竹下親方の現場日記 | 屋根・外壁塗装の彩家です。

塗装工事に携わり27年。「彩家さんに頼んでよかった!」とお声を頂く安心の塗装工事。
株式会社彩家
0120-029-668

竹下親方の現場日記

寒い毎日ですね。体調には十分気を付けてお過ごしくださいね★【2021年 外壁や屋根の塗装をやろう!!家を綺麗にしたい!!と思っている皆様へ】まずはここを見てください(^^)★

2021年01月15日

新年となり、とても寒い日が続いております。風が強かったり、地域によっては大雪で大変なところも多く心配ですね。皆様も、体調に気を付けてお過ごしください。

また、新型コロナウイルス感染者が急激に増えており、毎日のニュースに驚いております。併せて、今まで以上に感染対策をしていかなければならないと思っております。個人の感染対策が重要ですね。毎日のマスク着用、消毒はもちろんですが、3密を避ける事をしっかり意識していきたいと思っております。

さて、昨年はご自宅で過ごす時間が長くなった方が多くなった1年でした。家に居る時間が長くなり、家の汚れや色褪せなど傷んでしまっている部分が気になる方が増えた1年になったなと感じています。

家を綺麗にしたい!壊れている部分を直したい!という方からのお問い合わせが増え、わたしたち塗装屋は大変うれしく思います。大切なマイホームですから、綺麗に長持ちしてほしいものですよね。塗装をお考えで、半年以内には塗装をやりたい」という場合はお早めにご連絡くださいね。

現在、4月~5月頃の塗装ご予約を承っております。(1月~3月頃のご予約は満了となっております)工事は基本的に、ご契約順とさせて頂きますので、ご検討中の場合はお早めに現地調査のご予約をお願いします。

※お見積りのご提出後、しつこい営業などは絶対にしませんのでご安心下さい。

お問い合わせから、工事までの期間は最低2か月はかかります。(※現地調査、お見積り、他社様との相見積り等で) 塗装工事は高額ですから、急いで決めるより、ご家族でよく話し合う時間が必要だと考えております。わたしたちは皆様に安心して塗装工事をしてもらいたと常々思っております。最近では、「安ければいい」という、お客様はほとんどいないと感じております。品質やグレードについてもインターネット等で勉強されている方が多く、大変感心しております。

塗装工事で一番大切なのは、お客様と業者間の信頼関係だと思います。大切なマイホームの塗り替えですから、やってよかったと思って頂けるよう、わたしたちも頑張っていきたいと思います(^^)

調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

コロナウイルス対策も考慮しつつ対応させて頂いております。別記事において、記載がありますのでご覧頂けましたら幸いです。

 

【桜川市 外壁塗装】塗装屋ですが、シーリング工事も専門にできます!!安心してご依頼くださいね(^^)/

2021年01月12日

   

    

外壁シーリング工事の続きです。プライマーという下塗りを行い、新規剤の充填です。その後、ヘラで丁寧にならしていきます。この3工程は時間との戦いです!!塗装屋ですが、シーリング工事も専門にやっておりますのでご安心くださいね。今回はツートンカラー仕上げですので、上塗りのカラーに合わせてシーリング剤も選びました。

【桜川市 外壁塗装】外壁シーリング工事の下準備です。どんな工程も準備が大切なんですよ。

2021年01月11日

    

外壁シーリング工事です。最初の工程は古いシーリング剤の撤去です。傷んでいますが、しっかりくっついていますので外壁を傷つけないように丁寧に撤去していきます。

撤去後はマスキングテープで養生します。紫色のテープが養生です。最後に剥がしてしまうものですが、シーリングを綺麗に仕上げる為にとても重要な工程です。

【桜川市 屋根塗装】屋根塗装はフッ素系や無機ハイブリッド系塗料で高耐久仕上げをお勧めします!!厳しい環境に負けない屋根にしましょう!!

2021年01月8日

   

    

屋根塗装の上塗りです。今回はフッ素系塗料で塗装を行いました。屋根は真夏の暑さ、風雨など厳しい環境に耐えなければならない部分です。屋根の傷みは外壁の傷みにも繋がりますので、屋根はできるだけ高耐久塗装をすることをお勧めしています。フッ素系、無機ハイブリッド系が人気です。

【桜川市 屋根塗装】コロニアル屋根塗装の際は、湿気対策は必須です!!剥がれ、コケから守ります!!

2021年01月7日

  

コロニアル屋根へタスペーサー設置の設置です。コロニアル屋根劣化の原因は湿気であることが多いです。どうして湿気が溜まりやすいのかというと、本来は屋根材と屋根材との間にあるべき隙間が、経年と共に埋まってしまい通気が取れなくなるのです。湿気はコケや剥がれの発生へと繋がります。今回設置するタスペーサーは屋根材の隙間に差し込み、強制的に通気を確保します。超軽量ですのでご安心下さいね。設置は屋根材全てに行いますので、かなり地味で大変な作業です^^;

【桜川市 屋根塗装】コロニアル屋根の劣化、下塗りの選び方で今後の長持ちします!!かならず10年を過ぎたらメンテナンスを!!

2021年01月6日

   

屋根の下塗りです。コロニアル屋根は軽量安価でとても人気の屋根材です。ですが劣化が早く、築10年程度で汚れやコケ、ひび割れなどにお悩みの方が多くいらっしゃいます。下地から弱ってきてしまうコロニアル屋根に特化した下塗りがメーカーから出ています。屋根塗装の際、屋根材や傷んでしまっている状態に合った下塗り材を選ぶ事が今後の長持ちに繋がります。上塗りとの相性もありますので、よりよい塗料選びでお客様にご提供できたらと思います。

【桜川市 屋根塗装】塗装の際は、補修もしっかり行います。下地処理はとても重要です!!

2021年01月5日

    

   

屋根棟板金の下地処理です。棟板金とは「棟」と呼ばれる屋根を押さえている部分です。金属製なので棟板金といいます。風雨から屋根を守っている部分ですので、屋根塗装の際には、棟の部分も必ずメンテナンスさせて頂いております。繋ぎ目が取れかかっていたり、止めてある釘が抜けていたり錆びていたりと約10年以上もそのままですから、どこかしら傷んでいます。そのまま放置してしまうと雨漏りにも繋がる可能性があります。塗装屋さんは、こういった壊れている箇所を見つけて補修する事も仕事なのですよ。

桜川市Y様邸 屋根塗装 外壁塗装 現地調査時の状態です

2021年01月4日

    

    

桜川市Y様邸 屋根・外壁塗装工事の現地調査時の状態です。外壁はコケ汚れや粉状の汚れが出ているチョーキング現象が目立ちました。目地のシーリングもひび割れが進行し、雨水が入り込んでしまう可能性があります。屋根は全体的に汚れや色褪せで元の色が分からない状態でした。コロニアル屋根の劣化は多くみさせて頂いています。傷んでしまっていますが、丁寧に補修や塗装をすることで綺麗に、また下地から丈夫に復活させる事ができます。ひとつひとつ丁寧に作業を進め、綺麗にしていきたいと思います。

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

最近の投稿

大切なお住まいを長持ちさせる外壁・屋根の「無料診断」「無料見積り」「無料相談」はこちら
作業現場から