題なく使えます。玄関扉も養生させて頂きますが、開きにくくなるとか、鍵の開閉に関しても問題なくできます。また、玄関は出入りの多い場所ですので足元でお怪我なさらないようノンスリップのシートを使用したり、足場にはクッションを使用し安全にも配慮しております。

【野木町 外壁塗装】紫外線等の影響を受けやすい付帯部は高耐久塗装で、できるだけ長持ちさせていくことをお勧めしています。

2020年08月3日

玄関上のパラペットです。部分的に錆びていたり、こすれのような剥がれが進行していました。

  

パラペットの施工です。古い塗装の膜や、錆などを綺麗に磨き落とします。下塗りは錆止め材を使用し錆から守ります。

  

パラペットの上塗りです。フッ素塗料を使用しています。紫外線の影響を受けやすい場所にありますので、高耐久塗装で長持ちさせていけるといいですね。

【野木町 外壁塗装】瓦屋根でもメンテナンスが必要です。棟板金の塗装をしました。

2020年08月1日

   

屋根の棟板金塗装です。瓦屋根ですが、棟部がスチール製で錆びてしまっていたので塗装を行いました。錆の進行が酷い場合は、錆の広がりを抑える塗装を行ってから、錆止めと塗布し上塗り材を塗装します。棟部は屋根を押さえるとても大切な部分ですから、定期メンテナンスが必要です。

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

最近の投稿

大切なお住まいを長持ちさせる外壁・屋根の「無料診断」「無料見積り」「無料相談」はこちら
作業現場から