結城市 コロニアル・スレート屋根塗装 サイディング外壁塗装  | 屋根・外壁塗装の彩家です。
塗装工事に携わり27年。「彩家さんに頼んでよかった!」とお声を頂く安心の塗装工事。
茨城県知事許可(般-02)第37325号
株式会社彩家
0120-029-668

結城市 コロニアル・スレート屋根塗装 サイディング外壁塗装 

【塗装工事前の状態です(現地調査)】

   

   

コロニアル・スレート屋根です。ひび割れ、剥がれが酷く葺き替えの方が良いかもしれない・・・とのアドバイスもさせて頂きました。ご相談の結果、塗装でということになりました。補修をしつつ、塗料選定も最善を尽くします。

  

外壁は撥水コートが塗装されていました。色褪せの進行、古い塗装の膜が剥がれ粉状になっています(チョーキング)

  

外壁目地(シーリング部)です。縦に割れてしまっていたり、細かく地割れのようななっている箇所もありました。目地部からの浸水が懸念されます。わずかな浸水が、後々外壁に影響してきます。早めの打ち替えが必要な状態です。

  

樋などの付帯部です。色褪せが進行し、変色してしまっている部分もありました。付帯部は色褪せが進行すると硬化し割れてしまします。割れてしまうと、交換となってしまう可能性もありますので、外壁と同等の塗装を行い長持ちさせていきます。

【塗装工事の工程です】

   

工事の最初は高圧洗浄です。外壁高圧洗浄では、長年の汚れや埃、カビや藻の原因となる胞子や雑菌もきれいに洗い流します。洗浄で色が変わるほど綺麗になることもあります。屋根は、より強力な高圧トルネード洗浄を行います。トルネード洗浄は土間などコンクリート部にも使用します。ガッツリ生えてしまったコケなども除去できます。洗浄は屋根、外壁となると丸1日かかります。

   

屋根の補修です。元々、剥がれの酷い状態でしたので洗浄した時に剥がれそうだった屋根材がだいぶ取れました。剥がれてしまった部分は、パテ処理していきます。穴あき部分の穴埋めと同じような施工です。この後、塗装をしたときに補修をした箇所が分からないように均一に丁寧に補修することも大切です。

白い部分が補修箇所です。これは一部です。大変でしたが、なんとか完了です!使用補修材:オートン フラットパテ

      

棟部のビスをシーリングで固定しているところです。補修では抜けてしまったビス等は打ち替え、その後シーリングでしっかり固定をし今後抜けにくい状態にします。

棟部はスチール製ですので、錆止め材を塗ります。これで棟部の下地処理は完成です。

屋根の下塗りです。今回は2種類の下塗り材を使いました。まずは「エスケー化研 マイルドシーラーEPO」これは毎回屋根塗装の時は使用している、浸透系の下塗り材です。

そして2種類目「日本ペイント ファイン浸透造膜シーラー」です。名前の通り「浸透と造膜」。浸透させ、さらに表面に新しい膜を作ってくれる塗料です。傷みがひどく、表面がパリパリになってしまっていましたのでこの塗料で素地が復活してくれることでしょう。

     

屋根の上塗りです。2回塗りです。元々、剥がれの酷い状態の屋根でしたが、下塗り完了でだいぶ素地の状態が良くなったように感じます。上塗りは超耐久の「日本ペイント ファイン4Fセラミック」を使用しました。最高級塗料ですが、下地処理や下塗りをしっかりやらないと、やはり最大限の効果は出ません。ひとつひとつの工程がとても大切なんですよ。

外壁シーリング工事です。まずは、古いシーリング材を撤去します。しっかり接着されていますので、丁寧に撤去していきます。

   

シーリング(目地)部を挟んでマスキングテープで養生します。最後に撤去してしまう養生ですので面倒な作業と言われますが、養生を綺麗にできないと納得のいく仕上がりにはなりません。こういった下準備こそ、丁寧に綺麗にしっかり作業したいものです。

シーリング工事の仕上げです。まずは目地の部分にプライマーといって、シーリング材用の接着剤を塗布していきます。使用材料:横浜ゴム ハマタイトプライマーNo.30

新規シーリング材の充填です。シーリング材はホームセンターなどでも販売していますが、弊社で使用しているのは2液タイプで、本剤と硬化剤を撹拌(よくまぜる)て使用する業者専用のシーリング剤です。扱いは難しいですが、耐久性はとても良いです。使用材料:横浜ゴム ハマタイトPU2NB

最後にシーリング剤をヘラでならしていきます。外壁と同じ高さに綺麗に、均一にのばしていきます。空気が入ってしまっていますので、空気を抜く効果もあります。

   

マスキングテープ養生を剥がしたら完成です!

        

軒樋の補修です。金具との間に隙間ができている箇所がありましたので、シーリング剤で埋めて漏れ防止です。軒樋は雨が通る部分ですので、シーリング剤も防水タイプとなっています。使用の補修材:サシュコ レクセル クリア

    

配管を止めている金具の交換です。錆びてしまっていたので新しいものに交換しました。錆は進行してしまい、破損の可能性もありますので、できるだけ交換できるものは交換してから塗装に入るようにさせて頂いております

    

ビニール養生です。最後に剥がしてしまう養生ですので、作業的には地味です。ですが、養生は綺麗に塗装するためにとても大切な工程ですので、逆にこだわって作業を行います。

    

玄関周りや土間部分は、滑らないようにノンスリップタイプやブルーシートを使います。玄関も養生しますが、日常生活に問題がないように考慮しています。換気扇やエアコンも問題なく使えますのでご安心くださいね。

    

シーリング部の補強です。シーリング補修をした場所は、そのまま塗装をしてしまうと他の部分より剥がれやすくなってしまいます。ですので、密着性を高めるために「シリコンシープラ」という塗料を使い、強度を上げます。使用の材料:関西ペイント シープラ

    

軒天塗装です。軒天ってよくみたことありますか?軒天は紫外線や風雨には当たりませんのであまり多きな傷みは見受けられないかと思います。ですが、逆に湿気が溜まりやすく蜘蛛の巣がはっていたり長年の汚れが放置されていたり・・・。触ってみると湿っぽい事もあります。知らない間に傷んできてしまうんですね。

今回は下塗りでしっかり素地の強度を上げ、下地から整えていきました。使用塗料:日本ペイント パーフェクトシーラー

    

上塗りはブラックで仕上げました。ブラックは家が引き締まってカッコよくなります。そして、虫対策にもなりますよ。塗料そのものは湿気に強い、お風呂場でも使用できるものを使用していますので湿気対策にもなります。

    

外壁の下塗りです。外壁の下塗りですが、下塗りにどんな効果があってどんな種類があるのか詳しく説明してくれる業者は多くないと感じます。(お客様の声より) 高グレードの塗装をしても、下塗りで素地の状態を良くしていかないと上塗り材は引き立ちません。逆に、低グレード塗料でも下塗りがしっかりしていれば、期待以上の効果を発揮してくれることもあります。使用塗料:日本ペイント パーフェクトシーラー

下塗りをしっかり行いましたので、上塗りで綺麗に仕上げていきます。上塗りは2回塗り、使用塗料は「日本ペイント ファインパーフェクトトップ」大人気の「ラジカル制御塗料」です。

ラジカルとは、外壁劣化の原因となるもの、主に紫外線、水、酸素の事を言います。「ラジカル制御」と言われますので、その物質が塗装の膜であるコーティングを破壊、劣化させないよう制御してくれるとても機能性の高い塗料なのです。

雨戸塗装です。雨戸は細かい錆や汚れを、落とすためにヤスリ掛けをします。このヤスリ掛けは「目粗し」の効果もあり、塗装がより密着するようになります。

       

吹付で塗装をしていきます。高耐久のフッ素塗料を使用しました。雨戸も色褪せから錆の発生が懸念されます。出来るだけ長持ち塗装をお勧めしています。使用塗料:日本ペイント 1液ファインフッソUV

    

雨戸塗装完成です。仕上がりは艶々(*^_^*)もちろん耐久性もバッチリです。

    

樋塗装です。雨の日に雨水を受ける「樋」。あまり、何も感じないかもしれませんが、もし樋が無かったら屋根からの雨水に行き場がありませんので、さらに外壁に影響が出てしまうことでしょう。樋の他にも付帯部は色々とありますが、それぞれが家にとって大切な役目を果たします。ですが、素材の耐久性は外壁に比べるとあまり良くない場合がありますので、割れてしまったり破損もよくあります。付帯部は外壁よりも、紫外線や風雨にさらされている時間が長いですから外壁と同等のグレードで塗装をする必要があります。

ベランダの防水塗装です。写真はベランダ床のアップ写真なのですが、横にヒビが入っているの分かりますか?防水の塗装膜が剥がれてきてしまうと表面が硬化(硬くなってくること)してしまい、ひび割れも起きます。ポタポタ垂れてくるような雨漏りはしなくても、少しずつ水がしみ込んでしまうんですよ。

    

まずはひび割れの両脇にマスキングテープで養生します。そして、シーリング剤でひび割れを埋めていきます。(黒いのがそうです)

    

ひび割れの補修が完了したら、下塗りをします。防水塗装専用の下塗り材です。

    

最後に上塗り材で仕上げていきます。艶々の仕上がり!!防水機能もバッチリです。

ベランダに関しては、まだまだ塗装をしなくても大丈夫という場合もあります。雨の当たり方、紫外線の当たり方で状態は全く異なります。ですから、最初の現地調査はとても大切です。後々、追加工事とならないようしっかり調査とご説明を致します。

結城市I様邸 屋根・外壁塗装工事完成

     

     

     

     

 

 

 

  • 2018年06月15日
大切なお住まいを長持ちさせる外壁・屋根の「無料診断」「無料見積り」「無料相談」はこちら
作業現場から