茨城県筑西市で外壁塗装をお考えの方へ。家の「塗り替え時期と塗装の必要性」とは・・・。 | 屋根・外壁塗装の彩家です。

塗装工事に携わり27年。「彩家さんに頼んでよかった!」とお声を頂く安心の塗装工事。
株式会社彩家
0120-029-668

茨城県筑西市で外壁塗装をお考えの方へ。家の「塗り替え時期と塗装の必要性」とは・・・。

外壁塗装をやろう!と思ったきっかけは・・・

お客様に外壁塗装をやろうと思ったきっかけをお聞きすると、

「住宅街に住んでいて、近所の家が塗替えをしていた」

「ハウスメーカーの営業さんに勧められた」

「塗装の訪問販売の方が来るようになった」

「外壁塗装の時期は新築から10年と聞いた」などがあります。

よく考えてみると、他の方からの影響が大きく、ご自身で外壁の状態を見て塗装をやろうと思っている方が意外に少ないようにも感じます。

そもそも、「新築から10年経過程度」が塗装時期だとして、その頃になると外壁や屋根はどんな状態になってしまうのか。どうして塗装が必要なのかをしっかり理解されているという方も多くありません。

今回は「塗装時期と、塗装の必要性」について書いてみたいと思います。

 

新築から10年以上経過すると外壁はどうなるのか

新築時は外壁に表面コーティング(塗装の膜)が張られていて、艶があり汚れにくく紫外線や風雨から外壁素地を守ってくれている状態です。ですが、表面コーティング(塗装の膜)は永久的なものでも、半永久でもなく日々少しずつ劣化の方向へ進みます。これはどうしても避けられないのが現状です。

劣化方向へ進んでいたとしても、新築から10年程度は表面コーティング(塗装の膜)としての機能は果たせている状態が続きます。ですが、10年を超えてくると、外壁表面の艶が無くなり色褪せを感じたり、表面を触ってみると粉っぽい汚れが付着したりします。これが、塗装時期のサインです。粉っぽい汚れこそ、表面コーティング(塗装の膜)が剥がれ落ちてしまったものです。※塗装用語ではチョーキングといいます。

↑↑全体的に色褪せが進行し、艶がなくなってしまっています。

↑↑外壁表面を触ると白い粉が付着します。表面コーティング(塗装の膜)が剥がれている状態です。※チョーキング

表面コーティング(塗装の膜)が剥がれ落ちてしまった状態を、そのままにしてしまうとどうなるか

表面コーティング(塗装の膜)が剥がれ落ちてしまった状態を、そのままにしてしまうとどうなるか。外壁素地が剥き出しとなっていますので、守るものがありません。紫外線や風雨の影響で外壁はますます傷みます。例えると、真夏の暑い時期に日焼け止めクリームを塗らずに外にいるとどうなるでしょうか。日焼けしてしまったり、そこからシミやシワになってしまったりと様々な影響が出てきますよね。女性は特に分かるかと思います!

↑↑真夏の暑い日に外出するときは、紫外線対策をしますよね(*^_^*)外壁にとっては塗装をすることと同じです。

外壁も同じです。外壁素地が紫外線により硬化してしまい、ひび割れに繋がります。特に目地部は割れやすいので割れた部分から微量の雨水が浸入します。(これも雨漏りの一種です)水が入り込んでしまい、内部から外壁を傷めてしまいます。不具合の例として、外壁の反り、ふやけ、剥がれなどがあります

    

ひび割れや、剥がれなどは一度発生してしまうとどんどん進行してしまいます。ですから気づいた時点で塗装専門業者さんに相談をしてみると良いでしょう。

傷みが大きくなってくると補修の費用が掛かってしまいますし、工期も長くなってしまいます。新築から10年程度での塗り替えであれば、ほとんどの場合最小限の費用や塗装工程で済みます。

外壁塗装工事も大変費用の掛かるリフォームですから、いつでもできるという感覚ではないですよね。実際、新築から10年で塗装を行っている方は少ないです。というのも見た目はまだまだ綺麗な場合が多いですから。現実、多くの方は築20年前後で塗装をしています。そうなると、補修をしなければならない可能性が高くなってきますね。

↑↑築10年の家です。パッと見た感じでは、まだまだ綺麗です。

   

↑↑ですが、外壁目地部分(シーリング、コーキング部)はすでにひび割れしていました。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。上記でご紹介した、外壁の状態を調べる方法は、塗装の知識がなくてもできますので家の周りをご自身でチェックしてみてくださいね。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます。衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り。ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

外壁塗装や外壁リフォームについてご心配だったり、気になる場合はお気軽にご相談くださいね。まずは調査から丁寧に行い、どんな工事になるかなども分かりやすくお伝えいたしますのでご安心くださいませ。

今回は「外壁の塗装時期、塗装の必要性」についてお話してみました。なんとなくでもご興味をもって頂けたら幸いです。ご質問、ご相談等ありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

  • 2018年09月10日
大切なお住まいを長持ちさせる外壁・屋根の「無料診断」「無料見積り」「無料相談」はこちら
作業現場から
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.