小山市T様邸 トヨタウッドホーム 屋根塗装 外壁塗装 | 屋根・外壁塗装の彩家です。
塗装工事に携わり27年。「彩家さんに頼んでよかった!」とお声を頂く安心の塗装工事。
茨城県知事許可(般-02)第37325号
株式会社彩家
0120-029-668

小山市T様邸 トヨタウッドホーム 屋根塗装 外壁塗装

塗装工事前の状態です(現地調査時)

小山市T様邸の塗装工事です。現地調査時の状態はこんな感じでした。

   

築20年前後のトヨタウッドホームです。外壁に触ると外壁色の汚れが付着します。これは古い塗装の膜が粉状になって剥がれ落ちてしまってしまう「チョーキング」と呼ばれる現象です。塗り替え時期のサインでもあります。

北側など、日当たりの悪い箇所はカビや藻などの緑色の汚れが見受けられました。湿気による劣化は外壁を傷めてしまう可能性が大きいです。

 

   

屋根の状態です。全体的に汚れや古い塗装の膜の剥がれ等が進行しています。外壁と同様に日当たりの良くない部分はコケや藻などが発生していました。コロニアル・スレート屋根はメンテナンスが特に重要な屋根材です。10年に1度は必ず調査、点検を行う事をお勧めします。

今回も丁寧に作業させて頂きます。どうぞ宜しくお願い致します。

 

工程の詳細は下を見ていくとみられます。よかったら見てくださいね(*^_^*)

塗装工事の工程です

    

高圧洗浄です。屋根・外壁の場合は丸1日かけて洗浄を行います。「家を洗浄」というのは、どの家も新築時からやっていないわけですから、長年の汚れをしっかり落としていくには時間をかけて丁寧に行います。洗浄後はとてもさっぱりしますので、毎回お客様にびっくりされます(*^_^*)

基礎や土間等のコンクリート部分も綺麗に洗浄します。

 

   

屋根の湿気対策に、「タスペーサー」という部品のようなものを屋根材1枚1枚に設置していきます。コロニアルスレート屋根は屋根材同士の隙間が埋まってしまい、通気性が悪くなることにより様々な悪影響が出てきてしまいます。主に、コケやカビ、藻の発生、剥がれなどです。

隙間をあけていく工法に「縁切り」といってカッターで隙間をあけていく工法がありますが、刃物を使いますので屋根材を傷めてしまいますし、結局のところ数年後にはまた隙間が埋まってしまうので弊社では行っておりません。

「タスペーサー」は強制的に屋根材に尽き間を作れるので埋まる事はありませんし、何より屋根に一番負担の掛からない工法だと思っております。

 

屋根塗装下塗りです。屋根・外壁塗装の下塗り選定はとても重要です。傷んでしまった素地を回復・強化することで丈夫な状態にしてくれる下塗りは、どんどん良いものが開発されています。

特にコロニアル・スレート屋根は状態によっては「塗装ができない」と言われてしまう「ミルフィーユ現象」が大変問題となっています。お客様からも多々ご相談をお受けしています。

塗装が出来ないからと言って、葺き替え改修工事を行うといっても多額の費用が掛かりますからすぐに決定するというのもなかなか難しいですよね。

弊社ではできるだけ塗装で対応できるよう、お客様ともお打合せさせて頂いております。ですが、「高圧洗浄不可」となってしまうと塗装対応はできません。

そうならないためにもやはり10年に1度の点検やメンテナンスは非常に重要ですね。

 

   

屋根塗装の上塗りです。屋根は非常に厳しい環境に耐えていかなければならない部位でありますので、できるだけ高耐久塗装を行い長持ちさせていってほしいと考えております。

弊社では見積もりの際、2~3種類のグレードでお見積りさせて頂いておりますが、屋根に関しては一番グレードの高いプランを選んで頂く事が多くなっています。質の高い塗装をご希望という方が増えているなと感じます。

安く塗装をやろうと思えば、安くできます。ですが、「安い」を魅力に塗装をしてしまうと手抜き工事となってしまったり、3年も経たずにもとに戻ってしまったり、不具合は出てきてしまう可能性は高いです。

これからも長くお住まいになるマイホームですから、長い目でみて頂きプランを選んで頂けたらと思っています。

 

外壁目地のシーリング工事です。写真は古いシーリング材の撤去です。家によって様々ですが、丸1日かけて撤去することもあります。

サイディング外壁の場合は塗装の際に必ずシーリング工事をさせて頂いております。築10年程度で、外壁はパッと見て綺麗な状態でもシーリング部は硬化ひび割れが発生している事がほとんどです。

小さな割れでも、微量の雨水が浸水し外壁内部を傷めます。家にとって雨水から守る事は大変重要な事です。シーリングの状態は皆様でも確認できるかと思います。変色や細かいひび割れが発生していたら塗り替え時期だとお考えになられて良いと思います。早めの対処が家を長持ちさせます。

 

  

シーリング工事です。旧シーリング材を撤去したので「ボンドブレーカー」の設置、マスキングテープ貼りです。こういった下準備が綺麗に仕上げるためにとても重要な工程です。

とっても地味で面倒な作業ですが、そういった見えない作業まで丁寧にやることが私たちの仕事です(*^_^*)

 

   

シーリング工事の仕上げです。プライマー塗布、そして新規シーリング材の充填です。シーリング材はホームセンターなどで販売されているカートリッジタイプではなく、専門業者のみ扱える2液タイプを使用していますので、扱いは難しいですが耐久性は抜群です。塗装屋ですが、シーリング工事も安心してお任せくださいね(*^_^*)

 

   

シーリング材をへらで押さえ、均一にそして空気を抜きます。最後にマスキングテープを剥がして完了です。

 

   

ビニール養生です。窓など塗装をしない部分が汚れないように行う「養生」ですが、家をビニールで覆われてしまうのでストレスが掛かるイメージがあると思います。そのストレスを少しでも軽減させるために、とにかく綺麗に養生することを心がけています。また、玄関周りなど出入りの多い部分は滑らないように、足元や足場などにも気を付けています。エアコンや換気扇は使用できるように養生しますのでご安心くださいね。

 

  

外壁塗装の下塗りです。外壁塗装の見積もりを見た時に、下塗りの事って書いてありますか?業者さんは教えてくれますか?

塗装工事を行うときに下塗りに何を使用するかはとても重要です。外壁に合った下塗りを使用しないと、数年後剥がれてしまうこともあります。下塗りには傷んでしまい脆くなった外壁を補修、回復する効果もあります。これからも長く丈夫な家であるためにはとても大切な工程ですね。

 

  

外壁塗装の上塗りです。しっかりと下塗りを行いましたので、外壁の状態もよく上塗りは大変塗りやすいです。今回は、ハイグレードながら人気の無機ハイブリッド塗料を使用しています。日本ペイントの「パーフェクトセラミックトップG」という、まだまだ新しい塗料です。

この塗料の魅力はなんといっても外壁の美しさを保てるということ。特にホワイト系の外壁の場合、せっかく塗装したのにあっという間に汚れが・・・、埃や水垢のような汚れは付着しやすいですよね。最近の塗料は汚れにくく出来ている塗料も多いのですが、この塗料は雨で汚れが落ちる「超低汚染塗料」です。いつまでも美しくが理想ですよね(*^_^*)

 

   

付帯部の塗装です。付帯部とは、雨樋や雨戸、シャッターボックス、庇など。家によっても様々ですが外壁を守る重要な役割をしている部分です。

外壁塗装のお見積りの際、付帯部の内容もしっかり明記されている事を確認してくださいね。外壁は高グレートで付帯部はあまり耐久性の良くない塗料。そんなアンバランスな塗装をしてしまうと数年後後悔してしまう可能性があります。付帯部も外壁以上に過酷な環境に耐えなければなりません。できれば外壁塗料と同等、またそれ以上の塗装を行い長持ちさせていってほしいなと考えております。

 

   

付帯部には基本的にフッ素塗料をご提案、お勧めしています。付帯部が高級感ある仕上がりになると、家が締まってカッコよく見えますよ(*^_^*)細部まで丁寧に仕上げていくことが私たちのこだわりです。

 

ベランダ防水塗装です。2階建ての家がほとんどですから、ベランダ防水塗装もさせて頂く事が多いです。ベランダは直接雨が当たる場所ですから、新築時には防水塗装がされています。ですが、経年と共に防水機能は低下します。築10年を過ぎている場合は防水機能が無くなってしまっている場合があります。急な雨漏りなどは無いとしても、少しずつ建物に影響が出てきてしまう可能性があります。

写真のように汚れや埃が溜まってしまったり、色褪せを感じる場合は早めに点検、メンテナンスをしてもらうことをお勧めします。

 

防水塗装後の写真です。艶が出て見た目も綺麗になりました。

 

小山市T様邸 屋根塗装・外壁塗装 完成

   

小山市T様邸 屋根・外壁塗装工事が完了しました。ホワイトとグレーのツートンカラーで、シックで落ち着いた仕上がりになりました(*^_^*)

今回の塗装は屋根・外壁共に高グレート超耐久の「無機ハイブリッド」、付帯部も高耐久の「フッ素」を使用しましたので、これからも長持ちしてくれることと思います。

塗料の選定は、現地調査をさせて頂いた上で素材、状態に合った塗料でのお見積りを作成します。ご予算やご要望も遠慮なくご相談頂けたらと思っています。

 

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます。衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

  • 2019年01月26日
大切なお住まいを長持ちさせる外壁・屋根の「無料診断」「無料見積り」「無料相談」はこちら
作業現場から
This error message is only visible to WordPress admins
Error: Cannot add access token directly to the shortcode.