結城市N様邸 屋根塗装 外壁塗装 シーリングの傷みが進行していました ホームページからのお問合せありがとうございます!! | 屋根・外壁塗装の彩家です。
塗装工事に携わり27年。「彩家さんに頼んでよかった!」とお声を頂く安心の塗装工事。
茨城県知事許可(般-02)第37325号
株式会社彩家
0120-029-668

結城市N様邸 屋根塗装 外壁塗装 シーリングの傷みが進行していました ホームページからのお問合せありがとうございます!!

結城市N様邸 屋根・外壁塗装 施工前全景

施工前全景です。屋根:スレート、外壁:サイディング

全体的に色褪せが進行、目地のひび割れが多く発生していました。

施工後全景です。

 

塗装工事前の状態です(現地調査時)

   

屋根はスレート瓦です。全体的に色褪せが進行、屋根材の隙間が埋まり通気性が悪い状態です。

 

   

外壁はサイディングです。全体的に色褪せが進行しています。触ると粉状の汚れが付着する「チョーキング現象」が発生しています。黒っぽい細かい汚れも見受けられました。

 

   

外壁目地シーリングです。経年劣化による変色が見受けられました。細かいひび割れの発生、隙間空きなどもあります。

 

塗装の工程です★

   

高圧洗浄です。高圧洗浄は汚れや埃を洗い流すことはもちろん、古い塗装の膜や、カビや藻の原因となる雑菌、コケなども洗い流します。特に屋根専用のトルネード洗浄は、洗うというより水の力で削ぎ落とす感じです。しっかり綺麗にします。

 

   

屋根下塗り塗装です。コロニアル・スレート瓦ですが、今回は色褪せは進行しているものの大きな破損などはありませんでしたので一般的な浸透性、耐久性の下塗り材を使用しています。

傷みの激しい場合や、葺き替えの方がいいのでは?という状態の場合はよりグレードの高い下塗り材を使用し下地強化することも可能です。

 

    

タスペーサーの設置です。コロニアル・スレート屋根は経年と共屋根材の隙間が埋まり通気が取れなくなってしまいます。屋根材の通気性が悪い事で、内部結露が起こり表面が剥がれてしまったり、「ふやけ」「膨れ」などの劣化が起こります。

通気を確保するために「縁切り」という工法を行う場合もあります。もしかしたら聞いたことがある方も多いと思います。縁切りは屋根塗装後に屋根材の隙間にカッターを入れ通気を確保していく工法です。ですが、カッターを使いますので屋根材を傷つけてしまう可能性があります。また、その隙間もいずれ埋まってしまいます。こちらの工法は弊社では行いません。

今回設置の「タスペーサー」は、下塗り前または下塗り後に屋根材に全てに差し込みます。とても軽量ですので屋根への負担はありません。こちらを差し込むことで強制的に通気を確保することができます。屋根の剥がれ、コケや藻の発生など湿気が原因で起こる劣化を防止することができます。

 

   

屋根塗装上塗りです。コロニアル・スレート瓦の場合、塗装の回数(塗装工事そのものの回数)が限られています。とりあえず綺麗になればと、あまり耐久性のない塗装をしてしまうと10年も経たずに色褪せ、コケの発生など塗り替え時期となってしまいます。実際に、そういったお客様もたくさん対応してきました。

屋根塗料もグレードは様々ですが、できるだけフッ素系や無機系塗装プランをおすすめしています。屋根は夏になると、表面温度が60度や70度くらいになります。強い日差しを受けている状態はフライパンのような状態です。

屋根は家を守る重要な部位です。熱に負けない丈夫な屋根であってほしいですね。

 

       

外壁シーリング工事です。施工前は写真のように、細かいひび割れや変色が見られました。外壁がサイディングの場合、築10年を過ぎ外壁がまだまだ綺麗に見えてもシーリングは硬化し細かいひび割れが始まっている場合がほとんどです。ひび割れ箇所からは、微量ですが雨水が浸水します。蓄積すると内部を傷めてしまう可能性があります。

   

外壁シーリング工事は、古いシーリング材の撤去をするところから始めます。塗装屋ですが、シーリング工事も専門的に施工しておりますので、ご安心くださいね(*^_^*)

 

   

古いシーリング材を撤去後はプライマーという、シーリング下塗り材を塗布していきます。その後、新規シーリング材を充填します。今回使用のシーリング材はシーリング材の中でも特に耐久性の良い「オートン イクシード」です。最近では、お客様の方からこちらのシーリング材を指定して下さる方もいらっしゃいます。みなさん、塗装についてよく勉強されているようでとても感心してしまいます。私も、皆様にお応えできるよう日々勉強です!!

最後にヘラで押え、均一にならしていきます。内部の空気を抜いていく効果もあります。プライマー、新規剤充填、ヘラならし。基本的には一人で施工しますので時間との戦いです!!

   

外壁シーリング部の施工は完了です。この上から塗装をしていきます。

 

    

ビニール養生です。外壁塗装の際、塗装をしない部分やお客様の私物が汚れないようにビニールで覆う事を養生といいます。

どんどん気温が上がっている毎日ですので、生活が不便にならないの??とご不安な方もいらっしゃると思いますが、基本的にいつも通りの生活ができるよう配慮しながら養生はやらせて頂いております。換気扇やエアコンも問題なく使用できます。

玄関周りは毎日出入りする場所ですから、特に注意を払って養生します。玄関扉もビニールで覆いますが鍵の開閉は出来ますのでご安心下さい。足元は滑らないように、ブルーシートなどを使用します。足場も大変危険ですので、クッションなどを取り付けます。

 

    

軒天塗装です。軒天は屋根や外壁のように紫外線や風雨の影響を受けにくい場所ですので、10年に1度塗装を行っている場合は大きな破損等は見受けられない事がほとんどです。

ですが、パッと見は綺麗に見えても湿気がこもっているなと感じる事もあります。汚れが溜まっていたり、蜘蛛の巣が張りやすかったりという事もあります。

軒天には湿気に強く乾きやすい塗装を行います。カラーは今回は白で塗装をしましたが、ブラックを使用することも多いです。お客様の仕上がりイメージに合わせてカラーのお勧めもできたらと思います。

 

外壁下塗りです。下塗りは基本的に1回塗りですが、傷みや状態に合わせて1回~2回塗りで行います。サイディングが多いですが、ALC等のセメント系の塗装も多くやらせて頂いておりますので、下塗りの選定は慎重に行い、下地強化には一番何が良いかを良く考えながら施工をしています。

お見積りご提出の際は、下塗りについてお客様によくご説明させて頂いております。とても重要な事ですから、お客様にもご理解頂くことは大切ですね。

 

    

外壁上塗りです。今回使用の塗料は「日本ペイント ファインシリコンフレッシュ」です。シリコン塗料の中でも特に耐久性、機能性が良く仕上がりもとても良い塗料です。

最近は良い塗料も、そこまで費用を掛けずにお客様に提供することができます。理由は作業効率です。塗りやすい、扱いやすい、乾きやすい塗料はそれだけ時間をかけずに作業を進められますので、その分お客様にもお安く提供することができます。

 

    

外壁クリアー塗装です。サイディングの場合、デザイン性のあるオシャレな外壁も多いです。そのまま柄を活かしたい場合は、クリアー塗装を行います。

「外壁の一部が柄付のサイディングなので、そこだけクリアーにしたい」というご要望も承ります。塗りつぶしではもったいないですから、お気軽にご相談くださいね。

※クリアー塗装を行うにあたり、条件がいくつかあります。ご了承ください

 

    

付帯部の塗装です。お見積りの際、付帯部に関しては特に詳しい塗装内容を明記していないという場合もあるとお話を伺います。付帯部も屋根・外壁と同じように家にとって大切な部位です。場合によっては下塗りが必要だったり、補修が必要な場合もあります。

また、屋根・外壁を高グレードで塗装をしているのに付帯部を耐久性のない塗装をしてしまうと付帯部の劣化スピードが早く、数年後に家全体を見た時にとてももったいない状況になります。逆に、外壁のグレードは普通グレード、付帯部は高グレードで塗装をすると数年たっても綺麗に見える状態が続きます。付帯部こそ高グレードで!!というのが、こだわりです。

 

    

結城市N様邸の塗装工事が完成しました。全体的に大きな破損等は無く、補修もほとんどありませんでしたので順調な塗装工事となりました。外壁と付帯部は仕上げ塗装にクリアー塗装を行いましたので、さらに丈夫に美しく仕上がりました。

 

塗装の季節です!現地調査、お見積りのご依頼が増えてきました(*^_^*)★お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

 

 

 

  • 2019年06月11日
大切なお住まいを長持ちさせる外壁・屋根の「無料診断」「無料見積り」「無料相談」はこちら
作業現場から
This error message is only visible to WordPress admins
Error: Cannot add access token directly to the shortcode.