竹下親方の現場日記 | 屋根・外壁塗装の彩家です。
塗装工事に携わり27年。「彩家さんに頼んでよかった!」とお声を頂く安心の塗装工事。
茨城県知事許可(般-02)第37325号
株式会社彩家
0120-029-668

竹下親方の現場日記

【小山市 外壁塗装】下塗りは外壁を強く丈夫にする効果があります!

2022年06月24日

【小山市 外壁塗装】下塗りは外壁を強く丈夫にする効果があります!お見積りの際など、外壁塗装をお考えになった時は、シリコンやフッ素などの上塗り選びを中心に進められると思いますが実は下塗りも沢山の種類があって、外壁に合ったもの選ばないと長持ち塗装が叶いません。築年数や外壁の種類、劣化状態など塗装前の外壁は家によって様々です。最適な下塗りを選ぶ事で、傷んでしまった外壁が強く丈夫に復活し、長持ち塗装に繋がります。

【小山市 外壁塗装】軒天は湿気に注意!雨染みがあったり、汚れが溜まりやすくなっていませんか?

2022年06月23日

   

【小山市 外壁塗装】軒天は湿気に注意!雨染みがあったり、汚れが溜まりやすくなっていませんか?軒天は紫外線や風雨の影響を受けにくい箇所ですが、湿気による劣化が起こりやすい場所です。塗装の際は、湿気に強い塗装を行い乾いた状態を保てるようにします。

【小山市 外壁塗装】外壁のシーリング部は新築から約10年程度で打ち替え時期です。

2022年06月21日

    

【小山市 外壁塗装】外壁のシーリング部は約10年程度で打ち替え時期です。ひび割れや変色などの劣化が見えてきたら早めの打ち替えをお勧めします。シーリング打ち替えは塗装屋さんに頼むと対応してくれます。もちろん弊社でも対応しています。

写真は、古いシーリング材の撤去とマスキングテープ養生です。下準備作業も丁寧に進めていきます。

 

【小山市 屋根塗装】上塗りはカッコいいブラック!とっても綺麗になりました!

2022年06月20日

    

【小山市 屋根塗装】上塗りはカッコいいブラック!とっても綺麗になりました!塗装前はコケや汚れ、ひび割れなどありましたが綺麗に仕上がりました。使用の塗料はラジカル制御系の「日本ペイントファインパーフェクトベスト」です。十分な耐久性、そして下塗りもしっかり行いましたので長持ちしてくれることと思います。

【小山市 屋根塗装】傷んでしまったコロニアル・スレート屋根、下塗りで丈夫に復活します!

2022年06月18日

【小山市 屋根塗装】湿気対策で、コケや剥がれ膨れなどから屋根を守りましょう。コロニアル・スレート屋根の傷みでよくみられるのかコケや剥がれです。これは湿気が原因の場合が多いです。本来、屋根材には隙間がありますが経年と共に埋まってしまう現状です。「タスペーサー」という、小さな部品を屋根材に差し込む事で強制的に隙間を保持することができ、雨水が溜まる事なく通気も取れるので湿気対策となります。屋根の状況にもよりますが、コロニアル・スレート屋根の場合はタスペーサーの設置をお勧めしています。

【小山市 屋根塗装】傷んでしまったコロニアル・スレート屋根、下塗りで丈夫に復活します!

2022年06月17日

   

【小山市 屋根塗装】傷んでしまったコロニアル・スレート屋根、下塗りで丈夫に復活します!コロニアル・スレート屋根は築10年を過ぎると遠目で見えるくらいの汚れや傷みが見えてきます。屋根材も脆く弱ってきます。今回、使用した下塗り材は弱ってコロニアル・スレート屋根に特化した下塗り材です。塗装で少しでも丈夫に長持ちするようしっかり下塗り塗装をしていきます。

【小山市 屋根塗装】塗装前の下準備、補修はとっても大切です。

2022年06月16日

   

【小山市 屋根塗装】塗装前の下準備、補修はとっても大切です。洗浄後は、ひび割れなどの補修をします。写真の白くなっている部分が補修をした箇所です。棟部の補修は、釘の部分をシーリングで固定し抜けにくくします。棟部分の押さえである釘やビスなどは経年と共に抜けてしまう事があります。今回は屋根材のひび割れも見受けられましたので、ひび割れ補修も行いました。

【小山市 外壁塗装工事】作業スタートは高圧洗浄です!長年の汚れをしっかり洗い流します。

2022年06月15日

   

【小山市 外壁塗装工事】作業スタートは高圧洗浄です!長年の汚れをしっかり洗い流します。屋根はトルネード洗浄といって、外壁を洗浄するよりもさらに強力な洗浄方法で綺麗にしていきます。コケや古い塗装の膜、雑菌なども綺麗にしていきます。外壁の洗浄も、もちろんしっかり綺麗になります。家を洗うということは、なかなかできることではありませんから塗装の時はしっかり洗っていきますよ。

大切なお住まいを長持ちさせる外壁・屋根の「無料診断」「無料見積り」「無料相談」はこちら
作業現場から