【第6回】外壁の種類と塗装時期 | 屋根・外壁塗装の彩家です。

塗装工事に携わり27年。「彩家さんに頼んでよかった!」とお声を頂く安心の塗装工事。
株式会社彩家
0120-029-668

【第6回】外壁の種類と塗装時期

外壁塗装の塗替えの時期は、新築または前回の塗替えから10年~15年の間に塗替えをすることが理想とされています。ですが、外壁の種類によって劣化する部分や耐久年数なども変わってきますので、彩家で施工したお客様のお住まいを参考に、ご紹介したいと思います。

 

【窯業系サイディング】塗替え時期目安:10年~15年

窯業系サイディングは、シーリングの劣化が塗替えの目安といってもいいと思います。また外壁の割れやヒビなども見受けられる事があります。雨漏りに繋がる劣化ですので、塗装で補修できるうちに塗替えをすることをお勧めします。

S__2834452   S__2834442

【金属サイディング】塗替え時期目安:10年~15年

最近の塗装で築15年~25年くらいの金属サイディングのお住まいを塗替えすることが多くありますが、錆が発生している場合が多く、下塗り材に錆止めを使用しております。錆も進行すると外壁に穴をあけてしまったりしますので、早めの塗装をお勧めします。また現在、新築で使用している金属サイディングは軽量で錆びにくい素地になっているようです。

S__2818079   2014-01-09 21.47.26

 

【セメント系・モルタル・リシン・掻き落とし】塗替え時期目安:10年~15年

セメント系・モルタル等は、チョーキング(外壁を触ると白い粉が付く)発生が塗替えのサインです。チョーキングが発生しているということは、外壁塗膜劣化し機能していないということですので、素地が直接紫外線等にさらされてしまい、外壁がどんどん劣化しひび割れ等が発生し雨漏りに繋がります。また、モルタル外壁はヘアークラックという小さなひび割れも発生しやすいです。

S__2367495   S__2932749

S__2424857   S__2785287

 

【ALC】塗替え時期目安:8年~15年

ALCとは軽量気泡コンクリートと言い、一言で言えば軽石の様なボードです。ALCはシーリング部分の劣化が進んでくると外壁のヒビや割れなどに影響してきますので、シーリング部分が劣化してきたなと感じたら塗替えをお勧めします。

S__1359886   S__1359887

S__1359888   S__1359895

 

【木部】塗替え時期目安:5年~10年

木部は環境や気候によって素地が変化しますので、塗装をしても劣化がとても早いです。(彩家では木部の多い建物または木部箇所は保証対象外にさせて頂いております)耐久性の良い塗料を使用しても、5年~10年の間に塗替えをした方が良いでしょう。特に湿気には弱いです。

2014-01-17 19.14.06   2014-01-17 19.14.10

 

外壁の種類は様々ですので、もし分からない場合はお気軽にご相談くださいね。

 

  • 2016年06月10日
大切なお住まいを長持ちさせる外壁・屋根の「無料診断」「無料見積り」「無料相談」はこちら
作業現場から
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.