竹下親方の現場日記 | 屋根・外壁塗装の彩家です。

塗装工事に携わり27年。「彩家さんに頼んでよかった!」とお声を頂く安心の塗装工事。
株式会社彩家
0120-029-668

竹下親方の現場日記

筑西市T様邸 屋根・外壁塗装 現地調査時の状態です。

2020年09月15日

   

   

筑西市T様邸 屋根・外壁塗装現地調査時の状態です。屋根、外壁共に傷んでいる部分が多く早めの塗り替えが必要な状態でした。屋根は色褪せや細かい剥がれが進行していました。コロニアル屋根は軽量・安価で大変人気の屋根材でしたが、反面劣化の早さが問題となっている屋根材でもあります。環境によって傷み方が様々ですが、新築から10年以上経過している場合は恐らく全体的に色褪せや汚れを感じる場合がほとんどかと思います。そういった場合は早めに塗装を行うことをお勧めします。外壁はチョーキングといって古い塗装の膜が粉状となって剥がれ落ちている現象が起きています。塗り替え時期のサインでもあります。外壁に触ると粉汚れが手につきますので、わかりやすいかとおもいます。ほかに、外壁の剥がれも一部目立つ部分がありました。

古河市K様邸 外壁塗装工事完成

2020年09月14日

    

古河市K様邸 外壁塗装工事の完成です。全体的に汚れやチョーキングが進行していましたが、とてもきれいになりました(^^)外壁、付帯部共にホワイト仕上げは意外にも珍しいですが、とても爽やかで素敵です!!ホワイトは汚れの心配があるかと思いますが、最近では汚れに強い塗料が多く出ていて、綺麗を保つ事が可能です!!

【古河市 外壁塗装】スチール製の付帯部は色褪せから錆びてしまう可能性があります。塗装の際は、錆止め材を使い錆から守ります。

2020年09月10日

   

    

スチール製付帯部の塗装です。スチールは色褪せと共に錆びやすい状態となります。錆びてしまうと進行が早く、穴あきなど破損してしまうこともあります。塗装の際は、下塗りに錆止め材を使用し錆から守ります。場所によっては、屋根並みに紫外線や風雨の影響を受けている場所もありますので、そういった場所の付帯部は要注意です。

【古河市 外壁塗装】雨樋交換も承っております。ひび割れ、破損等がある場合などはお気軽にご相談頂けたらと思います。

2020年09月9日

   

雨樋等、付帯部の塗装です。付帯部も家にとってとても大切な役割がありますから塗装などの定期メンテナンスはとても重要です。塗装の際は、軽く磨いてから塗装を行います。グレードは外壁塗装の普通グレード以上の塗料での塗装が多いです。また、最近では雨樋交換も承る事が増えてきました。弊社で対応が可能ですので、お気軽にご相談頂けたらと思います。

【古河市 外壁塗装】2~3種類の塗装プランをご用意しています。どのグレードでもご満足頂ける安心塗装が可能です★

2020年09月8日

   

外壁上塗りです。下塗りをしっかり行いましたので、上塗りはとてもスムーズに作業が進みます。上塗りに関してはお見積りの際に、2~3種類から選んで頂いています。グレードの差はありますが、どのグレードを選んで頂いても十分な耐久性での塗装ができますのでご安心くださいね。最近では低価格高機能な塗料が増えています。できるだけ、お客様のご希望に合ったプランをご提供できるよう継続して勉強していきたいと思います(^^)

【古河市 外壁塗装】軒天は湿気による劣化に注意!綺麗に見えても、表面が傷んでしまっている可能性もあります!!

2020年09月5日

  

軒天塗装です。軒天は紫外線や風雨の影響を直接受けにくい場所ですので現地調査の時も比較的綺麗な場合が多いです。ですが逆に湿気が溜まり、湿気による劣化が進行しやすい場所であります。見た目は綺麗に見えても触ってみるとブヨブヨと水分を含んでいる場合もあります。塗装の際は、湿気に強い塗装を行いできるだけ乾いた状態を保てるようにします。

【古河市 外壁塗装】シーリングの寿命は約10年です。雨漏り防止のためにも、外壁塗装と同時にシーリング工事も行いましょう。

2020年09月4日

外壁シーリング工事です。外壁には目地のほかにも、窓枠や付帯部廻りなどにもシーリングが打ってあります。シーリングの寿命は約10年です。本来は伸縮性があることで外壁等を守る役割をしていますが、経年と共に硬化してしまいますので本来の役割が果たせなくなります。築10年を経過するとシーリング部が変色、ひび割れしてしまっている場合がほとんどです。雨水が入り込み内部を傷めてしまう可能性もありますので、外壁塗装と同時にシーリング補修も必要なメンテナンスです。

古河市K様邸 外壁塗装 現地調査時の状態です。

2020年09月1日

   

   

古河市K様邸の外壁塗装現地調査時の状態です。全体的に色褪せが進行、特に外壁や付帯部のチョーキングが酷く進行していました。チョーキングとは古い塗装の膜が粉状となって剥がれ落ちてしまっている現象です。剥がれ落ちるということは、外壁等の下地を守るコーティングがない状態ですので外壁のひび割れやスチール部の錆などが起きやすい状態でもあります。そのほかに、シーリングの劣化や木部の剥がれなどもありました。

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

最近の投稿

大切なお住まいを長持ちさせる外壁・屋根の「無料診断」「無料見積り」「無料相談」はこちら
作業現場から