2016 1月 | 屋根・外壁塗装の彩家です。

塗装工事に携わり27年。「彩家さんに頼んでよかった!」とお声を頂く安心の塗装工事。
株式会社彩家
0120-029-668

2016/01

【第1回】屋根・外壁塗装の必要性

2016年01月10日

なぜ外壁や屋根は塗り替えが必要なの?外壁塗装の役割とは?

「外壁や屋根は10年に1度は塗り替えをしましょう」
最近のリフォームのチラシやホームページでよく見かける言葉ですね。
私たちも実際にチラシやホームページに記載しております。

では、なぜ10年に1度の塗り替えが必要なのか?
どうして「塗り替えの目安」でお話ししているような状態になったら、
塗り替えが必要なのか?
と、疑問に思う方もいらっしゃると思います。

そもそも外壁塗装をやろうと考えたとき「見た目を美しく改善する」という目的の方が
一番多いかと思います。
築10年以上になってくると、外壁の色褪せが気になり、
新築のような艶のある外壁を取り戻したい!
この機会に色を変えてリフレッシュしたい!
など、さまざまなお気持ちがあっての塗り替えだと思います。

また、外壁塗装は「美しく改善」より大切な、
「外壁の保護」という役割もあります。

日ごろ、外壁は雨や風、紫外線などにさらされています。
また季節・立地によっては、湿気や潮風、寒暖差など
外壁は、あらゆる気候に耐えていかなければなりません。

その気候の影響から外壁を守ってくれるのが塗装(塗膜)です。
人間も紫外線の強い季節になると、
肌を守るために、日焼け止めクリームを塗ったり、
UV効果のある上着を着たり、対策をしませんか?
外壁も同様に、外壁を守るために対策をするのです。

建物は築10年を過ぎた頃から、外壁の塗膜の効果が落ちてきます。
塗膜の効果が落ちるということは、外壁を守るものがなくなっていくので、
そのまま放置しておくと、外壁そのものの素地を傷めることになります。
そうなると、塗装だけの工事ではなく大きな修繕工事が必要になり金額も大幅にアップします。
また、建物への負担も大きくなってきます。
そうならないためにも、外壁の定期的なメンテナンスが必要です。

最近では、高耐久や遮熱効果、防水効果のある塗料など
塗料の種類も増えてきていますので、
お住まいの立地や環境に合った塗料での塗り替えが可能になっています。
また、塗り替えをすることで、建物が丈夫になり寿命もアップします。

塗り替えだけで、見た目も美しく建物が強く丈夫になるのであれば、
塗り替え工事は経済的で、建物にとっても負担のかからない最善なリフォームだと言えます。

早めの塗り替えで、大切なお住まいを守りましょう。

大切なお住まいを長持ちさせる外壁・屋根の「無料診断」「無料見積り」「無料相談」はこちら
作業現場から