施工中カテゴリー 筑西市の外壁塗装 | 屋根・外壁塗装の彩家です。
塗装工事に携わり27年。「彩家さんに頼んでよかった!」とお声を頂く安心の塗装工事。
茨城県知事許可(般-02)第37325号
株式会社彩家
0120-029-668

ただいま施工中(筑西市の外壁塗装)

筑西市S様邸 屋根塗装 外壁塗装 チョーキングやシーリングの傷みが見られ塗装時期でした 雨樋交換も行います HPからのお問合せありがとうございます!

2022年06月8日

筑西市S様邸 屋根塗装 外壁塗装 施工前全景

 

施工前全景です。外壁:サイディング  屋根:コロニアル・スレート

全体的に色褪せ、汚れが進行し塗り替え時期でした。

 

外壁塗装工事前の状態です(現地調査時)

 

    

    

    

筑西市S様邸の屋根・外壁塗装工事 施工前の状態です。全体的に色褪せや汚れが進行していて塗り替え時期でした。屋根は屋根材の隙間が無く湿気が溜まりやすい状態でした。コケの発生もありました。外壁はチョーキングやシーリングの傷みが目立ちました。雨樋は新品に交換します。

 

塗装の工程です

 

高圧洗浄が完了しました。屋根の下塗りです!コロニアル・スレート屋根の傷みにお悩みの方はとても多いいらっしゃいます。新築時、軽量で安価という魅力から多くの家がコロニアル・スレート屋根ですが、築10年程度で下から見ても分かるくらい傷んでしまっています。塗装の際は、まず下塗りで脆くなってしまった屋根を丈夫に復活させます。コロニアル屋根に特化した下塗り材もありますので、状態に合わせて選んでいけたらと思っています。

 

   

上塗りはフッ素系塗装で高耐久仕上げです!丁寧に下塗りを行いましたので、屋根材の状態もよくなっています。仕上げ塗りでもある上塗りは、屋根材を守るための塗装です。毎日厳しい環境に耐えなければいけませんから、できるだけ高耐久塗装を行う事をお勧めしています。

 

外壁シーリング工事の施工前です。シーリングの変色、ひび割れが見受けられる場合は打ち替え時期です。ひび割れ部分から微量でも雨水が入り込んでしまうと徐々に外壁を傷めていってしまい建物の耐久性が下がってしまいます。シーリング打ち替え時期としては、外壁の塗り替え時期と同じくらいですから、塗装と一緒にできたらいいと思います。

 

    

最初の工程は古いシーリング材の撤去です。その後、白いテープのようなものを設置(ボンドブレーカーといいます)、マスキングテープで養生します。

 

    

シーリング工事の続きです。プライマー(下塗り)を塗布し、新規シーリング剤を充填していきます。シーリング剤もカラーが豊富ですので、できるだけ外壁色に合ったものを選んでいます。シーリング工事も専門に行っています。ご安心くださいね(^^)

 

    

軒天は湿気汚れに注意です。雨染みなどはありませんか?屋根や外壁に比べるとぱっと見は比較的綺麗な場合が多いですが、陰になっている部分なので、湿気による傷みが発生しやすいです。塗装の際は、湿気に強い塗料を使用し乾いた状態を保てるようにします。

 

下塗りは外壁の種類や状態に合ったものを選びます。下塗りには経年劣化等で脆くなってしまった外壁を丈夫に復活させる効果があります。今回は密着性の高い下塗り材ですので、上塗り材をしっかり密着させ剥がれ等から守ります。また、真っ白な色が特徴的で、元の色が濃い色でも次に影響なく、お好きな色に塗装することができます。

 

    

上塗りは大人気の「日本ペイント パーフェクトセラミックトップG」です。無機ハイブリッド系のこの塗料は、外壁の綺麗を維持できるとても魅力的な塗料です。外壁の汚れにお悩みの方はとても多いです。ですから、綺麗を維持できることは本当に嬉しい事ですね。多少の汚れは雨で洗い流してくれます。もちろん耐久性もバッチリです!

 

    

付帯部はホワイト系で、全体的に温かみのある仕上がりになりました。外壁のベージュ系とも相性がよく素敵な色の組み合わせになっています。付帯部も毎日厳しい環境にさらされていますから、塗装などのメンテナンスをして長持ちさせていく必要があります。塗料も十分な耐久性のものを使用しています。

 

雨樋は複雑な形なので、より丁寧に塗装をします。凹凸も多いので小さなローラーや刷毛なども使います。今回、一部の雨樋に破損が見られましたので交換工事も行いました。

 

ベランダ防水は新築から10年程度でメンテナンスをしましょう。防水機能は徐々に低下していき、築10年頃になってくると防水機能が十分でなくなってしまいます。特に汚れ、色褪せ、剥がれなどが目立つようになったら早めに防水塗装を行いましょう。

 

    

    

ベランダの塗装工程です。下塗り、上塗りと数回重ね塗りして仕上げていきます。とても綺麗になりました!

 

 

    

筑西市S様邸 外壁塗装工事の完成です。明るめのベージュとホワイトの組み合わせでとても明るい仕上がりになりました!屋根がブラックなので、色バランスもいいです!付帯部はブラックが多いですが、ホワイトも爽やかになりいいですね(^^)屋根、外壁共に高耐久塗装を行いましたのでこれからも長持ちしてくれるでしょう(^^)

 


 

最近のお問い合わせは、「ハウスメーカーで塗装を勧められたけど高すぎる」「やたら訪問販売の人が来てしつこい」という事がきっかけで、弊社へのお見積りをして頂く事が多いです。業者さんの中には、「今すぐやらないと雨漏りする」とかお客様を不安にさせてしまうような業者さんもいるようですが、そういった緊急性は、なかなか無い事だと思います。お客様を焦らせる、不安にさせるような業者さんはあまり良いとは思えませんので、ご注意くださいね。

ですが、そういった業者さんに塗装を勧められるということは塗装時期であるという事は確かだと思います。高額な工事になりますから、業者選びは慎重にご家族とよく話し合って検討されることをお勧めします。高額な値引き、上記に記載した不安を煽るような事言ったり、契約を急かす業者さんは絶対にダメです。家の状態を良く説明してくれて、お客様の希望もしっかり聞いてくれる、なにより安心できるなと思う業者さんを選んでくださいね。

弊社でも、お客様のご希望に合わせた塗装ができるよう努めております。ご予算がある場合もお気軽にご相談くださいね。

外壁塗装のご予約も承り中です!お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます。個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

 

筑西市K様邸 外壁塗装 全体的に色褪せや汚れが目立ち塗り替え時期でした。人気の無機ハイブリッド系塗装で仕上げます!

2022年04月20日

筑西市K様邸 外壁塗装 施工前全景

 

施工前全景です。外壁:サイディング

全体的に色褪せ、汚れが進行し塗り替え時期でした。

 

外壁塗装工事前の状態です(現地調査時)

 

    

    

施工前の状態です。外壁の色褪せ、汚れが進行し塗替え時期でした。シーリング部は外壁との間に隙間ができてしまい、雨水が入りやすくなっていました。シーリングの劣化は、どの家にでも起こりえる経年劣化です。シーリングの細かいひび割れなどが見えてきたら、そろそろ外壁も塗り替え時期かな?とお考えになってもいい頃かと思います。

 

塗装の工程です

    

足場設置、メッシュ養生が完了しました!作業のスタートは高圧洗浄です。長年の汚れや埃、雑菌までも綺麗に洗い流します。

 

    

外壁シーリングは細かいひび割れが見えてきたらメンテナンス時期です。外壁がサイディングの場合は築10年程度で、シーリングの変色やひび割れが発生してきます。これは経年劣化でどの家にも起こりえる劣化状態です。シーリング工事のスタートは古いシーリング材の撤去からです。

 

    

シーリング工事の養生です。付帯部廻りにもマスキングテープ養生します。古いシーリング材を撤去した後には、ボンドブレーカーというテープ状のものを設置し、マスキングテープで養生していきます。

 

    

シーリング工事のメイン作業は時間との戦い!素早く丁寧に行います!プライマー(下塗り)、新規シーリング剤充填、ヘラで慣らし作業を一気に行います。雨水から家を守る部分ですからとても大切な工程です。丁寧に綺麗に仕上げていきます。材料は高耐久のものを使用しています。伸縮性も高いので、ひび割れからも守る事ができます。

 

塗装前の下準備工程はとても重要です。写真は、シーリング部の補強です。専用の塗料を使用することで、シーリング部の密着性を高めます。

 

    

写真は配管の留め具部分です。塗装前は錆が酷い状態でしたので、しっかり錆止め材を使用しました。塗装前には細かい下地処理、下準備がとても重要になります。塗装時期になると、外壁や屋根以外の部分も経年劣化が見られる場合が多いです。補修が必要なしっかり補修することで、塗装の長持ちに繋がります。

 

    

    

ビニール養生していても、エアコンや換気扇いつも通り使えます!塗装を行う際に、窓など塗装をしない場所、そのほかに汚さないようにビニールなどで養生します。様々な個所をビニールで覆ってしまいますので、換気できるのか?とか、エアコンは使えるのか心配な方もいらっしゃるかと思います。エアコン、換気扇などはいつも通り使えますのでご安心ください(^^)/また、風が強い日などで飛んでしまったりしないよう、しっかり綺麗にを心がけております。

 

   

軒天は湿気汚れに注意!カビや蜘蛛の巣目立ちませんか?軒天は紫外線や風雨の影響はほとんどありませんが、陰になっていて日当たりが悪いので湿気が溜まりやすくなっています。塗装の際は、湿気に強い塗料を使用し乾いた状態を保てるようにします。

 

   

塗装は下塗り選びがとても重要です!塗装は基本的にはシリコンやラジカル制御、フッ素など上塗りの種類でプランを選ぶ事がほとんどだと思うので下塗りについてはあまり注目されないパターンが多いと思います。ですが、塗装は下塗りの選び方がとても大切なのです。現状の状態や外壁の種類に合った下塗り材を選ばないと塗装後に剥がれてしまったり、あまり長持ちしなかったりすることがあります。外壁材には様々な種類がありますから、下塗り材選びは慎重に行います。

 

    

上塗りは今回も大人気の「綺麗を維持できる!」無機ハイブリッド塗装です!弊社で使用している、無機系塗料は日本ペイントの「パーフェクトセラミックトップG」という塗料です。安心の国産塗料である、この塗装プランはお客様の半数以上の方に選んで頂いております。無機系ですから、耐久性はもちろんですが何より「綺麗を維持できる」外壁の汚れ対策となる事が最大の魅力です。

 

付帯部塗装も丁寧に!十分な耐久性で長持ち塗装を行います。外壁塗装が一段落した後は付帯部塗装になります。写真はシャッターボックスです。スチール製ですので、色褪せと共に錆びやすくなってしまいますので塗装の際は、下塗りに錆止め材を使用します。上塗りは十分な耐久性の塗料を使用し、外壁と同じように綺麗な状態で長持ちしていってほしいなと思っています。

 

    

換気フードや水切り(外壁と基礎の間に設置してある付帯部)もスチール製でしたので、同じように錆対策をしましたよ(^^)/

 

   

    

雨樋、破風などの付帯部も外壁と一緒にメンテナンスをしましょう。家の塗装をお考えになった時に、屋根や外壁がメインとなりますが雨樋や破風などの付帯部も常に厳しい環境にさらされている部分ですのでメンテナンスが必要です。雨樋に関しては交換を希望される方も多いです。塗装と一緒に雨樋交換も対応できますので、お気軽にお申しつけ下さいね。

 

    

工事終盤は細かい補修を行います。写真は付帯部のシーリング補修です。シーリング施工がされている箇所は外壁や窓枠サッシ廻り以外にも様々なところにあります。付帯部と付帯部との繋ぎ目、外壁と付帯部の境目など隙間に施工されている場合が多いですね。雨水が入り込まないようにしっかりと補修をします。

 

ベランダの防水は築10年程度でメンテナンスが必要です。写真はベランダ防水の状態です。色褪せや汚れなどの劣化が見られます。これは経年劣化ですので、ベランダがある家でしたらどの家でも起こりえる状態です。このような状態になってくると、防水機能が低下している可能性がありますので雨漏りもしやすくなってきます。特に、ベランダに屋根がない場合は要注意です。

 

    

    

ベランダ防水塗装は外壁塗装と一緒にできます。専用塗料で防水機能もしっかり復活!そして見た目もとても綺麗になりますよ(^^)ベランダも、素材が色々ありますから素材に合った施工法で対応できます。ご安心くださいね。

 

筑西市K様邸 外壁塗装工事の完成です。全体的に色褪せや汚れなどありましたがとても綺麗になりました。高耐久で汚れから守る無機ハイブリッド塗装を行いましたので、丈夫で綺麗に長持ちさせる事と思います。

—————————————————————–

最近のお問い合わせは、「ハウスメーカーで塗装を勧められたけど高すぎる」「やたら訪問販売の人が来てしつこい」という事がきっかけで、弊社へのお見積りをして頂く事が多いです。業者さんの中には、「今すぐやらないと雨漏りする」とかお客様を不安にさせてしまうような業者さんもいるようですが、そういった緊急性は、なかなか無い事だと思います。お客様を焦らせる、不安にさせるような業者さんはあまり良いとは思えませんので、ご注意くださいね。

ですが、そういった業者さんに塗装を勧められるということは塗装時期であるという事は確かだと思います。高額な工事になりますから、業者選びは慎重にご家族とよく話し合って検討されることをお勧めします。高額な値引き、上記に記載した不安を煽るような事言ったり、契約を急かす業者さんは絶対にダメです。家の状態を良く説明してくれて、お客様の希望もしっかり聞いてくれる、なにより安心できるなと思う業者さんを選んでくださいね。

弊社でも、お客様のご希望に合わせた塗装ができるよう努めております。ご予算がある場合もお気軽にご相談くださいね。

外壁塗装のご予約も承り中です!お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます。個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます。衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

筑西市N様邸 積水ハウス 屋根塗装 外壁塗装 色褪せやチョーキングが進行し塗り替え時期でした。ハウスメーカー塗装もしっかりご対応致します!

2022年03月1日

筑西市N様邸 積水ハウス 屋根塗装 外壁塗装 施工前全景

 

    

施工前全景です。外壁:サイディング 屋根:コロニアル

屋根・外壁共に色褪せ、汚れが進行していました。屋根はコケの発生、外壁はチョーキングの進行が目立ちました。全体的に塗り替え時期です。

 

塗装工事前の状態です(現地調査時)

 

    

    

施工前の状態です。屋根は色褪せの進行やコケの発生が目立ちました。外壁や付帯部は色褪せやチョーキングが進行していました。チョーキングとは、古い塗装の膜が粉状となって剥がれ落ちてしまう現象です。外壁に触って粉汚れが付く場合はチョーキングが発生していることになります。塗り替え時期のサインでもあります。

 

塗装の工程です

 

    

足場設置、メッシュ養生が完了しました!最近、足場看板を見てのお問い合わせや現場でのお声かけもあり嬉しい限りです(^^)

作業のスタートは高圧洗浄です。長年の汚れや埃、雑菌などを綺麗に洗い流していきます。洗浄後は本当に綺麗になってサッパリした感じになります。

 

    

屋根のタスペーサー設置です。コロニアル・スレート屋根に行う下地処理作業です。「タスペーサー」とは、屋根材に差し込んで通気を確保したり、雨水が溜まらないようにする部品のようなものです。タスペーサーを設置することで、湿気による劣化(コケの発生、剥がれなど)を防止することができます。

 

屋根の下塗りです。今回の屋根は、表面の細かい剥がれが目立ち、屋根材が弱っている状態でした。コロニアル・スレート瓦にはよくある経年劣化です。屋根の下塗り材には、弱ってしまった屋根材を強く丈夫にさせる効果があります。しっかりと浸透し、強い屋根に復活させます。

 

    

屋根の上塗りです。下塗りで屋根材を強く丈夫にしましたので、上塗り材は丈夫になった屋根が長持ちするように、風雨や強い紫外線から守ります。表面コーティングですね。特に最近では、夏は猛暑になりますし、年間を通して寒暖差の激しい日が多いと感じますので屋根など建物の負担も大きいと考えられます。屋根塗装はシリコン系など、あまり耐久性のない塗装ですと10年程度で色褪せや汚れなどが目立つようになってしまいますので、少しでも長持ちするようにフッ素や無機ハイブリッドなどの高耐久塗装をお勧めしています。

 

    

軒天の塗装です。軒天は、いつも陰になっているので湿気が溜まりやすいです。現地調査をすると、表面がブヨブヨしていたり、緑色の汚れ(藻やカビ)などが発生していたりします。塗装の際は、湿気に強い塗装をして乾いた状態を保てるようにします。

 

外壁の下塗りです。今回のように、ハウスメーカーの場合は下塗り選びは慎重です。表面にメーカー独自の加工がされている場合があり、通常の塗装では剥がれてしまう可能性があるからです。ですが、そういった場合でも対応できる下塗り材があるのでご安心下さい。ハウスメーカーの場合は、ハウスメーカーで塗装をしないといけないんだろうと思いがちですが、きちんと対応できる塗装専門店は多くありますので、相見積もりをしてご検討頂けたらと思います。

 

外壁の上塗りです。今回も弊社で1番人気の塗料「日本ペイント パーフェクトセラミックトップG」です。弊社では、7割の方が選んでいます。魅力はやっぱり「外壁の綺麗を維持できる」ことですね。外壁の汚れにお悩みの方は、本当に多いですから綺麗を維持できる事はとても魅力的ですね。もし、汚れてしまっても雨で汚れが落ちる「セルフクリーニング」機能があるので多少汚れてしてしまっても雨水で綺麗になります。

塗装カラーは、ホワイト系です。全体をホワイトでというのも久々なので仕上がりが楽しみです。

 

    

付帯部の塗装です。写真は「破風」です。読んで字のごとく、風の影響が強い部分ですから傷んで破損などしないようメンテナンスが必要です。

塗装のお見積りを出してもらったときに、付帯部塗装の事も細かく書いてあるかどうか。良い塗装を行うためのポイントになります。付帯部も常に厳しい環境から家を守っている大切な部位です。色あせ、素材の傷みなど様々な経年劣化が起こっていることでしょう。素材や状態に合った塗料で、外壁と同じように長持ちするように仕上げていく必要があります。

 

    

雨樋の塗装です。雨樋や破風などの付帯部は、まず「ケレン」というヤスリ掛け、磨く作業から行います。凹凸があったり、複雑な形の部分もありますので高圧洗浄で落としきれなかった汚れや古い塗装の膜などを綺麗に落としていきます。そのほかにも、磨くと表面がザラザラするので塗装したときに塗料が乗りやすくもなります。

最近では雨樋交換のご依頼がとても多いです。台風の影響などで壊れてしまった、経年劣化で割れてしまったなど。雨樋が壊れてしまうと、雨水の影響で家を傷めてしまう可能性がありますので雨樋のメンテナンスもとても大切です。

 

   

雨戸の塗装です。今回のカラーは少し赤みのあるベージュ系です。ホワイトの外壁ととても合っています(^^)北欧デザインのようなカラーで素敵です。

雨戸はスチール製ですので、築20年近くなってくると細かい錆などが発生することがあります。塗装の際は、下塗りに錆止めを使い錆からまもります。凹凸がありますが、吹付塗装でムラなく綺麗に仕上がりますのでご安心下さいね。

 

    

玄関扉、ベランダ手摺の塗装です。どちらも紫外線が当たりやす場所にある場合が多いですから、色褪せが目立ちやすい部分です。材質によって、通常塗装ができない場合もありますが、こういった部分も塗装をさせて頂いています。毎日、何度も出入りする玄関が綺麗になるととても気持ちがいいですね(^^)

 

    

筑西市N様邸 積水ハウスの屋根・外壁塗装工事 完成です。全体をホワイト系で塗装をしつつ、付帯部の一部をベージュ系でポイントになっています(^^)北欧デザイン風で、とても素敵な仕上がりになりました。家の形状にもとても合っていますね。

今回のように、ハウスメーカーの塗装も多く対応させて頂いております。お気軽にお問い合わせくださいね(^^)

 


 

最近のお問い合わせは、「ハウスメーカーで塗装を勧められたけど高すぎる」「やたら訪問販売の人が来てしつこい」という事がきっかけで、弊社へのお見積りをして頂く事が多いです。業者さんの中には、「今すぐやらないと雨漏りする」とかお客様を不安にさせてしまうような業者さんもいるようですが、そういった緊急性は、なかなか無い事だと思います。お客様を焦らせる、不安にさせるような業者さんはあまり良いとは思えませんので、ご注意くださいね。

ですが、そういった業者さんに塗装を勧められるということは塗装時期であるという事は確かだと思います。高額な工事になりますから、業者選びは慎重にご家族とよく話し合って検討されることをお勧めします。高額な値引き、上記に記載した不安を煽るような事言ったり、契約を急かす業者さんは絶対にダメです。家の状態を良く説明してくれて、お客様の希望もしっかり聞いてくれる、なにより安心できるなと思う業者さんを選んでくださいね。

弊社でも、お客様のご希望に合わせた塗装ができるよう努めております。ご予算がある場合もお気軽にご相談くださいね。

外壁塗装のご予約も承り中です!お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

筑西市I様邸 外壁塗装 雨樋交換 黒ずみが進行してしまった木製付帯部を綺麗にします!外壁ひび割れも丁寧に補修します!チラシを見てのお問い合わせありがとうございます!

2021年09月13日

筑西市I様邸 外壁塗装 施工前全景

施工前全景です。外壁:セメント系

外壁の色あせ、チョーキングが進行していました。補修が必要な大きいひび割れが目立ちました。木製付帯部が多く、黒ずみが進行していました。

 

塗装工事前の状態です(現地調査時)

 

    

    

現地調査時の状態です。外壁は全体的に色褪せや汚れが進行し、補修が必要なひび割れ多数ありました。付帯部は木製の箇所が多く、軒部分や破風など黒ずみが進行し傷んでいる箇所が目立ちました。今回は補修などの下地処理をしつつ、丁寧に綺麗にしていきます。雨樋は全部交換します(^^)雨樋交換の依頼が増えていますので、塗装と一緒に自社で交換工事ができるようにしました。塗装屋ですが、雨樋交換もお任せください!

 

塗装の工程です

作業のスタートは高圧洗浄です。長年の汚れや埃を綺麗に洗い流します。そのほかにも、古い塗装の膜や雑菌なども除去できますよ。まず、しっかり洗う事はとても大切な事ですね。

 

    

外壁の下地処理です。外壁塗装は塗る前に、ひび割れや壊れている部分をしっかり直します。外壁のひび割れって、どこの業者に頼んだらいいのか分からない方も多いと思います。塗装屋さんがやりますよ(^^)写真のような大きなひび割れは雨水が入り込んでしまい外壁を傷めてしまう可能性がありますので、しっかり補修します。補修した上に塗装をし、最終的にはどこがひび割れていたのか分からないくらい綺麗になりますよ。

 

    

外壁の下地処理が続きます。写真は窓枠サッシ廻りのシーリングです。家には窓が沢山ありますね。窓枠と外壁の間には隙間が空かないようにシーリング施工がさせています。(コーキングやパッキンという言い方もありますね)窓枠サッシ廻りシーリング部分も、紫外線などの影響で日々傷んでしまいます。最初は柔らかいものが、だんだん硬くなりひび割れてしまうのです。これに関しては、10年に1度を目安にメンテナンスするしか方法がないのです。多くの方は、外壁塗装と一緒にシーリングメンテナンスをすることがほとんどです。塗装屋ですが、シーリング工事も専門にやってます(^^)/ご安心くださいね。

 

    

外壁と軒天の下塗りです。軒天は基本的には上塗りのみなのですが、下地が脆くなっている場合は下塗りを行います。外壁も今回は2種類使用します。最初の下塗り材でしっかり浸透させ、下地から強く丈夫にしていきます。効果は軒天も同じです。どんな家も長持ち塗装を意識して、塗装プランをご提案していけたらと思っています。

 

    

軒天の塗装です。今回は下地の傷みがありましたので、下塗りを行いました。上塗り材は耐久性の高いものを選びました。軒天は湿気の溜まりやすい場所ですので、紫外線対策ではなく湿気対策のできる塗料を使用します。どの部位も状態に合った塗料を選ぶ事で、これからの長持ちに繋がります。そのためにも調査はしっかり行いたいと思っています。

 

    

外壁の下塗り2種類目です。1種類目は下地を強化する浸透系の下塗りを行いました。今回の下塗りは上塗りを引き立たせるための下塗り材です。密着性が高いので剥がれ防止になります、そして真っ白な下塗りですので上塗り材がどんな色でも鮮やかなカラーに仕上げる事ができます。本来、下塗りはこの1種類で大丈夫なのですが、今回は下地の傷みが進行していましたので2種類の下塗り材を使用しました。

 

    

   

外壁の上塗りです。今回はダークブラウンとホワイトのツートンカラーです。ツートンカラーはとても人気で、特にこの色の組み合わせは多いです。使用塗料は、今回も弊社人気ナンバー1の日本ペイント製のパーフェクトセラミックトップGです。汚れに強く、綺麗を保てるとても魅力的ですね。汚れでお悩みの方はとても多いですから、大変喜んで頂けます。もちろん耐久性もトップクラス!これからもお勧めしていきたい塗料です(^^)/

 

    

外壁の漆喰部分の塗装です。漆喰部分は軒天と同じ塗料を使用します。漆喰部は経年と共にひび割れを起こしやすい箇所です。剥がれが始まると進行が早いので、10年に1度は塗装でメンテナンスを行う必要があります。昔ながらの家の軒に近い部分が漆喰になっている場合が多いですね。塗装をすることで長持ちしますので、築年数が経っていても大丈夫です。

 

続きは随時更新します!

 

最近のお問い合わせは、「ハウスメーカーで塗装を勧められたけど高すぎる」「やたら訪問販売の人が来てしつこい」という事がきっかけで、弊社へのお見積りをして頂く事が多いです。業者さんの中には、「今すぐやらないと雨漏りする」とかお客様を不安にさせてしまうような業者さんもいるようですが、そういった緊急性は、なかなか無い事だと思います。お客様を焦らせる、不安にさせるような業者さんはあまり良いとは思えませんので、ご注意くださいね。

ですが、そういった業者さんに塗装を勧められるということは塗装時期であるという事は確かだと思います。高額な工事になりますから、業者選びは慎重にご家族とよく話し合って検討されることをお勧めします。高額な値引き、上記に記載した不安を煽るような事言ったり、契約を急かす業者さんは絶対にダメです。家の状態を良く説明してくれて、お客様の希望もしっかり聞いてくれる、なにより安心できるなと思う業者さんを選んでくださいね。

弊社でも、お客様のご希望に合わせた塗装ができるよう努めております。ご予算がある場合もお気軽にご相談くださいね。

外壁塗装のご予約も承り中です!お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

筑西市S様邸 ALC 外壁塗装工事 

2021年08月27日

筑西市S様邸 外壁塗装 施工前全景

施工前全景です。外壁:ALC

外壁の色褪せ、チョーキングが進行していました。外壁シーリングのひび割れも見受けられ、全体的に塗り替え時期でした。

 

塗装工事前の状態です(現地調査時)

 

    

    

現地調査時の状態です。全体的に色褪せが進行していて塗り替え時期でした。特に、外壁のチョーキングやシーリング劣化、スチール系の付帯部は錆びやすそうな状態でした。今回も丁寧に綺麗にしていきたいと思います。

 

塗装の工程です

 

足場設置をして、高圧洗浄が完了しました。高圧洗浄では長年の汚れや埃、古い塗装の膜などを綺麗に洗い流します。

 

    

外壁シーリング工事です。今回の外壁はALCなので現状にシーリング剤を充填していきます。下塗りのプライマー、新規剤の充填、最後にヘラで均一にならしていきます。ALC外壁は、シーリング箇所が長さにすると400メートル前後あり、サイディング外壁の2~3倍の長さになります。その分、シーリングメンテナンスは重要になりますね。

 

外壁の下塗りです。ALCなどセメント系の外壁に適した下塗り材を選びました。下塗り材の選び方で、今後の外壁の寿命が変わってきます。外壁材、これから塗る上塗り材に合ったものを選び長持ちさせていきたいですね。

 

    

外壁の上塗りです。今回は「日本ペイント ファインパーフェクトトップ」です。人気のラジカル制御系塗料です。弊社では、上塗り塗料は基本的に日本ペイント製を使用しています。品質、仕上がり共に一番だと思っています。今回のカラーはグレー系です。濃く見えますが、仕上がりはもう少し薄く感じるかと思います(^^)

 

    

    

破風の塗装です。破風は木製でしたので、木部専用塗料を使いました。塗装前は色褪せや色落ちが進行していて、表面の傷みもありました。木は他の素材よりも繊細な素材なので、理想は5年に1度の塗装です。ですが、なかなかそうもいかないのが現状で、新築から10年以上何もしてませんというお客様がほとんどです。しっかり綺麗にできますので、ご安心くださいね。

 

    

雨樋の塗装です。雨樋も強い紫外線や風雨の影響が強い部分です。築10年を過ぎてくると、割れやすくなったりします。塗装をし、表面を守ることで割れなどから守ることができます。雨樋も外壁と同等グレードで丁寧に塗装を行う事で、艶感ありのとても綺麗な仕上がりになります。

最近では雨樋交換も多く承っています。経年劣化、台風等自然災害での破損など交換した方が良いという場合もあります。塗装屋ですが雨樋交換も自社で行っておりますので、お気軽にご相談くださいね。

 

    

雨戸の塗装です。写真は塗装前、塗装後です。一目瞭然ですね!塗装前は色褪せが進行していて、とても錆びやすい状態でした。塗装の際は、下塗りに錆止め材を使いましたので錆からも守ることができます。雨戸は凹凸がありますので、吹付塗装で綺麗に塗装します。外壁と同等グレードで耐久性の良い仕上がりです。

 

筑西市S様邸 外壁塗装工事の完成です。濃いめのグレーで塗装をしましたが、光の加減でこんな風にも見えます(^^)少し写真がぼやけてしまってすみません・・・。塗装前は、色褪せやチョーキングが進行していましたがとても綺麗になりました。シーリング部分のひび割れもしっかりと補修しましたので、これからも長持ちしてくれることでしょう。

 

 

最近のお問い合わせは、「ハウスメーカーで塗装を勧められたけど高すぎる」「やたら訪問販売の人が来てしつこい」という事がきっかけで、弊社へのお見積りをして頂く事が多いです。業者さんの中には、「今すぐやらないと雨漏りする」とかお客様を不安にさせてしまうような業者さんもいるようですが、そういった緊急性は、なかなか無い事だと思います。お客様を焦らせる、不安にさせるような業者さんはあまり良いとは思えませんので、ご注意くださいね。

ですが、そういった業者さんに塗装を勧められるということは塗装時期であるという事は確かだと思います。高額な工事になりますから、業者選びは慎重にご家族とよく話し合って検討されることをお勧めします。高額な値引き、上記に記載した不安を煽るような事言ったり、契約を急かす業者さんは絶対にダメです。家の状態を良く説明してくれて、お客様の希望もしっかり聞いてくれる、なにより安心できるなと思う業者さんを選んでくださいね。

弊社でも、お客様のご希望に合わせた塗装ができるよう努めております。ご予算がある場合もお気軽にご相談くださいね。

外壁塗装のご予約も承り中です!お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます。個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます。衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

筑西市S様邸 スウェーデンハウス 屋根・外壁塗装工事 施工事例

2021年06月18日

筑西市S様邸 スウェーデンハウス 屋根塗装 外壁塗装 施工前全景

施工前全景です。外壁:サイディング、木 屋根:コロニアル

屋根、外壁共に色褪せが進行していました。オシャレな外観デザインですので、補修をしつつクリアー塗装で仕上げます。屋根は湿気対策を行いこれからも長持ちできるように施工します。

 

塗装工事前の状態です(現地調査時)

 

    

    

現地調査時の状態です。スウェーデンハウスです。全体的に色褪せや汚れが進行していました。木の部分が多いので、塗り潰しはせず木目を活かした塗装で仕上げていきます。最近は、デザイン性の高い家の塗り替えご依頼が増えています。塗装方法やカラーなどもご希望に合わせて仕上げていけたらいいです。

 

塗装の工程です

    

高圧洗浄です。長年の埃や汚れを綺麗に落としていきます。外壁に凹凸があり、汚れが溜まりやすい部分もありましたので細かいとこまで綺麗に洗浄しました。汚れだけでなく、古い塗装の膜や雑菌なども綺麗に洗い流すことができます。

 

屋根の下地処理と太陽光パネルの養生です。下地処理は「棟」と呼ばれる、屋根を押さえている部分の補修です。釘やビス止めされているところが、釘抜けしていたり錆びていたりというのは、ほとんどの家で確認される経年劣化です。繋ぎ目のシーリングも劣化している事が多いですのでしっかり直します。棟部はスチール製ですので、錆止め塗装も行います。

今回、屋根には太陽光パネルが設置されていました。パネルにはしっかり養生をしますので、問題なく塗装可能です。塗装はパネル部分の面積を差し引いてのお見積りになります。

 

屋根の下塗りです。今回の屋根材、コロニアル(スレート)は築10年程度で家の下から確認できるくらいの傷みが出てきます。色褪せ、コケなど様々ですがどんな環境でも劣化進行は早いです。下塗り塗装は、傷んでしまった屋根材を下地から強く丈夫にさせる効果があります。コロニアル屋根に特化した下塗り材もあります。屋根の傷みでお悩みの方は、お気軽にご相談下さいね。

 

屋根の湿気対策です。コロニアル(スレート)屋根はコケ、剥がれ、膨れなど湿気が原因での傷みが多いです。大きな要因は屋根材の通気口が埋まってしまうこと。この通気口を強制的に確保するために「タスペーサー」という小さな部品のようなものを屋根材全てに差し込みます。

他に「縁切り」という工法があります。縁切りは通気口にカッターを入れていく工法ですが結局もとに戻ってしまいます。あとはカッターを入れますので屋根材を傷付けてしまう事も多々ありますので弊社では行いません。

 

    

屋根の上塗り塗装です。屋根は強い紫外線や風雨など厳しい環境に耐えなければいけませんね。特に夏場は屋根の表面温度が70度くらい?もっと上昇するかもしれません。上塗りはそんな環境から屋根を守るための保護塗装です。今回はフッ素系塗装を行いました。できるだけ高耐久塗装を行い長持ちしてくれたらと思っています。

 

     

軒天塗装です。軒天は家を強い日差しや紫外線、風雨から守ってくれる大切な部位です。軒天は現地調査の際、綺麗な状態に見える事が多いですが湿気が溜まりやすい場所でもありますので、表面がブヨブヨとしていたり汚れが溜まりやすかったりすることがあります。塗装の際は、湿気に強い塗料を使用し長持ちさせていきます。

 

外壁の補修です。今回は無色透明のクリアー塗装を行いますので、外壁の傷やこすれ、剥がれなどの補修を行います。上の写真はコーナー部分は少し剥がれてしまっているので補修をしますよ。

   

今回はホワイト色ですが、その時によって外壁と同じ色になるように調合します。補修直後は少し目立ってしまいますが、クリアー塗装後は馴染んで分からないようになりますのでご安心下さいね。

細かい部分の補修は、細い筆を使って補修していきます。補修箇所の見落としが無いように丁寧に作業をしますよ。

 

    

外壁の上塗りです。今回は無色透明のクリアー塗装ですので、下塗りなしでクリアー材を3回塗ります。写真は少し分かりにくいですが、回数を重ねるごとに艶感が増してきます。透明ですが、光の加減で多少暗めの色になります。透明で耐久性は大丈夫?と、ご心配される声もあります。クリアー材もフッ素系超耐久塗料ですので、紫外線から守る事はもちろん汚れからも守る事ができる仕上がりとなります。新築時、気に入って選んだ外壁デザインをそのまま活かした塗装ができるますので、とても喜んで頂けるプランです。

 

    

外壁シーリング工事です。クリアー塗装の場合は、外壁塗装後にシーリング工事を行います。通常は先にシーリング工事を行いますのでシーリング部に塗装がされ保護されますが、今回はシーリング部が剥き出しですのでより耐久性の良い材料を使います。耐久性、伸縮性はとても良いです。カラーも豊富ですので外壁色に合わせた色を選ぶ事ができますよ。

 

    

窓枠サッシ廻り、付帯部廻りのシーリング工事です。外壁目地のない家でも、窓枠や付帯部廻りには必ずシーリングが施されています。繋ぎ目の隙間を埋めるためのシーリングですから、ひび割れなどが起きてくると雨漏りの原因にもなります。築10年程度で目視で確認できる劣化が見えてきます。外壁目地も含め、シーリング工事は家を長持ちさせるために、とても大切なメンテナンスのひとつです。

 

    

雨樋、破風など付帯部の塗装です。塗装の前に下準備、ケレンという作業を行います。ヤスリで磨く作業です。細かい汚れ、錆などを落とす効果もありますが、目粗しといって塗装が乗りやすいようにする効果もあります。塗装の下準備は地味で根気がいる作業が多いですが、これがとても大切なんです。

 

   

   

雨樋、破風など付帯部の塗装です。付帯部も紫外線や風雨の影響を受けやすい部分ですから、外壁同等のグレードでの塗装を行います。今回は軒天、付帯部はホワイトで塗装をしました。爽やかでとても素敵です。外壁のカラーに合ったカラーにすることで、外壁のカラーが引き立ちます。

 

    

木製の柵を塗装しました。紫外線や風雨の影響もあり、剥がれが進行していました。木はとても繊細は素材ですので塗装は5年に1度行う事が理想とされています。とは言っても、なかなかそうもいかないですよね。ただ、腐敗してしまう可能性もありますので10年に1度は必ず塗装やメンテナンスを行ってほしいと思っております。今回の塗装で、少しでも長持ちしてくれたと思います。

 

    

ベランダ床部分の塗装です。こちらも木部です。木部専用の塗料も、豊富なカラーがありますのでお好みの色にできますよ。ブラウン系も明るい、濃い、赤みがあるなど色々あります。今回のカラーもとっても素敵に仕上がりました(^^)

 

    

筑西市S様邸 スウェーデンハウスの屋根・外壁塗装工事の完成です。外壁はクリアー塗装、付帯部は木部が多かったので補修に時間を掛けました。屋根・外壁共に高耐久塗装を行いましたので、これからも長持ちしてくれることと思います。

 

最近のお問い合わせは、「ハウスメーカーで塗装を勧められたけど高すぎる」「やたら訪問販売の人が来てしつこい」という事がきっかけで、弊社へのお見積りをして頂く事が多いです。業者さんの中には、「今すぐやらないと雨漏りする」とかお客様を不安にさせてしまうような業者さんもいるようですが、そういった緊急性は、なかなか無い事だと思います。お客様を焦らせる、不安にさせるような業者さんはあまり良いとは思えませんので、ご注意くださいね。

ですが、そういった業者さんに塗装を勧められるということは塗装時期であるという事は確かだと思います。高額な工事になりますから、業者選びは慎重にご家族とよく話し合って検討されることをお勧めします。高額な値引き、上記に記載した不安を煽るような事言ったり、契約を急かす業者さんは絶対にダメです。家の状態を良く説明してくれて、お客様の希望もしっかり聞いてくれる、なにより安心できるなと思う業者さんを選んでくださいね。

弊社でも、お客様のご希望に合わせた塗装ができるよう努めております。ご予算がある場合もお気軽にご相談くださいね。

外壁塗装のご予約も承り中です!お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

筑西市T様邸 屋根・外壁塗装工事 施工事例

2021年06月1日

筑西市T様邸 屋根塗装 外壁塗装 施工前全景

施工前全景です。外壁:サイディング 屋根:コロニアル

屋根、外壁共に色褪せや汚れが進行していました。外壁はシーリング劣化が目立ちました。軒天、雨樋など交換や補修が必要な部分もありました。

 

塗装工事前の状態です(現地調査時)

 

   

   

   

現地調査時の状態です。屋根は色褪せやコケ汚れが進行し、湿気による傷みも見受けられました。外壁も色褪せや汚れ、シーリングの劣化が目立ちました。今回は軒天の一部張替え、雨樋交換なども承りました。こういった補修作業も可能ですので、現地調査やお打合せの時にお客様とご相談やご提案をさせて頂いております。

 

塗装の工程です

    

高圧洗浄です。屋根、外壁共に洗浄した部分の色が変わっている事が写真からも分かるかと思います。長年の汚れや埃、雑菌なども綺麗に洗い流します。屋根はより強力なトルネード洗浄を行います。洗うというより、水圧で表面の汚れなどを削り落としているという感じです。コケなども除去できます。

 

屋根の湿気対策「タスペーサー」の設置です。コロニアル屋根(スレート屋根)は経年と共に屋根材と屋根材との間にあるべき隙間が埋まってしまい通気が取れなくなってしまい、湿気が溜まりやすい状態となり様々な傷みが生じます。コケ、剥がれなども湿気が原因という場合が多いです。塗装の際は、タスペーサーという小さな部品のようなものを屋根材の隙間全てに設置することで、強制的に通気を確保することができます。写真の赤い丸の部分が設置済みの部分です。

 

屋根の下塗りです。今回はコケ汚れなど表面の傷みも進行していましたが、下地も脆くなっていましたので下塗りでは下地から丈夫に復活可能な下塗り材を使用しました。塗装は表面を綺麗にするだけでなく、下地に浸透させ下地から丈夫にさせていくことで今後の長持ちにも繋がります。

 

    

屋根の上塗りです。下塗りをしっかり行いましたので、下地の状態もとても良くなりました。上塗り塗装は下地を守る保護塗装です。今回は高耐久のフッ素系プランを選んで頂きましたので、厳しい環境にも耐え、これからも長持ちしてくれるでしょう。

 

        

外壁シーリングの補修です。窓のサッシ廻りや外壁の目地などシーリング施工されている箇所は沢山あります。シーリング部は新築から約10年くらい経つと、ひび割れや変色などが気になってくる場合が多いです。シーリング部は雨水が建物の中に入らないように守っている部分です。定期メンテナンスをし、防水機能を高める必要があります。

 

    

軒天塗装です。軒天は紫外線や風雨の影響があまりない部分ですので、屋根や外壁に比べると傷みはほとんど見られない場合が多いです。ですが、湿気が溜まりやすい場所ですので表面が湿っぽくなり乾きにくい状態が続くと傷んできてしまう事があります。特に梅雨時期は湿度が高い状態が続きますので、注意が必要です。塗装の際は、湿気に強い塗装を行い乾いた状態を保てるようにします。

 

    

外壁の上塗り塗装です。下塗りは施工済みです。上塗りは、弊社で1番人気の無機ハイブリッド塗料です。耐久性はもちろんですが、一番の魅力は「綺麗を維持」できること。汚れに強い塗料なんです。多少の汚れは、雨が降ったときに綺麗に洗い流してくれるので、綺麗を保つことができるのです。

 

    

雨戸塗装です。雨樋も経年と共に色褪せが進行していきます。スチール製の雨戸は錆びてしまう可能性がありますので、やはり定期メンテナンスが必要です。塗装は吹き付け塗装を行いますので、凹凸のある雨戸もムラなく綺麗に仕上げる事ができます。仕上がりの艶に、お客様に驚かれます(^^)

 

    

玄関扉塗装です。特に、南側の玄関は紫外線で色褪せが進行してしまっている場合が多いです。剥がれなどもあったりすると、交換が必要かなとお考えにもなるかと思いますが塗装でも綺麗にすることができますので、お気軽にご相談下さいね。※玄関扉は材質により塗装ができない場合もあります。

 

    

破風の塗装です。破風は字からも分かるように、風の影響が強い部分です。もちろん紫外線や雨の影響も大きいですから徐々に傷んできます。付帯部は、業者さんによっては耐久性の低い塗装勧める場合もありますが、付帯部も厳しい環境にさらされていますから、ある程度の耐久性は必要です。家全体的に、耐久性もバランスよく仕上がるといいです。

 

    

雨樋は新しいものに交換をしました。最近は、雨樋交換の依頼が多くなりましたので、自社で対応させて頂いています。雨樋が傷んでいたり、破損してしまうと雨水の流れが悪くなり建物に影響してしま事もあります。台風などの自然災害で破損してしまったという場合もあるかと思います。交換のG希望がある場合は、お気軽にお申しつけ下さいね。

 

    

筑西市T様邸 外壁塗装工事の完成です。屋根、外壁共に高耐久塗装を行いました。汚れにも強い塗料ですので多少の汚れは雨で落ちます(^^)下地からしっかり施工しましたので、これからも長持ちしてくれることと思います。今回は雨樋交換もやらせて頂きました。補修、修繕についてもご依頼頂ければ、できるだけご希望に添えるよう対応させて頂いておりますので、お気軽にご相談下さいね。

 

 

最近のお問い合わせは、「ハウスメーカーで塗装を勧められたけど高すぎる」「やたら訪問販売の人が来てしつこい」という事がきっかけで、弊社へのお見積りをして頂く事が多いです。業者さんの中には、「今すぐやらないと雨漏りする」とかお客様を不安にさせてしまうような業者さんもいるようですが、そういった緊急性は、なかなか無い事だと思います。お客様を焦らせる、不安にさせるような業者さんはあまり良いとは思えませんので、ご注意くださいね。

ですが、そういった業者さんに塗装を勧められるということは塗装時期であるという事は確かだと思います。高額な工事になりますから、業者選びは慎重にご家族とよく話し合って検討されることをお勧めします。高額な値引き、上記に記載した不安を煽るような事言ったり、契約を急かす業者さんは絶対にダメです。家の状態を良く説明してくれて、お客様の希望もしっかり聞いてくれる、なにより安心できるなと思う業者さんを選んでくださいね。

弊社でも、お客様のご希望に合わせた塗装ができるよう努めております。ご予算がある場合もお気軽にご相談くださいね。

外壁塗装のご予約も承り中です!お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

筑西市S様邸 外壁塗装工事 施工事例

2021年03月2日

筑西市S様邸 外壁塗装 施工前全景

施工前全景です。外壁:サイディング

外壁は汚れ等ありましたが比較的良い状態です。シーリングの劣化、付帯部の色褪せが見受けられました。

 

塗装工事前の状態です(現地調査時)

 

   

   

シーリングの劣化、付帯部の色褪せが見られました。外壁も汚れ等ありましたが比較的状態も良く、柄付きの外壁ですので今回はクリアー塗装を行います。オシャレな柄やデザイン性のある外壁が増えていますので、できるだけ活かして頂けたらと思っています。

 

塗装の工程です

  

足場設置、メッシュ養生が完了しました。作業のスタートは高圧洗浄です。長年の汚れや埃、雑菌などを綺麗に洗い流します。

 

    

古いシーリング材の撤去です。サイディングの場合、外壁は綺麗に見えてもシーリングは約10年程度で細かいひび割れや変色が見られるようになります。古いシーリング材を綺麗に撤去していきます。この後の新規剤充填は塗装後に行います。

 

    

軒天塗装です。軒天は紫外線や風雨の影響を受けにくい場所ですので、劣化は外壁ほどではないです。ですが湿気の溜まりやすい場所ですので、湿気に強い塗装を行い長持ちしていけたらと思います。

 

    

    

外壁の上塗りです。クリアー塗装の場合、上塗りのクリアーだけを3回塗りで仕上げます。今回のお住まいは小さな虫が発生しやすく、フッ素系のクリアー材ですと塗料の匂いで虫が寄ってきてしまう可能性があります。対策としては水性のクリアー塗料を使用し、匂いを軽減させることにしました。。フッ素材よりは耐久性が落ちてしまいますが、それでも十分な耐久性と仕上がりです。

 

   

   

外壁シーリング工事です。クリアー塗装の場合は、塗装をしてから新規シーリング剤を充填していきます。通常、シーリングの上に塗装をしますので色が付きますが、クリアーの場合はそのままですので伸縮性が高く、耐久性のよいシーリング剤を使います。

 

    

    

付帯部の塗装です。付帯部も家にとってとても大切な部位ですから定期的なメンテナンスが必要です。塗装で長持ちさせる事ができますので、屋根や外壁と一緒に綺麗にできるといいですね。雨樋の破損、スチール部の錆などが気になる場合は早めの処置が必要です。

 

    

雪止めの塗装です。屋根に設置してある雪止めはスチール製ですので錆びてしまいます。錆止めを下塗りに使用し丁寧に仕上げていきます。

    

    

その他の付帯部も完成しました。今回、付帯部はブラックで仕上げていきましたよ。付帯部をブラックにすると家全体が引き締まってかっこよく見えます。お勧めです(^^)

 

筑西市S様邸 外壁塗装工事の完成です。今回はサイディング柄を活かしたクリアー塗装を行いました。クリアー塗装ができるのは、築10年前後でチョーキングしていないことです。(外壁に触ったときに粉状の汚れが付かなければ大丈夫です。)多少の、ひび割れや剥がれなどは補修で綺麗にすることができます。外壁柄を、そのままで塗装をしたい!と、お考えの方はとても多いですのでお気軽にご相談下さいね。

 

最近のお問い合わせは、「ハウスメーカーで塗装を勧められたけど高すぎる」「やたら訪問販売の人が来てしつこい」という事がきっかけで、弊社へのお見積りをして頂く事が多いです。業者さんの中には、「今すぐやらないと雨漏りする」とかお客様を不安にさせてしまうような業者さんもいるようですが、そういった緊急性は、なかなか無い事だと思います。お客様を焦らせる、不安にさせるような業者さんはあまり良いとは思えませんので、ご注意くださいね。

ですが、そういった業者さんに塗装を勧められるということは塗装時期であるという事は確かだと思います。高額な工事になりますから、業者選びは慎重にご家族とよく話し合って検討されることをお勧めします。高額な値引き、上記に記載した不安を煽るような事言ったり、契約を急かす業者さんは絶対にダメです。家の状態を良く説明してくれて、お客様の希望もしっかり聞いてくれる、なにより安心できるなと思う業者さんを選んでくださいね。

弊社でも、お客様のご希望に合わせた塗装ができるよう努めております。ご予算がある場合もお気軽にご相談くださいね。

外壁塗装のご予約も承り中です!お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

筑西市K様邸 ALC 外壁塗装工事 施工事例

2021年02月19日

筑西市K様邸 外壁塗装 施工前全景

施工前全景です外壁:ALC

外壁の色褪せやチョーキング、汚れ、シーリングひび割れが目立ちました。

 

塗装工事前の状態です(現地調査時)

 

    

    

現地調査時の状態です。外壁に触ると粉状の汚れが付着しました。これは「チョーキング」といって、表面コーティングをしていた塗装の膜が古くなり粉状となって剥がれ落ちてしまっている現象です。塗り替え時期のサインでもあります。そのほかにも、シーリング部のひび割れや汚れ、窓枠からのひび割れなどが見受けられました。

 

塗装の工程です

 

    

    

高圧洗浄が完了しました!洗浄後はシーリング工事です。今回の外壁はALCですので、現状の上から新規剤を充填していきます。まずは、下塗り、接着剤の役割となる「プライマー」を塗布していき、新規シーリング材を充填していきます。その後、へらでならして完成です。この一連の作業は時間との戦い!スムーズで進められるように段取りもしっかりです。ALC外壁のシーリング箇所は長さにすると400mくらいあるのです!(30坪程度の住宅の場合)通常の3倍くらいあるんですよ。シーリングメンテナンスは大切ですね。

 

    

外壁の下塗りです。ALC外壁は構造的にもとても丈夫で耐久性も良いのですが、下地に防水性がありませんので塗装で防水していく必要があります。新築時から10年を過ぎてくると塗装の効果が弱まり防水性も低下していきますから、塗装をする必要があります。ALCはセメント系の外壁ですので、適応した下塗りを使用することで下地から丈夫に復活させることができます。

 

    

外壁の上塗りです。下塗りをしっかり行いましたので、下地が滑らかになり上塗りはとてもスムーズに進められます。今回は弊社人気ナンバー1の無機ハイブリッド系塗料です。耐久性はもちろんですが、最大の魅力は「綺麗を維持できること」汚れにくい事です。家が綺麗であることは、うれしいですよね(^^)

 

続きは随時更新します!!

 

最近のお問い合わせは、「ハウスメーカーで塗装を勧められたけど高すぎる」「やたら訪問販売の人が来てしつこい」という事がきっかけで、弊社へのお見積りをして頂く事が多いです。業者さんの中には、「今すぐやらないと雨漏りする」とかお客様を不安にさせてしまうような業者さんもいるようですが、そういった緊急性は、なかなか無い事だと思います。お客様を焦らせる、不安にさせるような業者さんはあまり良いとは思えませんので、ご注意くださいね。

ですが、そういった業者さんに塗装を勧められるということは塗装時期であるという事は確かだと思います。高額な工事になりますから、業者選びは慎重にご家族とよく話し合って検討されることをお勧めします。高額な値引き、上記に記載した不安を煽るような事言ったり、契約を急かす業者さんは絶対にダメです。家の状態を良く説明してくれて、お客様の希望もしっかり聞いてくれる、なにより安心できるなと思う業者さんを選んでくださいね。

弊社でも、お客様のご希望に合わせた塗装ができるよう努めております。ご予算がある場合もお気軽にご相談くださいね。

外壁塗装のご予約も承り中です!お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

 

筑西市O様邸 セキスイハイム 屋根・外壁塗装工事 施工事例

2020年12月26日

筑西市O様邸 屋根塗装 外壁塗装 施工前全景

  

施工前全景です。外壁:サイディング 屋根:ガルバリウム鋼材

外壁の色褪せやチョーキング、汚れが目立ちました。屋根は汚れが溜まっている部分が目立ちました。

 

塗装工事前の状態です(現地調査時)

 

   

   

現地調査時の状態です。セキスイハイムのパルフェです。このタイプは大変多く塗装工事をさせて頂いています。全体的に色褪せが進行していました。屋根は陸屋根で、ほぼ平ですので水はけが悪くなっていたり汚れが溜まりやすくなっています。外壁は触ると粉状の汚れが付着します。これはチョーキングといって、古い塗装の膜が粉状となって剥がれ落ちてしまっている状態です。塗り替え時期のサインでもあります。付帯部の色褪せ、汚れなども目立ちました。

 

塗装の工程です

高圧洗浄です。作業のスタートの洗浄で、長年の汚れや埃などを綺麗に洗い流します。屋根洗浄で使用するトルネード洗浄は、屋根以外にもコンクリート製の塀や土間なども洗浄します。コケや藻なども綺麗になりますよ。

 

屋根塗装の準備です。太陽光パネルの養生を行いました。太陽光が設置されている屋根は多くあります。その場合は、このように養生をさせて頂きます。絶対に汚れないように養生しますのでご安心くださいね。パネル部分は塗装も行いませんので、面積を差し引いてのお見積りになります。

 

屋根の下塗りです。ガルバリウム鋼材ですので、下塗りは錆止めをしようしています。ガルバリウム屋根はとても耐久性が良く、メンテナンスもしやすいです。ただ、錆びてしまうというデメリットがありますのでメンテナンス時には必ずさび止めを行うことをお勧めします。

 

    

屋根の上塗り完成しました!!今回使用したのは「ガイナ」です。高耐久塗料として、ご存じの方も多いのではないでしょうか。今回は施主様のご希望でガイナを使用させて頂きました。最近では、ネット等で色々とお調べになっているお客様が多く、とても感心しております。塗料業界、塗装業界、リフォーム全般的にも日々進化しています。環境や下地に合わせて良いものがどんどん出ていますので私たちも日々勉強し、お客様により良い施工ができたらと思っております。

 

   

外壁の下塗りです。下塗りには傷んでしまった外壁を強く丈夫に復活させる効果があります。外壁の種類や状態に合わせた下塗り材を選ぶ事によって、この後塗装する上塗り材の効果を最大限発揮させることができます。セキスイハイムの住宅は目地部が「ガスケット」になっています。通常のシーリングのように打ち替えは行いません。目地部は塗装が剥がれやすくなってしまう可能性がありますので、補強材を塗装しています。

 

    

外壁の上塗りです。今回使用の「日本ペイント パーフェクトセラミックトップG」は大変人気の塗装プランです!!グレードは最高級ですので、もちろん費用も掛かりますが「外壁の綺麗を保てる」という魅力的な塗料ということで、選んで頂いております。もちろん耐久性もバッチリです!!わたしたちは完全自社施工ですので、他業者さんよりはお安くご提供できるかと思います。ご興味のあるかたはお問い合わせ下さいね。

 

    

胴差しの塗装です。現地調査の際、写真のように外れてしまっていましたので、しっかり補修をしました。

    

胴差しの塗装、施工中です。細かい部分ですので刷毛や小さなローラーを使って丁寧に仕上げます。付帯部はブラックで仕上げていきます。ホワイトとブラックの組み合わせはシンプルで素敵な仕上がりになりますよ。

 

   

  

付帯部塗装の続きです。パラペット、シャッターボックス、エアコンカバー、雨樋など丁寧に塗装をしています。今回の家は付帯部にスチール製のものが多いですから、錆止め材を使用し錆から守る施工を行います。付帯部も家にとって大切な部位ですから、中~高グレードでの塗装をし長持ちさせていけるといいと思います。破損してしまうと、補修に費用が掛かりますし、全く同じものは存在しませんので家に負担をかけてしまう可能性も出てきます。塗装は費用や建物負担の面を考えても一番低コストなリフォームです。定期メンテナンスで綺麗を維持出来たらいいですね。

 

    

筑西市O様邸 セキスイハイム塗装工事の完成です。ホワイトとブラックでシンプルかつカッコいい仕上がりとなりました。塗装プランも高耐久!汚れに負けない塗装をしましたので、綺麗で長持ち塗装ができたと思います。わたしたちは、ハウスメーカー塗装を多く経験しておりますので、今回のようにハウスメーカー住宅でもお気軽にお申しつけ頂けたら幸いです。

 

 

最近のお問い合わせは、「ハウスメーカーで塗装を勧められたけど高すぎる」「やたら訪問販売の人が来てしつこい」という事がきっかけで、弊社へのお見積りをして頂く事が多いです。業者さんの中には、「今すぐやらないと雨漏りする」とかお客様を不安にさせてしまうような業者さんもいるようですが、そういった緊急性は、なかなか無い事だと思います。お客様を焦らせる、不安にさせるような業者さんはあまり良いとは思えませんので、ご注意くださいね。

ですが、そういった業者さんに塗装を勧められるということは塗装時期であるという事は確かだと思います。高額な工事になりますから、業者選びは慎重にご家族とよく話し合って検討されることをお勧めします。高額な値引き、上記に記載した不安を煽るような事言ったり、契約を急かす業者さんは絶対にダメです。家の状態を良く説明してくれて、お客様の希望もしっかり聞いてくれる、なにより安心できるなと思う業者さんを選んでくださいね。

弊社でも、お客様のご希望に合わせた塗装ができるよう努めております。ご予算がある場合もお気軽にご相談くださいね。

外壁塗装のご予約も承り中です!お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

大切なお住まいを長持ちさせる外壁・屋根の「無料診断」「無料見積り」「無料相談」はこちら
作業現場から