竹下親方の現場日記 | 屋根・外壁塗装の彩家です。

塗装工事に携わり27年。「彩家さんに頼んでよかった!」とお声を頂く安心の塗装工事。
株式会社彩家
0120-029-668

竹下親方の現場日記

結城市N様邸 外壁塗装工事 完成

2020年08月28日

結城市N様邸 外壁塗装工事の完成です。ALC外壁ということで、シーリング部の劣化やひび割れがありましたが補修をしつつ綺麗になりました。高グレード塗装で仕上げていきましたので、これからも丈夫で綺麗に長持ちしてくれることでしょう(^^)

【結城市 外壁塗装】天然の木はとても繊細な素材です。理想は5年に1度の塗装、色褪せを感じたら塗り替え時期です。

2020年08月25日

   

木製の破風塗装です。天然の木は大変繊細な素材です。紫外線の影響を受けやすい素材でもあり、黒ずみや汚れ、色褪せなど様々な劣化が出てくるのが早いです。理想としては5年に1度の塗り替えです。塗装の際は、木部専用の塗装を行い長持ちさせていきます。

【結城市 外壁塗装】塗装プランの一番人気は、綺麗を保てる高耐久塗料です!!

2020年08月24日

   

外壁の上塗りです。これまで、外壁の下地処理や下塗りをしっかり行いましたので外壁下地の状態もよくなり最後の上塗りはとてもスムーズに行う事ができます。上塗り塗料に関しては、2~3種類程度の見積もりの中からお客様に選んで頂いております。今回も、一番人気の無機ハイブリッド塗料を選んで頂きました。高グレードですが、約半数の方がこの塗料での塗装をしています。耐久性はもちろん、汚れにくいということから綺麗を保てるという魅力があります。外壁の汚れでお悩みの方はとても多いと思います。大切なマイホームですから、綺麗であってほしいですよね(^^)

【結城市 外壁塗装】下塗りの効果で、外壁が強く丈夫に蘇ります!長持ちさせるための下塗り選び、とても重要です。

2020年08月21日

外壁の下塗りです。下塗りは外壁の種類や状態によって選定しています。外壁塗装を考えたときに、上塗り塗料の事を中心に検討しがちですが、外壁を強く丈夫にするのは下塗りの効果ですから、下塗りはとても重要です。お客様との打ち合わせの際も、下塗りについてよくご説明させて頂いております。

【結城市 外壁塗装】軒天は湿気による劣化に注意!汚れやすかったり、虫が多くいたりしませんか?

2020年08月20日

軒天に隙間があったので補修をします。経年と共に、こういったちょっと補修が必要なところが出てくるのはよくあることです。

補修完了です!破損する前に直す事が大事ですね。

  

軒天塗装です。軒天は紫外線等の影響はほとんどありません。ですが、湿気による劣化が多く発生する場所です。今年の梅雨のように、乾かない日々が続くと軒天のような陰になっている場所はカビやすくなりますね。塗装の際は、湿気に強い塗装を行い乾いた状態を保てるようにします。

【結城市 外壁塗装】ALC外壁のシーリングは通常長さの3倍以上!!家を守るために定期メンテナンスは必須です

2020年08月19日

  

外壁シーリング工事です。今回の外壁はALCです。ALCは耐久性がとてもよく丈夫な外壁です。ですが、シーリング部が長さにして通常の3倍以上ありますので、長持ちさせていくためにシーリング工事は定期メンテナンスが欠かせない部分であります。塗装屋ですが、シーリング工事も専門に対応できますので、ご安心くださいね。

結城市N様邸 外壁塗装工事 現地調査時の状態です。

2020年08月17日

   

   

結城市N様邸の現地調査時の状態です。全体的に色褪せ、汚れが進行していました。外壁に触ると粉状の汚れが付着します。これは「チョーキング」といって、外壁を守っていた塗装の膜が劣化し粉状となって剥がれ落ちてしまっている状態です。塗り替え時期のサインでもあります。他に、ひび割れやシーリング割れ、付帯部廻りシーリング劣化などが見受けられました。

野木町S様邸 外壁塗装工事 完成

2020年08月13日

   

栃木県下都賀郡野木町S様邸 塗装工事の完成です。ツートンカラーでの塗装、とてもカッコいい仕上がりとなりました。家の構造は様々ですので、ツートンカラーにするとしても濃い色、淡い色の合わせ方やどの部分を塗るか、横ツートンがいいのか縦ツートンが合うのかなど、家によって変わってきます。カラーに関してもご相談を承っておりますので、ご気軽にご相談下さいね。

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

最近の投稿

大切なお住まいを長持ちさせる外壁・屋根の「無料診断」「無料見積り」「無料相談」はこちら
作業現場から