【第8回】外壁シーリング工事②(三面接着) | 屋根・外壁塗装の彩家です。

塗装工事に携わり27年。「彩家さんに頼んでよかった!」とお声を頂く安心の塗装工事。
株式会社彩家
0120-029-668

【第8回】外壁シーリング工事②(三面接着)

今回もシーリング工事についてです。
前回の「二面接着」に対し、今回は「三面接着」によるシーリング工事についてです。主にALCボードの場合この工法になります。工程も掲載したいと思います。

三面接着とは

ムーブメントがほとんど生じない目地の事をノンワーキングジョントといい、RC造のコンクリート打ち継ぎ目地や誘発目的、建具回りの目地などがその例です。(ALCも含まれます)そのような接合部、防水シーリングなどには三面接着によるシーリング工事がなされます。

※ムーブメントとは
目地には部材の温度差により伸縮建物の揺れ、歪みによるシーリング材に対するムーブメント(かすかな動き)が働いています。これを「ムーブメント」といいます

★図で断面図を描くとこんな感じです

3面接着

三面接着によるシーリング工事工程

①シーリング部施工前の状態
うっすらとですが、ヒビがはいっています。

S__3751947

②マスキングテープ養生
シーリングが壁に付いてしまわないように目地の周囲にマスキングテープを貼ります。

S__4079657   S__4079652

③プライマー塗布
プライマーとは、primary(最初の)に由来する言葉で簡単に言ってしまえば最初に塗る塗料です。シーリングに関わらず外壁塗装の塗料でもプライマーはあります。要は、シーリング工事の下塗り材で、密着性を高めるものです。プライマーを塗布しないと仕上げのシーリング材が剥がれてしまいます。

S__4079660  S__3563541

⑤新規シーリング材打ち
新規シーリング材打ちです。シーリング材は2成分型を使用しております。2成分型は主剤と硬化剤を撹拌(かくはん)させて使用するものですので職人でないと扱うことができないシーリング材です。ただ、扱いが細かく難しい分、耐久性や効果はよいです。ちなみにホームセンター等で販売されているのは1成分型です。こちらは職人でなくても扱うことが可能ですが、あまり耐久性はよくないです。※三面接着の場合は旧シーリング材撤去の工程が無いので「増し打ち」となります。

S__4079662   S__3563545

⑥仕上げならし
シーリング材は打った直後はでこぼこしていますので、へらなどで綺麗にならします。

S__4079664

⑦シーリング完成
養生テープを剥がして完成となります。乾燥するとシーリングの部分がゴム状になります。仕上がった部分の上に塗装をしていきます。

S__4079670   S__4079667

 

前回に引き続き、シーリング工事のお話でした!専門的な内容で、少し難しく感じるかもしれませんが、皆さんの家に関わることですので少しでも興味を持っていただけたら幸いです。外壁塗装の際、シーリング工事はとても重要な工程です。塗り替えの際は、しっかり工事をしてもらいましょう!

  • 2017年01月10日
大切なお住まいを長持ちさせる外壁・屋根の「無料診断」「無料見積り」「無料相談」はこちら
作業現場から