施工中カテゴリー つくば市の外壁塗装 | 屋根・外壁塗装の彩家です。
塗装工事に携わり27年。「彩家さんに頼んでよかった!」とお声を頂く安心の塗装工事。
茨城県知事許可(般-02)第37325号
株式会社彩家
0120-029-668

ただいま施工中(つくば市の外壁塗装)

つくば市S様邸 住友林業の外壁塗装工事 施工例

2022年01月22日

つくば市S様邸 住友林業 屋根塗装 外壁塗装 施工前全景

 

    

施工前全景です。外壁:サイディング 屋根:コロニアル

屋根・外壁共に色褪せ、汚れが目立ち塗替え時期でした。シーリングの傷み、ひび割れが目立ちました。

 

塗装工事前の状態です(現地調査時)

 

    

    

施工前の状態です。全体的に色褪せ、汚れが進行しており塗り替え時期を迎えていました。屋根はコケの発生も見受けられました。外壁は部分的にひび割れの発生や、全体ではシーリング部の劣化が目立ちました。

 

塗装の工程です

 

    

足場設置が完了しました。作業のスタートは高圧洗浄です。屋根・外壁共に長年の汚れや埃をしっかり落としていきます。コケや藻、雑菌なども綺麗の除去することができます。

 

    

屋根の下地処理です。屋根には棟と呼ばれる屋根のてっぺんで屋根材を押さえている部分や、雪止めなどスチール製の付帯部があります。スチールは経年と共に色褪せから錆が発生してしまいますんので下塗りに錆止め材を塗装します。写真は施工前、施工後です。

 

屋根の下塗りです。毎回お話していますが、屋根も外壁も下塗り選びはとても重要です。屋根は種類問わず築10年以上経過していると下地が弱く脆くなってしまいます。下塗りには、そんな弱くなってしまった屋根を丈夫に復活させる機能があります。屋根の種類や現状に合った下塗り材を選び、これから塗装する上塗り材の効果を十分に発揮できるといいです。

 

タスペーサーの設置です。コロニアル・スレート屋根は経年と共に、どうしても屋根材と屋根材との隙間が埋まってしまい、雨水が十分に排水できなかったり、通気が確保できず湿気が溜まってしまい剥がれやコケの発生などが起こります。隙間空けの方法として、カッターで切れ目を入れていく方法もあるのですが、屋根材を傷付けてしまう可能性がありますので、「タスペーサー」という部品のようなものを屋根材に差し込み、通気を確保します。とても軽いので屋根への負担はありません。屋根の長持ちのための工程です(^^)

 

    

屋根の上塗り塗装です。屋根はできるだけ、フッ素系や無機ハイブリッド系など高グレードをお勧めしています。とりあえず綺麗になればいいとお考えの方もいますが、あまり耐久性のない塗装をしてしまうと10年も経たず艶感がなくなり色褪せ、汚れなどが目立つようになります。屋根は常に厳しい環境にさらされていますから、耐久性の良い塗装を行い長持ちさせていけたらと思っています。

 

    

軒天の塗装です。家の軒天見たことありますか?よく見ると汚れていたり、蜘蛛の巣が張っていたり、雨染みがあったり。軒天は湿気が溜まりやすい場所ですので、パッと見は綺麗でも表面に触ってみると湿気を感じる事があります。塗装の際は、湿気に強い塗装を行い乾いた状態を保てるようにします。今回はホワイトで塗装をしました。軒天の色で、家のイメージはだいぶ変わるものですよ(^^)

 

外壁の下塗りです。今回はハウスメーカーですので、下塗り選びはより慎重です。ハウスメーカーの場合、外壁に特殊加工されている可能性が高いので、どんな外壁でもしっかり付着してくれる下塗り材を選びます。ちなみに、弊社で使用の塗料は「日本ペイント製」がほとんどです。やはり国産、メーカーの信頼性も高いですし品質も良いと感じます。ハウスメーカーの家は、ハウスメーカーで塗装しないとダメという事はないです。お気軽にご相談下さいね。

 

    

外壁の上塗りです。今回は3色使ってしあげていきます。基本、外壁の色は2色までが多いのですが今回は家の構造に合わせた塗装ということで、3色になりました。まずはホワイト系「N-370」です。

ホワイト系は汚れの心配があるかと思いますが、今回使用の塗料は安定の人気塗料「日本ペイント パーフェクトセラミックトップG」ですから、汚れから守る事ができます(^^)もし汚れても雨で綺麗に落としてくれるセルフクリーニング機能があるんです!家を綺麗に保てる事はとても嬉しいですね!

 

    

外壁の上塗り2色目は明るめのグレー「N-55」です。グレーは差し色、ポイント色としても人気ですね。カッコよく、シンプルなイメージもありつつ、ピンクやブルーなどと合わせると可愛らしくもなる万能カラーです。

 

    

外壁上塗り3色目はブラックに近い濃いグレー「N-25」です。最近この色人気で続いています。ブラック系は新築でも良く見かけますし、塗り替えでもとても人気のカラーです。やってみたいけど家を黒く塗装するのは勇気がいるなとお考えの方とっても多いと思いますが、かっこよく仕上がりますのでお勧めです!

 

    

付帯部の塗装です。写真は雨樋です。塗装の前に「ケレン」といって、ヤスリで磨く作業をします。高圧洗浄で落としきれなかった汚れを除去したり、表面をザラザラにすることで塗料の付着を良くする効果もあります。とっても地味な作業ですが、綺麗に仕上げる為にとても大切な工程です。塗装は、メインの外壁カラーと同じホワイト系にしました。十分な耐久性の塗料をしようしていますので長持ちしてくれる事でしょう。

 

    

    

その他の付帯部です。破風、竪樋、スチール部など家によって付帯部は様々ですね。外壁塗装の見積をしたときに、付帯部はどのように記載されているでしょうか。しっかりと長さは提示されているか、塗料は何を使うかなど明記されていますか?付帯部は家を守る大切な部位ですから、壊れている部分は補修が必要ですし、長持ちする塗料を使用し耐久性を高める事も必要です。

 

    

外壁のシーリング工事です。シーリング工事は基本的に塗装の前に行いますが、使用する塗料や家の構造や状態によって塗装の後に行う事も増えています。

まずは、古いシーリング剤の撤去をします。そして、マスキングテープで養生をしますよ。撤去にテープ貼りと下準備が大変ですが、やはりこういった地味な作業も丁寧に行わないと綺麗な仕上がりにはなりません。丁寧かつ速くがプロの作業です(^^)

 

    

シーリング工事の続きです。プライマー(下塗り)を塗布し、新規のシーリング剤を充填していきます。本来、シーリング剤の上には塗装がされますが今回はシーリング部が剥き出しになりますので、外壁の色に合わせたシーリング剤を使用しています。高耐久のシーリング剤で、ひび割れや変色から守る事ができます。

 

    

外壁シーリング工事の完成です。外壁色が3色なので、シーリング剤も3色使いましたよ(^^)

 

    

ベランダの防水塗装です。ベランダには新築時に防水塗装がされていますが築10年を過ぎてくると防水機能が弱まり雨漏りの心配が出てきます。ベランダの水はけが悪い、水たまりができる、汚れが目立つなど感じたら塗り替え時期です。ベランダからの排水がうまくいかず、雨漏りと事例もありますから、定期点検やメンテナンスができるといいです。ベランダの防水も、どこに頼んだらいいの?と迷ってしまう方も多いです。塗装屋さんができますよ(^^)ほとんどの方は、外壁塗装と同時に防水塗装も行っています。

 

ベランダ防水塗装の完成です。艶感たっぷり、防水機能はもちろんふっかつ!見た目もよくなりましたね!

 

    

つくば市S様邸 住友林業の屋根・外壁塗装工事の完成です。今回は3色使ったオシャレなカラーに仕上がりました。ブラックやグレー、ホワイトなどを使いシンプルかつオシャレなカラーが本当に人気です。

使用の塗料は安定の人気塗料「日本ペイント パーフェクトセラミックトップG」を使用しました。抜群の耐久性である「無機ハイブリッド」塗料です。また、最大の魅力は「綺麗が長持ち」すること。外壁の汚れにお悩みの方は本当に沢山いらっしゃいます。この塗料は雨で汚れを落とすことができる「セルフクリーニング」機能があります。家がずっと綺麗であることは嬉しいですね。

グレードが高いのでもちろん費用も掛かりますが、弊社では多くの方に選んで頂いている塗料であり、自社施工の塗装専門店でありますので他社様よりお安くできるかと思います。お気軽にお問い合わせ下さいね。

 

 


 

最近のお問い合わせは、「ハウスメーカーで塗装を勧められたけど高すぎる」「やたら訪問販売の人が来てしつこい」という事がきっかけで、弊社へのお見積りをして頂く事が多いです。業者さんの中には、「今すぐやらないと雨漏りする」とかお客様を不安にさせてしまうような業者さんもいるようですが、そういった緊急性は、なかなか無い事だと思います。お客様を焦らせる、不安にさせるような業者さんはあまり良いとは思えませんので、ご注意くださいね。

ですが、そういった業者さんに塗装を勧められるということは塗装時期であるという事は確かだと思います。高額な工事になりますから、業者選びは慎重にご家族とよく話し合って検討されることをお勧めします。高額な値引き、上記に記載した不安を煽るような事言ったり、契約を急かす業者さんは絶対にダメです。家の状態を良く説明してくれて、お客様の希望もしっかり聞いてくれる、なにより安心できるなと思う業者さんを選んでくださいね。

弊社でも、お客様のご希望に合わせた塗装ができるよう努めております。ご予算がある場合もお気軽にご相談くださいね。

外壁塗装のご予約も承り中です!お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

つくば市S様邸 ヘーベルハウスの外壁塗装工事 施工例

2021年09月29日

つくば市S様邸 ヘーベルハウス 外壁塗装 屋上防水 施工前全景

施工前全景です。外壁:ALC

外壁の色褪せ、チョーキングが進行していました。外壁シーリングのひび割れも見受けられ、全体的に塗り替え時期でした。屋上、ベランダの防水機能が低下し雨漏りしやすい状態でした。

 

塗装工事前の状態です(現地調査時)

 

    

    

現地調査時の状態です。全体的に色褪せ、汚れが進行していました。シーリング部のひび割れ、屋上とベランダの防水状態が悪くなってしまっていて早めの処置が必要な状態でした。ヘーベルハウスはとても丈夫な建物ですが、外壁の防水性に関しては塗装でメンテナンスしていく必要があります。防水機能が低下すると、外壁を傷めてしまう可能性があります。また、シーリング部の箇所が長さにすると通常の4倍近くあります。その分、しっかりとしたメンテナンスが必要ですね。

 

塗装の工程です

    

足場設置が完成です。作業のスタートは高圧洗浄です。長年の汚れや埃を綺麗に洗い流します。古い塗装の膜なども、綺麗に除去していきますよ。

 

    

    

外壁シーリング工事です。ヘーベルハウスの外壁はALCです。ALCのシーリング部は長さにすると400メートルくらいあります。これは通常のサイディング外壁の約4倍近くにもなります。シーリング部は築10年程度でひび割れが始まります。細かいひび割れでも雨水が入り込んでしまう可能性がありますので、シーリング部メンテナンスはとても重要です。

工事の方法は現状に新規シーリング剤を充填する「増し打ち工法」を行います。窓枠サッシ廻りなども同じように行います。

 

外壁の下塗りです。ヘーベルハウスは構造、耐久性共にとても丈夫な建物です。ですが、防水機能が弱いというデメリットがあります。防水機能は定期的な外壁塗装で補修をしていく必要があります。今回使用した下塗り材はALCのようなセメント系の外壁材に特化した下塗り材です。弱ってしまった下地を強く丈夫に復活させます。

 

    

外壁の上塗りです。人気ナンバー1の「日本ペイント パーフェクトセラミックトップG」です。今回のカラーはND-430初めてのカラーで、塗装をする側としても、どんな仕上がりになるか大変楽しみでした(^^)淡い紫色のカラーで珍しい感じですが標準色なんですよ。仕上がりをお楽しみに!

今回使用の塗料は最高級塗料ですが、お客様の半数が選んでいる塗料プランです。せっかく塗装をするなら、長持ちしてほしいとお考えになるお客様が増えていますね。この塗料の魅力でもある「綺麗を維持できる」汚れにくいという機能性も大変気に入ってくださります。価格についても、他業者様よりはお安くご提供できていると思います。なぜなら、完全自社施工の塗装専門店だからです(^^)/

 

    

パラペット、胴差しなどの付帯部塗装です。付帯部も紫外線や風雨の影響を受けやすい箇所です。家を守る大切な部位ですから、塗装で綺麗にして長持ちさせていけるといいですね。付帯部にも繋ぎ目などシーリング補修が必要な箇所が沢山あります。ほとんどの場合、傷んで割れてしまっている状態ですのでしっかり補修をします。シーリングカラーも今は豊富にありますので、できるだけ目立たないように仕上げる事ができますよ(^^)

 

    

屋上とベランダの防水塗装です。施工前は色褪せ、汚れなどが進行し防水機能が低下していました。雨がふると、乾きにくく水はけが悪くもなってしまっていました。ベランダがある家に関しては、ような状態となっている場合が多いです。今回のような、平らな陸屋根で、屋上に防水がされている家の場合は、雨漏りの原因になりやすいですので築10年を過ぎたら必ずメンテナンスをすることをお勧めします。

 

    

    

防水塗装は専用塗料で下塗り1回、上塗り3回の計4回塗りで仕上げていきます。回数を重ねるごとに、艶感も出て綺麗に仕上がります。もちろん防水機能もバッチリ!

 

   

防水塗装の完成です。

 

    

付帯部塗装の仕上げです。庇やシャッターボックス、配線なども外壁や付帯部カラーと合わせて仕上げていきます。スチール製の付帯部については、下塗りに錆止めを使用していますので錆からも守る事ができますよ。

 

    

 

つくば市S様邸 ヘーベルハウス外壁塗装工事の完成です!初めて塗らせて頂いたカラーND-430はとても素敵なカラーで、付帯部のブラックとも相性抜群です!軒天、雨樋、外構の塀は外壁と同じカラー、その他の付帯部はブラックです。2色ですが、こだわりをもって使い分けしてみました(^^)やはり日本ペイントさんの標準カラーはどれを選んでも素敵にカッコよく仕上がりますね!

外壁には最高級の無機ハイブリッド塗料を使用しましたので、これからも長持ちしてくれることと思います。

 

 

最近のお問い合わせは、「ハウスメーカーで塗装を勧められたけど高すぎる」「やたら訪問販売の人が来てしつこい」という事がきっかけで、弊社へのお見積りをして頂く事が多いです。業者さんの中には、「今すぐやらないと雨漏りする」とかお客様を不安にさせてしまうような業者さんもいるようですが、そういった緊急性は、なかなか無い事だと思います。お客様を焦らせる、不安にさせるような業者さんはあまり良いとは思えませんので、ご注意くださいね。

ですが、そういった業者さんに塗装を勧められるということは塗装時期であるという事は確かだと思います。高額な工事になりますから、業者選びは慎重にご家族とよく話し合って検討されることをお勧めします。高額な値引き、上記に記載した不安を煽るような事言ったり、契約を急かす業者さんは絶対にダメです。家の状態を良く説明してくれて、お客様の希望もしっかり聞いてくれる、なにより安心できるなと思う業者さんを選んでくださいね。

弊社でも、お客様のご希望に合わせた塗装ができるよう努めております。ご予算がある場合もお気軽にご相談くださいね。

外壁塗装のご予約も承り中です!お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

茨城県つくば市U様邸 住友林業の外壁塗装工事 施工例

2019年11月5日

つくば市U様邸 屋根塗装 外壁塗装 施工前全景

施工前全景です。外壁:セメント系 屋根:コロニアル

全体的に色褪せが進行、塗替え時期です

 

塗装工事前の状態です(現地調査時)

   

屋根コロニアルです。色あせが進行、湿気が溜まり剥がれ、コケなどが発生しやすい状態でした。湿気対策も行っていきます。

外壁はセメント系です。色あせが進行しています。北側、水回りはコケや藻などが発生しています。やはり通気性の悪いところは汚れやすいと感じます。

 

塗装の工程です

高圧洗浄です。屋根は外壁よりも強力なトルネード洗浄を行います。土間や塀などのコンクリート部も綺麗に洗い流します。汚れや埃だけでなく、コケや藻などの雑菌は胞子なども除去します。常に厳しい環境に耐えている分、様々なものが付着しています。しっかりと綺麗にします。

 

屋根の下地処理です。下地処理では、棟部を中心に。止めてある釘やビスを打ち直し、取れないようにシーリングで固定します。そして錆止め塗装をします。

屋根の「棟」と呼ばれる部分は屋根を押さえている大切な部分です。屋根の一番高い部分にあるので、環境的には一番影響受けやすい部分です。棟部は板金(スチール製)で、ビスや釘打ちで止められている事がほとんどです。築10年を超えてくると、ビスや釘も緩んできたり下地もスチール製ですから錆びてしまう可能性があります。最近では大きな台風が普通に来るようになってきましたので、屋根のメンテナンスはとても重要だと考えられます。

 

    

屋根の下塗りです。今回の屋根材はコロニアル(スレート瓦)です。色褪せが進行していましたが特に大きな破損等はありあませんでした。傷みが出てくる前の塗装でしたので、とても理想的な状態です。

沢山の家を見させていただいてますが、コロニアル屋根が傷んでしまい、お悩みの方が年々増えています。新築時は軽量・安価でとてもありがたい屋根材なのですが、10年を過ぎると遠目で見ても傷みがはっきりわかる状態に。コケや汚れ、カビなど。環境によっては剥がれの進行が酷くなってしまう場合もあり、塗装ができない状態になってしまうこともあります。コロニアル屋根の場合は必ず10年に1度メンテナンスを行ってください。もし、業者さんに改修工事(葺き替え)を進められた場合は、必ず他の業者さんにも見てもらってください。最近ではメーカーから良い下塗り材が出ていますので、塗装で改善できる可能性もあります。

 

屋根の湿気対策です。「タスペーサー」というものを設置します。コロニアル屋根は、通常屋根材と屋根材との間に隙間があり、通気を確保していますが、経年と共に隙間が埋まってしまい通気が取れなくなります。結果、湿気が溜まり湿気の影響でコケの発生や剥がれに繋がります。

隙間を開け、通気確保をする方法として「縁切り」という工法もあります。これは屋根材の隙間をカッターでカットしていく工法なのですが屋根材を傷めてしまうので弊社では行いません。

「タスペーサー」は屋根材の隙間に差し込み、強制的に通気を確保することができます。また、軽量ですので屋根への負担も軽減できます。

 

屋根の上塗りです。これまで、下地処理や下塗り、タスペーサー設置と行ってきましたので上塗りはスムーズにできます。上塗り材のグレードは2種類~3種類の中からお客様に選んで頂いております。価格やグレードは様々ですが、下地処理をきちんと行っていますのでどのグレードを選んで頂いても満足な仕上がりとなります。今回のカラーは「ニューワイン」という赤系のカラーです。とても素敵なカラーです(^^)

 

軒天の塗装です。軒天は紫外線などの影響が少ないので築10年くらいですと、あまり傷んでいる感じには見えないことがほどんどです。ですが、いつも陰になっている分、湿気が溜まりやすく汚れやすかったり、蜘蛛の巣が張りやすかったりすることがあります。塗装をするときは、湿気に強い塗料を使用し乾きやすい状態を保てるようにします。

軒天は風雨や紫外線から家を守る大切な部分です。最近では軒天無しの家を増えていますが、塗装屋としては軒天が合ったほうが外壁への厳しい環境からの影響が軽減されますのでできれば軒天は付けたほうがいいと思いますよ。

 

    

外壁の下塗りです。今回の外壁はセメント系です。セメント系の外壁はとても丈夫なのですが、セメントそのものに防水性がありません。なので、防水という意味でも塗装はとても重要なメンテナンスになります。また、経年と共に下地が傷んでくると細かいひび割れが発生しやすいという事もあります。外壁下地は様々ですので、下地や状態に合った下塗り材を選んでいきます。

 

    

外壁の上塗りです。下塗り材をしっかり塗装しましたので、外壁の状態もとても良くなりました。上塗り塗装はとてもスムーズに作業ができます(^^) 上塗り材も種類は様々ですが、できるだけ下地に合ったものを使用することでこれからも長持ちしていきます。

 

    

付帯部の塗装です。雨樋などとても細かい塗装になりますので丁寧に塗装をしていきます。今回はホワイト系で仕上げました。付帯部の色味を決めるのは難しいところだと思いますので、ご相談くださいね。

雨樋、破風、シャッターボックスなど家には屋根・外壁以外にも家を守る大切な部分があります。現地調査に伺うと、付帯部が破損しているけど修理をどこに頼んだらいいのかわからないというお客様も多くいます。雨樋交換、換気口の交換、ひび割れの補修、網戸の張替えなどなど経年と共に様々な部分が傷んできますから直したい場所も増えてくるでしょう。そんなご要望にもできるだけ対応していきたいと思っていますので、お気軽にご相談くださいね。もし、弊社で対応が難しい場合は、専門の業者さんをご紹介することも可能です。

 

    

つくば市U様邸の塗装工事が完成です。住友林業の住宅です。外壁のイエロー系と付帯部のホワイト系とても綺麗な仕上がりになりました(^^)今回は築10年程度での塗り替えでしたので、破損している部分もなくとてもスムーズな塗装工事となりました。とても理想的な塗り替えでしたね。

 

最近のお問い合わせは、「ハウスメーカーで塗装を勧められたけど高すぎる」「やたら訪問販売の人が来てしつこい」という事がきっかけで、弊社へのお見積りをして頂く事が多いです。業者さんの中には、「今すぐやらないと雨漏りする」とかお客様を不安にさせてしまうような業者さんもいるようですが、そういった緊急性は、なかなか無い事だと思います。お客様を焦らせる、不安にさせるような業者さんはあまり良いとは思えませんので、ご注意くださいね。

ですが、そういった業者さんに塗装を勧められるということは塗装時期であるという事は確かだと思います。高額な工事になりますから、業者選びは慎重にご家族とよく話し合って検討されることをお勧めします。高額な値引き、上記に記載した不安を煽るような事言ったり、契約を急かす業者さんは絶対にダメです。家の状態を良く説明してくれて、お客様の希望もしっかり聞いてくれる、なにより安心できるなと思う業者さんを選んでくださいね。

弊社でも、お客様のご希望に合わせた塗装ができるよう努めております。ご予算がある場合もお気軽にご相談くださいね。

外壁塗装のご予約も承り中です!お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

 

大切なお住まいを長持ちさせる外壁・屋根の「無料診断」「無料見積り」「無料相談」はこちら
作業現場から