下妻市S様邸 アイフルホーム 外壁塗装  | 屋根・外壁塗装の彩家です。
塗装工事に携わり27年。「彩家さんに頼んでよかった!」とお声を頂く安心の塗装工事。
茨城県知事許可(般-02)第37325号
株式会社彩家
0120-029-668

下妻市S様邸 アイフルホーム 外壁塗装 

【塗装工事前の状態です(現地調査)】

下妻市山尻S様邸 アイフルホームです。築10年で塗り替え時期とのことでホームページより、お問合せ頂きました。

  

  

外壁の状態です。外壁は全体的に色褪せが進行していますが、パッと見は綺麗です。外壁を触ってみても、粉状の汚れ(劣化してしまった塗膜、チョーキング)もありませんでした。

細かく調査をすると北側にコケが。風通しも良い場所ですが、やはり日当たりの関係でコケが発生してしまうんですね。あとは釘抜けなども見受けられました。

  

  

外壁の縦目地、窓のサッシ廻りなどのシーリング(コーキング)です。毎回、現地調査をして思いますが外壁が綺麗そうに見えてもシーリングが割れてしまっている事が多いです。今回も、細かいひび割れや穴あきが多く見受けられました。

シーリング部が割れてしまっていると、微量ですが浸水が始まります。初期段階では浸水しても「雨漏り」と感じるほど大変な事にはなりませんが、微量の浸水→乾く→また浸水→乾くを繰り返していると外壁が反ってしまう不具合が発生します。

  

  

外壁以外の部分です(付帯部)。全体的に色褪せが進行しています。触ってみると、粉状の汚れが付くものもあり、塗装の膜が剥がれてしまっているということになります。色褪せが進行すると、どんどん硬化していきます。割れてしまうと交換しなければならなくなってしまいますので、早めの塗装をお勧めします。

  

  

スチール部(鉄でできている付帯部)です。屋根の端にある「棟」と呼ばれる部分、庇(ひさし)、シャッターボックスなど、外壁よりも強く紫外線や雨風さらされます。色褪せはもちろんですが、スチールにかんしては「錆」の発生が懸念されます。錆びてしまうと元通りにするのは結構大変なんです。錆びる前の塗装をお勧めします。

【塗装工事の工程です】

高圧洗浄です。洗浄で長年の汚れや埃、傷んでしまった旧塗膜を綺麗に洗い流します。湿気の溜まりやすい部分はカビや藻などの雑菌が付着している場合もありますので、そういったものもしっかり落としていきます。洗浄は基本的に丸1日かかります。

シーリング工事に入ります。施工物件のほとんどがサイディングですので、最近では毎回シーリング工事を行っています。シーリング材も、一般的なカートリッジタイプ(ホームセンターで販売しているもの)ではなく、業者のみが使用できる2液タイプを使用しています。取扱いが難しいですが、耐久性は抜群です。

最初の作業は、古いシーリング材の撤去です。綺麗に撤去が完了しました。

  

マスキングテープで養生をしていきます。貼り方によって仕上がりが大きく変わります。目地全て、付帯部周りもシーリング工事を行う箇所には全てマスキングテープを貼っていきます。地味な作業が続きますが、綺麗なシーリングに仕上げるために頑張ります!

  

シーリング工事仕上げになります。まずはプライマーを塗布します。これはシーリング剤を打ち込む前の下塗りで密着性を高めるものです。使用塗料:横浜ゴム ハマタイトプライマーNo.30

プライマー塗布の次に、新規シーリング剤を充填していきます。使用材料:横浜ゴム ハマタイトSC-PU2NB

たっぷりとシーリング剤を打ち込んだ後に、へらでならしていきます。同時に中に入っている空気も抜いていきます。

  

  

外壁シーリング工事完成です!

   

   

付帯部スチール(鉄部)下塗りです。付帯部はスチールの場合、錆びてしまう可能性がありますので錆止め材を塗布します。写真は、シャッターボックス、庇、水切りです。

使用塗料:付帯部下塗り材(スチール部錆止め)  日本ペイント 1液ファインハイポンデクロ

  

  

ビニール養生です。養生とは、塗装をしない部分を汚さないように保護するために行う作業です。最終的には撤去してしまいますので、とりあえずビニールで覆っておけば・・・なんていう考えは間違えなんですよ。養生が綺麗な職人は腕がいい!なんていう方もいらっっしゃるくらいです。そうとなると、より丁寧にを心がけたくなります。

  

ご近所への飛散防止に足場にメッシュ養生、玄関周りは滑らないようにブルーシートタイプやノンスリップタイプを使用します。

  

軒天塗装です。軒天は直接紫外線や風雨にさらされる事がないので、外壁に比べるとそこまで傷みはないと思います。ですが!紫外線、風雨に当たらないということは湿気が溜まりやすいんです。そのためカビが発生しやすかったり。蜘蛛の巣を張られてしまったり・・・。湿気による劣化が見受けられる事が多いです。

塗装はまずは下塗りから。素材を丈夫にする浸透系の下塗り材です。外壁も同じものを使います。上塗りは2回塗りです。下塗りと合わせて3回塗りです。上塗りも外壁と同じものを使用しました。

使用塗料:軒天下塗り 日本ペイント ファインパーフェクトシーラー

使用塗料:軒天上塗り 日本ペイント ファインシリコンフレッシュ

  

シーリング部への下塗りです。先日シーリング工事を行いましたが、シーリング工事を行った部分にそのまま塗装をしてしまうと、明らかに他の部分より剥がれやすい状態になってしまうんです。現地調査に行くとよく感じるので、付帯部周りのシーリング部には剥がれを防止するために専用の塗料(関西ペイント シープラ)を塗っています。

  

外壁下塗りです。下塗り材も様々な種類があります。最近では2種類の下塗り材を使いより頑丈な下地を作ります。今回は「浸透性」が高い下塗り材を使いました。弱ってしまった外壁にどんどん浸透していくことにより素地が強化されるのです。

使用塗料:外壁下塗り材 日本ペイント ファインパーフェクトシーラー

  

外壁下塗り2種類目です。2種類目の下塗り材は「密着性」の高い下塗り材です。上塗りをしっかり密着させてくれる効果や、ヘアークラックといってルーペで見ないと分からないような細かいひび割れなどを埋めてくれます。2種類の下塗りが完了すると、外壁の手触りも滑らかになります。下地作りが完了しました!

使用塗料:外壁下塗り材 日本ペイント パーフェクトサーフ

   

外壁塗装の上塗りです(2階部) 今回は1階の外壁、2階の外壁と違う色を使うツートン仕様になります。まずは、2階の外壁。光の加減でベージュにも見えたりしますが、オフホワイトが一番近い色かなと思います。上塗りもしっかり2回塗りです。外壁は合計4回塗り仕上げになります。

使用塗料:外壁上塗り(2階部) 日本ペイントファインシリコンフレッシュ ND-105

   

外壁塗装上塗りです(1階部)  1階はダークブラウンにしましたよ(*^_^*)とってもシンプルでカッコイイ!今回使用の「日本ペイント ファインシリコンフレッシュ」も、とても良い仕上がりです。艶感、弾性(割れにくい性質です)、発色、全てにおいてバランスが良いなと感じております。

塗料選びは、今は良いものばかりですので難しいです。「何を重視したいか」で絞られてくるかなと思います。あとは家の状態で、こちらである程度選定させて頂いております。

使用塗料:外壁上塗り(1階部) 日本ペイントファインシリコンフレッシュ 15-30B

樋の塗装です。最初の作業は「ケレン」といって、特殊な金属のスポンジのようなもので丁寧に磨きます。洗浄で落としきれなかった、古い塗装の膜を落としたり、あとは「目粗し」といって、わざと傷をつけることで塗装ののりを良くするという効果もあります。

   

樋は細かったり、凹凸があったりありますのでハケで丁寧に仕上げていきます。弊社の塗装は付帯部に高耐久の「フッ素」塗料を使用させて頂いています。付帯部は場所によっては外壁よりも紫外線や風雨にさらされています。しかも外壁ほど丈夫な素地ではありませんので、塗装でしっかり守り長持ちさせる事が重要です。外壁と同等、またはそれ以上の塗料を使用することによって数年後も綺麗な状態が保たれると思います。

使用塗料:樋塗装 日本ペイント 1液ファインフッソUV 2回塗り

  

破風塗装(軒樋の下の部分です)

使用塗料:破風塗装 日本ペイント 1液ファインフッソUV 2回塗り

  

銅差し塗装(1階外壁、2階外壁の間の部分です)

付帯部は全てブラックで塗装をしています。外壁塗装の時に「色」はとてもお悩みになるかと思います。色選びの基本は3色まで、今回は外壁ツートンにしましたので1階外壁「ダークブラウン」、2階外壁・軒天「ホワイト」、その他の付帯部「ブラック」の3色です。

使用塗料:銅差し塗装 日本ペイント 1液ファインフッソUV 2回塗り

    

ベランダ防水塗装です。ベランダは埃があったり、多少汚れているのはどこの家もある事だと思います。ベランダは新築時すぐは、防水機能があり雨をしっかり弾いてくれていますが、年数が経つとともに色褪せ、そして防水機能も低下し、細かいひび割れなどが起きてくると雨漏りの原因となってしまうことがあるのです。

ベランダ塗装完成です。

使用塗料:ベランダ防水塗装下塗り 東日本塗料フローンFRP防水面用プライマー

使用塗料:ベランダ防水塗装上塗り 東日本塗料AUコート

下妻市S様邸 アイフルホーム外壁塗装工事 完成

  

  

  

  

 

塗装の季節です!現地調査、お見積りのご依頼が増えてきました(*^_^*)★お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます。衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

 

  • 2018年06月30日
大切なお住まいを長持ちさせる外壁・屋根の「無料診断」「無料見積り」「無料相談」はこちら
作業現場から
This error message is only visible to WordPress admins
Error: Cannot add access token directly to the shortcode.