竹下親方の現場日記 | 屋根・外壁塗装の彩家です。

塗装工事に携わり27年。「彩家さんに頼んでよかった!」とお声を頂く安心の塗装工事。
株式会社彩家
0120-029-668

竹下親方の現場日記

【茨城県八千代町 外壁塗装】雨樋交換も承っております!!お気軽にお問合せくださいね。

2020年06月22日

付帯部塗装続きます。雨樋塗装です。最近では、雨樋交換のご依頼が増えてきました。昨年はとても大きな台風が来たので、その影響も大きいようです。雨樋の破損は、雨水の流れが悪くなりますので、外壁を傷めてしまう可能性があります。気になる場合はお早めにお問合せくださいね。

   

スチール系付帯部の塗装です。スチールは色褪せが進行すると錆の発生が懸念されます。錆は進行すると穴あきなど破損してしまうこともありますので、注意が必要です。艶がなく、色褪せてきたら塗り替え時期です。塗り替えの際は、下塗りに錆止めを使用し、錆から守ります。

【茨城県八千代町 外壁塗装】付帯部こそ高耐久塗装をお勧めしています。全体がバランスよく仕上がるといいですね。

2020年06月20日

   

付帯部の塗装です。付帯部も傷んでいる箇所は補修をしつつ、表面を磨き綺麗にしてから塗装をします。写真は「破風」と呼ばれる部位です。漢字から分かるように、風の影響を受けやすい部分ですから風雨、紫外線の影響は大きいです。弊社では、付帯部こそ高耐久塗装をと、お勧めしております。付帯部も家にとって大切な部分ですから、丁寧に仕上げていきます。

【茨城県八千代町 外壁塗装】イエロー系からブラウン系に塗り替え!!イメージを変えるのもいいいですね★

2020年06月19日

   

外壁の上塗りです。下塗りをしっかり行いましたので、外壁の状態も良くなり外壁上塗りはスムーズに進みます。今回のカラーは、イエロー系からブラウン系への塗り替えとなりました。イメージが変わりいいですね(^^)落ち着いた温かみのあるカラーで、とても素敵な仕上がりになっています。施工後全景写真をお楽しみに★

【茨城県八千代町 外壁塗装】下塗りでこれからの外壁寿命が変わります。機能性の良い外壁に合った下塗りを選定します。

2020年06月18日

    

外壁の下塗りです。外壁塗装の見積もりを出してもらったときに、下塗りに何を使うかは明記されているでしょうか。塗装を行う家は、築15年程度経過していますので外壁下地の傷みが進行している状態と考えられます。傷んでしまった強く丈夫に復活させてくれるのが下塗りの効果です。外壁の種類も様々ですから、下塗りの種類も様々です。外壁の状態に合った下塗りを行うことで、その後の上塗りが引き立ちます。塗装のお見積りをされた際は、下塗りについても説明してくれる業者さんはしっかり塗装をしてくれると思いますよ(^^)

【茨城県八千代町 外壁塗装】軒天は湿気が溜まりやすい場所です。汚れていたり、蜘蛛の巣は張りやすかったりしませんか?

2020年06月16日

  

軒天塗装です。今回、軒天下地の傷みがありましたので下塗りも行いました。軒天は風雨や紫外線に当たりにくいので現地調査をすると割と綺麗な場合が多いです。ですが、逆に湿気が溜まりやすく湿気による傷みを受けやすい場所です。表面を触ってみると、水分を含んだような感じであることもあります。塗装の際は湿気に強い塗装を行い、できるだけ乾いた状態を保てるようにします。

【茨城県八千代町 外壁塗装】シーリング劣化は雨漏りの原因となることもあります。窓枠サッシまわりも気を付けてくださいね。

2020年06月15日

  

外壁シーリング補修です。今回は傷んでいる箇所を中心に補修を行っています。家によって傷みは様々ですから、状態に合った工事を行います。シーリングの劣化は、雨漏りの原因となることもあります。特に、窓サッシ廻りなどは、雨水が入り込み外壁が剥がれてしまっていることもあります。特に北側、水回り周辺は気を付けてくださいね。

【茨城県八千代町 外壁塗装】ひび割れの補修は塗装工程内で行います。大きなひび割れがある場合は、早めにご連絡をお勧めします!!

2020年06月13日

外壁のひび割れ補修です。外壁ひび割れも、程度が様々ですが基本的には塗装工程内で補修を行います。目には見えない、細かいひび割れが多発している場合は外壁の下塗り材でカバーできる場合もあります。全体的に、色褪せが進行してくると外壁はひび割れやすい状態になります。大きな補修は費用もかかりますので、軽度のうちに塗装などのメンテナンスができるといいですね。

【茨城県八千代町 屋根塗装】屋根長持ちのためにも、遮熱より高耐久塗装を選ぶことをお勧めします!!

2020年06月12日

  

屋根の上塗り塗装です。塗装前は、だいぶ傷んでいましたが、下塗りを丁寧に行いましたので屋根下地の状態は良くなっています。上塗りのグレードは、2、3種類程度の中からお客様に選んで頂いておりますが、どのグレードを選んでもご満足頂ける内容になっています。この時期、遮熱塗料が魅力に感じますが、塗装の遮熱効果はとても短いです。その分、高耐久な塗料を選んだ方が屋根には良いですよ。

【茨城県八千代町 屋根塗装】コロニアル屋根の通気確保、湿気対策 タスペーサー設置は必須!!

2020年06月11日

屋根の下地処理です。屋根は屋根材同士の隙間から通気を確保しているのですが、コロニアル屋根の場合、経年劣化と共にこの隙間が埋まってしまう事が問題となっています。塗装の際は、この隙間を強制的に確保する部品のようなものを設置します。これを「タスペーサー」といいます。隙間空けの工法は、この他に「縁切り」という工法もあります。タスペーサーか、縁切りかと言ったら縁切りの方が知っている方が多いかもしれませんね。ですが、縁切りはカッターで切り込みを入れていく工法ですので、屋根材を傷めてしまいます。ですから、弊社ではタスペーサーを使います。

 

【茨城県八千代町 屋根塗装】傷んでしまったコロニアル屋根も、下塗り材で下地から強く丈夫に復活しますよ!!

2020年06月10日

   

足場設置、メッシュ養生、高圧洗浄が完了しました。屋根の下塗り塗装です。汚れが進行していた屋根ですが、洗浄をしたら元の色が見えてきました(^^)コケも取れてだいぶ綺麗になりました。洗浄してみるとよくわかりますが、表面の塗装の膜が剥がれてしまっていますね。この状態ですと、屋根を守るものがない状態ですから下地が傷んできたり、雨水が浸み込みやすく雨漏りをしてしまう可能性もあります。特に今回のようなコロニアル屋根は耐久性が低く、お悩みの方が増えています。傷んでしまったコロニアル屋根も、下地に合った下塗り材を使用することで強く丈夫に復活させる事ができますよ。

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

最近の投稿

大切なお住まいを長持ちさせる外壁・屋根の「無料診断」「無料見積り」「無料相談」はこちら
作業現場から