施工中カテゴリー 茨城県の外壁塗装 | 屋根・外壁塗装の彩家です。
塗装工事に携わり27年。「彩家さんに頼んでよかった!」とお声を頂く安心の塗装工事。
茨城県知事許可(般-02)第37325号
株式会社彩家
0120-029-668

ただいま施工中(茨城県の外壁塗装)

筑西市T様邸 屋根塗装 外壁塗装 全体的に色褪せが進行 外壁の剥がれや屋根の傷みが目立ちました。補修をしつつ丁寧に綺麗にしていきます!!

2020年10月1日

筑西市T様邸 屋根・外壁塗装 施工前全景

   

   

施工前全景です。外壁:サイディング 屋根:コロニアル

外壁・屋根共に色褪せやチョーキング、汚れ、剥がれが目立ちました。

 

塗装工事前の状態です(現地調査時)

 

    

    

現地調査時の状態です。屋根、外壁共に傷んでいる部分が多く早めの塗り替えが必要な状態でした。屋根は色褪せや細かい剥がれが進行していました。コロニアル屋根は軽量・安価で大変人気の屋根材でしたが、反面劣化の早さが問題となっている屋根材でもあります。環境によって傷み方が様々ですが、新築から10年以上経過している場合は恐らく全体的に色褪せや汚れを感じる場合がほとんどかと思います。そういった場合は早めに塗装を行うことをお勧めします。外壁はチョーキングといって古い塗装の膜が粉状となって剥がれ落ちている現象が起きています。塗り替え時期のサインでもあります。外壁に触ると粉汚れが手につきますので、わかりやすいかとおもいます。ほかに、外壁の剥がれも一部目立つ部分がありました。

 

塗装の工程です

   

足場設置・メッシュ養生の完了です!!作業初日は高圧洗浄です。屋根はトルネード洗浄といって汚れや埃だけでなくコケや雑菌なども綺麗に洗い流すことができます。洗浄や屋根、外壁共に丁寧に行う事が塗装の仕上がりにも繋がります。作業にはひとつひとつ意味がありますので手を抜かず進めていきますよ!!

 

    

屋根の下地処理「タスペーサー設置」です。タスペーサーって何??と、思う方の方が多いと思います。軽量・安価で人気のコロニアル屋根ですが、塗り替え時期となっている家が大変多いです。その中でも湿気による劣化が進行し、コケの発生や表面の剥がれなどが発生してしまっています。どうしてそうなってしまうかというと、屋根材は通気を保つために隙間が必要なのですが、経年と共に隙間が埋まってしまい通気が取れなくなってしまうのです。そのために、湿気が溜まり様々な劣化現象が起こります。環境によっても様々です。

この「タスペーサー」という軽量の部品を屋根材に差し込むと強制的に通気を確保できますので湿気対策となります。塗装業者の中には「縁切り」といって屋根材にカッターで切り込みをいれ、通気確保をしている業者もいますが、屋根材を傷めますし結局は隙間が埋まってしまいますので縁切りを勧める業者さんは注意が必要です。

 

屋根の下塗りです。だいぶ傷んでいましたので、下塗りで状態を回復できる下塗り材を選びました。浸透性、機能性が良く、傷んで脆くなってしまった下地が丈夫に復活します。これからも長持ちさせるためには下地から強化することが重要です。

 

   

屋根の上塗り塗装です。下塗りをしっかり行いましたので、屋根下地の状態もだいぶよくなりました。上塗りは状態がよくなった下地が長持ちするように保護をする大切な工程です。屋根は強い紫外線や風雨、最近では異常気象も多くありますからどんな環境にも耐えられる状態にしておく必要があります。外壁塗装は一般的なグレードからお勧めしていますが、屋根に関してはできるだけ高耐久塗装をとお勧めしています。屋根は家を守る大切な部位です。塗り替えプランも慎重にお考え頂けたらと思います。

 

    

軒天塗装です。軒天は紫外線や風雨の影響を受けにくい部分ですので、現地調査の際も汚れはあっても特に大きな傷みはないということが多いです。ですが、湿気の溜まりやすい部分ですので、触ってみると水分を含んでいるような状態という場合もあります。軒天の上がベランダという場合も要注意です。特に雨染みなどが見受けられる場合はお早めにご相談くださいね。塗装の際は、湿気に強い塗装を行い、乾いた状態を保てるようにしていきます。

 

外壁の下塗りです。外壁下塗りは様々な種類があります。外壁種類によっての使い分けはもちろんですが、状態や使用する上塗りによって選定していきます。築20年以上で、初めての塗り替えという案件も中にはあります。そういった場合、下地が脆くなってしまっていますのでグレードの高い塗装を行っても十分に発揮されない場合もあります。下塗りには、脆く弱くなってしまった下地を強く丈夫に復活させる機能があります。これからも長持ちさせるためには、下塗りの選び方が重要です。

 

    

外壁の上塗りです。下塗りをしっかり行いましたので、傷んでしまった外壁も下地から状態がよくなりました。屋根と同様に、状態がよくなった外壁を保護するのが上塗りの役目です。上塗りに関しては2,3種類のグレードの中からお客様に選んで頂いております。ご予算に合わせたプラン設定も可能です。外壁に合った、プラン設定を行っておりますのでどのグレードプランを選んで頂いてご満足頂ける仕上がりになります。最近では、汚れに強い塗料が人気です。雨で汚れが落ちる「セルフクリーニング」機能のある塗料もあります。綺麗が保てる事は魅力的ですよね。

 

    

施工前の雨戸です。雨戸はスチール製ですから、色褪せてくると錆びやすい状態になります。錆びは進行すると穴あきなど破損してしまう可能性もあります。

    

雨戸の施工です。まずはケレンという磨く作業を行います。細かい汚れ、古い塗装の膜、錆などを除去していく作業です。下塗り吹付塗装は、錆止めを使用しています。

雨戸上塗り塗装、施工後です。施工前の色褪せ状態から、ツヤツヤのカッコいい仕上がりになりました(^^)新築物件はシャッターボックスが多いですが、塗り替え時期を迎えている家は、ほとんどが雨戸です。色褪せが気になる状態でも、ここまで綺麗にできるんですよ(^^)

 

    

    

筑西市T様邸の屋根・外壁塗装工事の完了です。全体的に色褪せ、汚れ、剥がれ等の劣化が進行していましたが塗り替えでとても綺麗になりました。

 

最近のお問い合わせは、「ハウスメーカーで塗装を勧められたけど高すぎる」「やたら訪問販売の人が来てしつこい」という事がきっかけで、弊社へのお見積りをして頂く事が多いです。業者さんの中には、「今すぐやらないと雨漏りする」とかお客様を不安にさせてしまうような業者さんもいるようですが、そういった緊急性は、なかなか無い事だと思います。お客様を焦らせる、不安にさせるような業者さんはあまり良いとは思えませんので、ご注意くださいね。

ですが、そういった業者さんに塗装を勧められるということは塗装時期であるという事は確かだと思います。高額な工事になりますから、業者選びは慎重にご家族とよく話し合って検討されることをお勧めします。高額な値引き、上記に記載した不安を煽るような事言ったり、契約を急かす業者さんは絶対にダメです。家の状態を良く説明してくれて、お客様の希望もしっかり聞いてくれる、なにより安心できるなと思う業者さんを選んでくださいね。

弊社でも、お客様のご希望に合わせた塗装ができるよう努めております。ご予算がある場合もお気軽にご相談くださいね。

外壁塗装のご予約も承り中です!お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

 

 

古河市K様邸 外壁塗装 外壁や付帯部のチョーキングが酷く進行していました シーリングなども劣化が見られ全体的に塗り替え時期でした

2020年09月20日

古河市K様邸 外壁塗装 施工前全景

施工前全景です。外壁:サイディング

外壁は色褪せやチョーキング、汚れが目立ちました。

 

塗装工事前の状態です(現地調査時)

 

    

    

現地調査時の状態です。全体的に色褪せが進行、特に外壁や付帯部のチョーキングが酷く進行していました。チョーキングとは古い塗装の膜が粉状となって剥がれ落ちてしまっている現象です。剥がれ落ちるということは、外壁等の下地を守るコーティングがない状態ですので外壁のひび割れやスチール部の錆などが起きやすい状態でもあります。そのほかに、シーリングの劣化や木部の剥がれなどもありました。

 

塗装の工程です

  

足場設置、メッシュ養生が完成です作業のスタートは高圧洗浄です。長年の汚れや埃が溜まっていますから綺麗に洗い流します。カビなどの原因となる雑菌なども除去していきますよ。洗浄後は、とてもすっきり綺麗にみえます(^^)

 

外壁シーリング工事です。外壁には目地のほかにも、窓枠や付帯部廻りなどにもシーリングが打ってあります。シーリングの寿命は約10年です。本来は伸縮性があることで外壁等を守る役割をしていますが、経年と共に硬化してしまいますので本来の役割が果たせなくなります。築10年を経過するとシーリング部が変色、ひび割れしてしまっている場合がほとんどです。雨水が入り込み内部を傷めてしまう可能性もありますので、外壁塗装と同時にシーリング補修も必要なメンテナンスです。

 

   

軒天塗装です。軒天は紫外線や風雨の影響を直接受けにくい場所ですので現地調査の時も比較的綺麗な場合が多いです。ですが逆に湿気が溜まり、湿気による劣化が進行しやすい場所であります。見た目は綺麗に見えても触ってみるとブヨブヨと水分を含んでいる場合もあります。塗装の際は、湿気に強い塗装を行いできるだけ乾いた状態を保てるようにします。

 

外壁の下塗りです。今回は密着性の高い下塗り材を選びました。同時に細かい目には見えないひび割れをしっかり埋めてくれる効果もあります。下塗りは外壁の状態や材質によって選定することで、これからの寿命にも繋がります。

 

    

外壁上塗りです。下塗りをしっかり行いましたので、上塗りはとてもスムーズに作業が進みます。上塗りに関してはお見積りの際に、2~3種類から選んで頂いています。グレードの差はありますが、どのグレードを選んで頂いても十分な耐久性での塗装ができますのでご安心くださいね。最近では低価格高機能な塗料が増えています。できるだけ、お客様のご希望に合ったプランをご提供できるよう継続して勉強していきたいと思います(^^)

 

    

雨樋等、付帯部の塗装です。付帯部も家にとってとても大切な役割がありますから塗装などの定期メンテナンスはとても重要です。塗装の際は、軽く磨いてから塗装を行います。グレードは外壁塗装の普通グレード以上の塗料での塗装が多いです。また、最近では雨樋交換も承る事が増えてきました。弊社で対応が可能ですので、お気軽にご相談頂けたらと思います。

 

    

    

スチール製付帯部の塗装です。スチールは色褪せと共に錆びやすい状態となります。錆びてしまうと進行が早く、穴あきなど破損してしまうこともあります。塗装の際は、下塗りに錆止め材を使用し錆から守ります。場所によっては、屋根並みに紫外線や風雨の影響を受けている場所もありますので、そういった場所の付帯部は要注意です。

 

    

古河市K様邸 外壁塗装工事の完成です。全体的に汚れやチョーキングが進行していましたが、とてもきれいになりました(^^)外壁、付帯部共にホワイト仕上げは意外にも珍しいですが、とても爽やかで素敵です!!ホワイトは汚れの心配があるかと思いますが、最近では汚れに強い塗料が多く出ていて、綺麗を保つ事が可能です!!

 

最近のお問い合わせは、「ハウスメーカーで塗装を勧められたけど高すぎる」「やたら訪問販売の人が来てしつこい」という事がきっかけで、弊社へのお見積りをして頂く事が多いです。業者さんの中には、「今すぐやらないと雨漏りする」とかお客様を不安にさせてしまうような業者さんもいるようですが、そういった緊急性は、なかなか無い事だと思います。お客様を焦らせる、不安にさせるような業者さんはあまり良いとは思えませんので、ご注意くださいね。

ですが、そういった業者さんに塗装を勧められるということは塗装時期であるという事は確かだと思います。高額な工事になりますから、業者選びは慎重にご家族とよく話し合って検討されることをお勧めします。高額な値引き、上記に記載した不安を煽るような事言ったり、契約を急かす業者さんは絶対にダメです。家の状態を良く説明してくれて、お客様の希望もしっかり聞いてくれる、なにより安心できるなと思う業者さんを選んでくださいね。

弊社でも、お客様のご希望に合わせた塗装ができるよう努めております。ご予算がある場合もお気軽にご相談くださいね。

外壁塗装のご予約も承り中です!お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

結城市N様邸 外壁塗装 色褪せ、ひび割れが進行していました。補修をしつつ綺麗にしていきます!!

2020年09月1日

結城市N様邸 外壁塗装 施工前全景

施工前全景です。外壁:ALC

外壁は色褪せやチョーキング、汚れが目立ちました。ひび割れ、シーリング部の劣化など。

 

塗装工事前の状態です(現地調査時)

 

    

    

現地調査時の状態です。全体的に色褪せ、汚れが進行していました。外壁に触ると粉状の汚れが付着します。これは「チョーキング」といって、外壁を守っていた塗装の膜が劣化し粉状となって剥がれ落ちてしまっている状態です。塗り替え時期のサインでもあります。他に、ひび割れやシーリング割れ、付帯部廻りシーリング劣化などが見受けられました。

塗装の工程です

作業のスタートは高圧洗浄です。長年の汚れや埃が溜まっていますから綺麗に洗い流します。カビなどの原因となる雑菌なども除去していきますよ。洗浄後は、とてもすっきり綺麗にみえます(^^)

 

   

外壁シーリング工事です。今回の外壁はALCです。ALCは耐久性がとてもよく丈夫な外壁です。ですが、シーリング部が長さにして通常の3倍以上ありますので、長持ちさせていくためにシーリング工事は定期メンテナンスが欠かせない部分であります。塗装屋ですが、シーリング工事も専門に対応できますので、ご安心くださいね。

 

軒天に隙間があったので補修をします。経年と共に、こういったちょっと補修が必要なところが出てくるのはよくあることです。

補修完了です!破損する前に直す事が大事ですね。

   

軒天塗装です。軒天は紫外線等の影響はほとんどありません。ですが、湿気による劣化が多く発生する場所です。今年の梅雨のように、乾かない日々が続くと軒天のような陰になっている場所はカビやすくなりますね。塗装の際は、湿気に強い塗装を行い乾いた状態を保てるようにします。

 

外壁の下塗りです。下塗りは外壁の種類や状態によって選定しています。外壁塗装を考えたときに、上塗り塗料の事を中心に検討しがちですが、外壁を強く丈夫にするのは下塗りの効果ですから、下塗りはとても重要です。お客様との打ち合わせの際も、下塗りについてよくご説明させて頂いております。

 

    

外壁の上塗りです。これまで、外壁の下地処理や下塗りをしっかり行いましたので外壁下地の状態もよくなり最後の上塗りはとてもスムーズに行う事ができます。上塗り塗料に関しては、2~3種類程度の見積もりの中からお客様に選んで頂いております。今回も、一番人気の無機ハイブリッド塗料を選んで頂きました。高グレードですが、約半数の方がこの塗料での塗装をしています。耐久性はもちろん、汚れにくいということから綺麗を保てるという魅力があります。外壁の汚れでお悩みの方はとても多いと思います。大切なマイホームですから、綺麗であってほしいですよね(^^)

 

    

木製の破風塗装です。天然の木は大変繊細な素材です。紫外線の影響を受けやすい素材でもあり、黒ずみや汚れ、色褪せなど様々な劣化が出てくるのが早いです。理想としては5年に1度の塗り替えです。塗装の際は、木部専用の塗装を行い長持ちさせていきます。

 

   

スチール系付帯部の塗装です。家の付帯部はスチール製のものが多くあります。紫外線を強く受ける場所が多いですから、外壁と同じように10年に1度はメンテナンスが必要です。塗装をすることで錆から守る事もできます。

 

結城市N様邸 外壁塗装工事の完成です。ALC外壁ということで、シーリング部の劣化やひび割れがありましたが補修をしつつ綺麗になりました。高グレード塗装で仕上げていきましたので、これからも丈夫で綺麗に長持ちしてくれることでしょう(^^)

 

最近のお問い合わせは、「ハウスメーカーで塗装を勧められたけど高すぎる」「やたら訪問販売の人が来てしつこい」という事がきっかけで、弊社へのお見積りをして頂く事が多いです。業者さんの中には、「今すぐやらないと雨漏りする」とかお客様を不安にさせてしまうような業者さんもいるようですが、そういった緊急性は、なかなか無い事だと思います。お客様を焦らせる、不安にさせるような業者さんはあまり良いとは思えませんので、ご注意くださいね。

ですが、そういった業者さんに塗装を勧められるということは塗装時期であるという事は確かだと思います。高額な工事になりますから、業者選びは慎重にご家族とよく話し合って検討されることをお勧めします。高額な値引き、上記に記載した不安を煽るような事言ったり、契約を急かす業者さんは絶対にダメです。家の状態を良く説明してくれて、お客様の希望もしっかり聞いてくれる、なにより安心できるなと思う業者さんを選んでくださいね。

弊社でも、お客様のご希望に合わせた塗装ができるよう努めております。ご予算がある場合もお気軽にご相談くださいね。

外壁塗装のご予約も承り中です!お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

 

下妻市H様邸 屋根塗装 外壁塗装 企業様事務所の塗装工事です 色褪せや付帯部の錆が目立ちました

2020年08月1日

下妻市H様邸 屋根塗装 外壁塗装 施工前全景

施工前全景です。屋根:トタン 外壁:セメント系吹き付け

外壁は色褪せやチョーキング、汚れが目立ちました。屋根、付帯部は錆びが目立ちました

 

塗装工事前の状態です(現地調査時)

 

    

    

    

写真は現地調査時の状態です。全体的に色褪せ、汚れ、下地の傷みが進行しています。特に屋根や鉄骨部の錆は早めに処置をした方が良い状態でした。ベランダも防水機能が低下し、非常に雨漏りしやすい状態となっています。傷みは酷いですが、補修をしつつ丁寧に作業を行う事で綺麗になります。

塗装の工程です

 

高圧洗浄です。長年の汚れや埃が溜まっていますから綺麗に洗い流します。カビなどの原因となる雑菌なども除去していきますよ。洗浄後は、とてもすっきり綺麗にみえます(^^)

 

   

屋根塗装、まずは下地処理。錆が多く発生していましたので、錆の進行を止めるとめの塗装を行います「日本ペイント ハイポンサビスタ」です。削っても落としきれない錆などに使用します。家の付帯部など、錆にお困りの方は多くいらっしゃいます。錆びは進行すると、穴あきなど破損に繋がる可能性もありますので早めの処置が必要です。

屋根の下塗りです。錆の補修が完了しましたので、下塗りには錆止め材を屋根全体に塗装をしていきます。錆補強材と錆止め材はセットで塗装することが前提です。トタンやガルバリウム屋根は材質的にとても丈夫なのですが、錆びてしまうデメリットがあります。でも定期メンテナンスをすれば錆から守る事は可能です。色褪せを感じたら塗り替えじきです。

 

  

屋根上塗り塗装です。屋根塗装のプランに関しては、できるだけ高耐久塗装をお勧めしています。屋根は風雨、紫外線等の環境影響に耐えていかなければいけません。屋根の劣化が進行してくると、外壁への影響も懸念されます。今回はフッ素系塗料での塗装を行いました。トタン、ガルバリウム屋根は元々が丈夫ですから、しっかりとした塗装をすることでさらに長持ちするでしょう。

 

   

外壁の下地処理です。外壁が傷んで剥がれてしまった部分がありましたので、張り替えをしました。窓枠サッシ廻りなどはシーリングが割れてしまっていましたので、しっかり補修しましたよ。特にシーリング部分は傷んでいると雨漏りしてしまう可能性がありますので、補修などの下地処理はとても大切な工程です。

   

補修が完成しました。

 

    

軒天塗装です。軒天はとても湿気が溜まりやすく、綺麗に見えても表面がブヨブヨと傷んでいたりすることがあります。塗装の際は、湿気に強い塗装を行い乾いた状態を保てるようにします。

 

外壁の下塗りです。下塗りは外壁の種類はもちろん、その時の状態によって選定する見極めが必要です。下塗りの選び方でこれからの寿命もかわります。今回使用した「日本ペイント製のアンダーフィラー弾性エクセル」下塗り材は、シーラーとフィラーの機能両方を兼ね備えているので、今まで2種類をそれぞれ塗装していましたが1種類で完了することにより、作業効率も上がりその分お安く塗装を行う事ができます。塗装は、ただ綺麗にするだけではなく、どうやったら長持ちするかを考えて塗装をさせて頂いています。日々、勉強ですね。

 

    

外壁上塗りです。今回使用の「日本ペイント パーフェクトセラミックトップG」は専用の中塗り材がありますので、中塗りと上塗りそれぞれ1回ずつ塗装をします。最高級の無機ハイブリッド塗料でもちろん費用もかかりますが弊社では一番選ばれている塗料です。せっかく塗装をするなら長持ちさせたいというお客様が増えているように感じます。この塗料は耐久性はもちろん、汚れに強いので綺麗な状態を保てる事が一番の魅力だと思います。

 

ベランダ手摺の施工前です。表面の剥がれが進行し、かなり傷んでしまっていますね。錆びやすい状態でもありました。

    

ベランダ手摺の施工です。まずは表面の剥がれてしまった古い塗装の膜を綺麗に磨き落としていきます。下塗りには錆止めと塗装してから上塗りで仕上げていきます。

ベランダ手摺、綺麗になりました(^^)

 

    

雨樋の塗装です。雨樋塗装は凹凸も多く細かい作業になりますので、刷毛で丁寧に仕上げていきます。外壁がホワイトですので、雨樋など付帯部がブラックだととてもカッコよく仕上がります。色の選び方やバランスで見た目はかなり変わります。色選びのご相談はお任せくださいね(^^)

 

    

付帯部の補修です。写真はベランダの笠木です。塗装をする際は、築20年近く経過している場合がほとんどですから塗り替え以外にも直したほうがいい場所が結構あります。ビスで止まっている部分は緩んでいたり、取れてしまっていたり。繋ぎ目のシーリングが劣化しているとひび割れが起きてしまったり、細かい部分までチェックしつつ作業を進めていきます。

 

    

ベランダの施工前です。ベランダは新築時は防水塗装やシート防水などがされていますが、築10年を過ぎると防水機能が低下し雨漏りしやすい状態になります。ベランダの色褪せ、汚れが溜まりやすくなってきた、雨がふるとなかなか乾かないなど気が付いたときは塗り替え時期です。

    

ベランダの防水塗装です。2階建ての家には、ほとんどベランダがあると思いますのでベランダ防水塗装は必ずお勧めしています。

ベランダ塗装完成です。こんなに綺麗になります(^^)防水機能もバッチリ!

 

下妻市H様邸の塗装工事が完成です。全体的に傷んでいる部分が多くありましたが、補修をしつつ綺麗になりました。屋根、外壁共に高グレード塗装で仕上げていきましたので、これかも長持ちしてくれることでしょう(^^)

 

最近のお問い合わせは、「ハウスメーカーで塗装を勧められたけど高すぎる」「やたら訪問販売の人が来てしつこい」という事がきっかけで、弊社へのお見積りをして頂く事が多いです。業者さんの中には、「今すぐやらないと雨漏りする」とかお客様を不安にさせてしまうような業者さんもいるようですが、そういった緊急性は、なかなか無い事だと思います。お客様を焦らせる、不安にさせるような業者さんはあまり良いとは思えませんので、ご注意くださいね。

ですが、そういった業者さんに塗装を勧められるということは塗装時期であるという事は確かだと思います。高額な工事になりますから、業者選びは慎重にご家族とよく話し合って検討されることをお勧めします。高額な値引き、上記に記載した不安を煽るような事言ったり、契約を急かす業者さんは絶対にダメです。家の状態を良く説明してくれて、お客様の希望もしっかり聞いてくれる、なにより安心できるなと思う業者さんを選んでくださいね。

弊社でも、お客様のご希望に合わせた塗装ができるよう努めております。ご予算がある場合もお気軽にご相談くださいね。

外壁塗装のご予約も承り中です!お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます。衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

下妻市 アパート外壁塗装 全体的に色褪せが進行で塗り替え時期でした 鉄骨階段の錆なども綺麗にしていきます!! 

2020年07月11日

下妻市 アパート外壁塗装 施工前全景

施工前全景です。外壁:サイディング

外壁は色褪せやチョーキング、汚れが目立ちました。内部、鉄骨階段の錆など進行しています。

 

塗装工事前の状態です(現地調査時)

 

    

    

写真は現地調査時の状態です。全体的に色褪せが進行、シーリングの劣化や鉄骨階段の錆などが進行しています。外壁に触ると粉状の汚れが付着します。これは「チョーキング現象」といって塗装の膜が粉状となって剥がれ落ちてしまう現象です。塗り替え時期のサインでもあります。

 

塗装の工程です

    

足場設置、メッシュ養生が完成です。作業のスタートは高圧洗浄です。長年の汚れや埃が溜まっていますから綺麗に洗い流します。カビなどの原因となる雑菌なども除去していきますよ。洗浄後は、とてもすっきり綺麗にみえます(^^)

 

    

外壁シーリング工事です。外壁目地、窓枠などのサッシ廻りシーリング部分のひび割れが目立ちました。どの家もシーリングは新築から約10年で細かいひび割れや変色が見受けられるようになります。ひび割れ部分からの雨水浸水は微量でも蓄積することで内部を傷めてしまう可能性があり、外壁劣化を早めてしまう可能性があります。特に、大きくひび割れている場合や内部が見えてしまっている場合などは早めの処置が必要です。

 

軒天塗装です。軒天は風雨や紫外線の影響が少ない部分ですので、屋根や外壁に比べるとあまり劣化している部分が見られないことが多いです。ですが、湿気が溜まりやすい環境である事がありますので表面を触ってみると、湿っていたりブヨブヨとしていたりすることがあります。塗装の際は、湿気に強い塗装を行い乾いた状態を保てるようにします

 

外壁の下塗り塗装です。塗り替えをする家は、築15年~20年で初めての塗装という場合がほとんどです。塗り替えは、10年に1度を理想としていますから外壁は思っている以上に傷んでいます。塗り替えは表面を綺麗にするだけでなく、下地を強く丈夫にさせる効果があり長持ちに繋がります。その効果を発揮してくれるのが下塗りです。外壁の種類、傷んでいる状態に合わせた下塗りを使用することで、これから塗る上塗り材の効果を十分発揮させる事ができます。

 

外壁の上塗り塗装です。下塗りをしっかり行いましたので、外壁表面の状態も良くなり上塗りはとてもスムーズに作業が進みます。今回はシリコン系塗料を使用しています。シリコン系塗料は、一般的でよく知られているグレードでもあるかと思います。最近では、シリコン系の中でもグレードがあり機能性、効果、効率性などがとても良くなっています。色は、ベージュ系です。写真では濃く見えますが、全体的にみるとホワイトに近いベージュです。色選びでお悩みの場合は、アドバイスさせて頂く事もできますので、お気軽にどうぞ(^^)

 

    

付帯部の塗装です。付帯部は家によって様々です。素材の種類も、塩ビだったりスチール、木製だったりと色々ですので、今後長持ちさせるためには素材に合った塗装を行う必要があります。最近では台風の影響等で雨樋が破損している場合が多く、お客様も雨樋を新しくしたいけどどこに頼めばいいかわからないというお声もよく聞きます。弊社では、雨樋交換をはじめ玄関扉交換など付帯部を新品にする交換工事も対応可能です。※付帯部交換工事につきまして、基本的には塗装工事と合わせての対応とさせて頂いております。ご了承ください。

 

    

鉄骨階段塗装です。アパート内の階段でしたので、風雨や紫外線の影響は少なかったものの経年劣化で錆が酷い状態でした。下塗りに錆止め材を使用しましたので長期にわたり錆から守ることができると思います。アパートの階段は防水工事も行うことができます。お気軽にお問い合わせくださいね。

 

    

    

付帯部塗装の完成写真になります。雨樋、破風、雨戸です。現地調査の際は、全体的に色褪せが進行しており耐久性も低下している状態でしたが、塗装効果でとても綺麗になり下地から丈夫にすることができました。艶感がでると高級感も増しますね。

 

    

古河市アパート塗装の完成です。外壁はベージュ系、付帯部はダークブラウン系でシンプルながらもオシャレな仕上がりとなりました。中の階段もとてもきれいになりました(^^)アパート塗装は、ご入居されているかたに配慮しながら作業させて頂いております。塗装をや壊れている箇所の補修をすることで、入居率がアップしたというお話もよくお聞きします。アパート所有のオーナー様も、お気軽にお問い合わせ頂けたらと思います。

 

最近のお問い合わせは、「ハウスメーカーで塗装を勧められたけど高すぎる」「やたら訪問販売の人が来てしつこい」という事がきっかけで、弊社へのお見積りをして頂く事が多いです。業者さんの中には、「今すぐやらないと雨漏りする」とかお客様を不安にさせてしまうような業者さんもいるようですが、そういった緊急性は、なかなか無い事だと思います。お客様を焦らせる、不安にさせるような業者さんはあまり良いとは思えませんので、ご注意くださいね。

ですが、そういった業者さんに塗装を勧められるということは塗装時期であるという事は確かだと思います。高額な工事になりますから、業者選びは慎重にご家族とよく話し合って検討されることをお勧めします。高額な値引き、上記に記載した不安を煽るような事言ったり、契約を急かす業者さんは絶対にダメです。家の状態を良く説明してくれて、お客様の希望もしっかり聞いてくれる、なにより安心できるなと思う業者さんを選んでくださいね。

弊社でも、お客様のご希望に合わせた塗装ができるよう努めております。ご予算がある場合もお気軽にご相談くださいね。

外壁塗装のご予約も承り中です!お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

茨城県八千代町K様邸 屋根塗装 外壁塗装 全体的に色褪せが進行していて塗り替え時期でした。

2020年06月29日

茨城県八千代町K様邸 屋根塗装 外壁塗装 施工前全景

施工前全景です。外壁:サイディング 屋根:コロニアル

外壁は色褪せやチョーキング、汚れが目立ちました。屋根は汚れやコケが発生し進行しています。

 

塗装工事前の状態です(現地調査時)

 

    

    

現地調査時の状態です。屋根は汚れやコケの発生など、湿気による傷みが進行しています。下地まで傷んでしまっている可能性があります。外壁は色褪せ、汚れ、シーリングの劣化等があり塗り替え時期です。補修をしつつ綺麗にしていきたいと思います。

 

塗装の工程です

    

足場設置、メッシュ養生、高圧洗浄が完了しました。屋根の下塗り塗装です。汚れが進行していた屋根ですが、洗浄をしたら元の色が見えてきました(^^)コケも取れてだいぶ綺麗になりました。洗浄してみるとよくわかりますが、表面の塗装の膜が剥がれてしまっていますね。この状態ですと、屋根を守るものがない状態ですから下地が傷んできたり、雨水が浸み込みやすく雨漏りをしてしまう可能性もあります。特に今回のようなコロニアル屋根は耐久性が低く、お悩みの方が増えています。傷んでしまったコロニアル屋根も、下地に合った下塗り材を使用することで強く丈夫に復活させる事ができますよ。

 

屋根の下地処理です。屋根は屋根材同士の隙間から通気を確保しているのですが、コロニアル屋根の場合、経年劣化と共にこの隙間が埋まってしまう事が問題となっています。塗装の際は、この隙間を強制的に確保する部品のようなものを設置します。これを「タスペーサー」といいます。隙間空けの工法は、この他に「縁切り」という工法もあります。タスペーサーか、縁切りかと言ったら縁切りの方が知っている方が多いかもしれませんね。ですが、縁切りはカッターで切り込みを入れていく工法ですので、屋根材を傷めてしまいます。ですから、弊社ではタスペーサーを使います。

 

   

屋根の上塗り塗装です。塗装前は、だいぶ傷んでいましたが、下塗りを丁寧に行いましたので屋根下地の状態は良くなっています。上塗りのグレードは、2、3種類程度の中からお客様に選んで頂いておりますが、どのグレードを選んでもご満足頂ける内容になっています。この時期、遮熱塗料が魅力に感じますが、塗装の遮熱効果はとても短いです。その分、高耐久な塗料を選んだ方が屋根には良いですよ。

 

外壁のひび割れ補修です。外壁ひび割れも、程度が様々ですが基本的には塗装工程内で補修を行います。目には見えない、細かいひび割れが多発している場合は外壁の下塗り材でカバーできる場合もあります。全体的に、色褪せが進行してくると外壁はひび割れやすい状態になります。大きな補修は費用もかかりますので、軽度のうちに塗装などのメンテナンスができるといいですね。

 

   

外壁シーリング補修です。今回は傷んでいる箇所を中心に補修を行っています。家によって傷みは様々ですから、状態に合った工事を行います。シーリングの劣化は、雨漏りの原因となることもあります。特に、窓サッシ廻りなどは、雨水が入り込み外壁が剥がれてしまっていることもあります。特に北側、水回り周辺は気を付けてくださいね。

 

   

軒天塗装です。今回、軒天下地の傷みがありましたので下塗りも行いました。軒天は風雨や紫外線に当たりにくいので現地調査をすると割と綺麗な場合が多いです。ですが、逆に湿気が溜まりやすく湿気による傷みを受けやすい場所です。表面を触ってみると、水分を含んだような感じであることもあります。塗装の際は湿気に強い塗装を行い、できるだけ乾いた状態を保てるようにします。

 

    

外壁の下塗りです。外壁塗装の見積もりを出してもらったときに、下塗りに何を使うかは明記されているでしょうか。塗装を行う家は、築15年程度経過していますので外壁下地の傷みが進行している状態と考えられます。傷んでしまった強く丈夫に復活させてくれるのが下塗りの効果です。外壁の種類も様々ですから、下塗りの種類も様々です。外壁の状態に合った下塗りを行うことで、その後の上塗りが引き立ちます。塗装のお見積りをされた際は、下塗りについても説明してくれる業者さんはしっかり塗装をしてくれると思いますよ(^^)

 

    

外壁の上塗りです。下塗りをしっかり行いましたので、外壁の状態も良くなり外壁上塗りはスムーズに進みます。今回のカラーは、イエロー系からブラウン系への塗り替えとなりました。イメージが変わりいいですね(^^)落ち着いた温かみのあるカラーで、とても素敵な仕上がりになっています。施工後全景写真をお楽しみに★

 

    

付帯部の塗装です。付帯部も傷んでいる箇所は補修をしつつ、表面を磨き綺麗にしてから塗装をします。写真は「破風」と呼ばれる部位です。漢字から分かるように、風の影響を受けやすい部分ですから風雨、紫外線の影響は大きいです。弊社では、付帯部こそ高耐久塗装をと、お勧めしております。付帯部も家にとって大切な部分ですから、丁寧に仕上げていきます。

 

付帯部塗装続きます。雨樋塗装です。最近では、雨樋交換のご依頼が増えてきました。昨年はとても大きな台風が来たので、その影響も大きいようです。雨樋の破損は、雨水の流れが悪くなりますので、外壁を傷めてしまう可能性があります。気になる場合はお早めにお問合せくださいね。

 

    

スチール系付帯部の塗装です。スチールは色褪せが進行すると錆の発生が懸念されます。錆は進行すると穴あきなど破損してしまうこともありますので、注意が必要です。艶がなく、色褪せてきたら塗り替え時期です。塗り替えの際は、下塗りに錆止めを使用し、錆から守ります。

 

    

    

雨戸塗装です。最近の新築はシャッターボックスが多いですが、塗り替え時期の家はほとんどが雨戸ですね。凹凸がありますので、汚れも溜まりやすいですから、しっかり綺麗にしていきます。雨戸もスチールです。錆止めを使用し錆から守ります。ホワイトの雨戸は久しぶりです。とても綺麗ですね★

 

    

    

八千代町K様邸 塗装工事の完成です。全体的に色褪せや汚れが進行していましたが、カラーもイメージを変えとても綺麗で素敵な仕上がりとなりました。淡いブラウンにホワイトの付帯部がとてもいいですね★ブラウン系カラー、現在とても人気色です(^^)

 

最近のお問い合わせは、「ハウスメーカーで塗装を勧められたけど高すぎる」「やたら訪問販売の人が来てしつこい」という事がきっかけで、弊社へのお見積りをして頂く事が多いです。業者さんの中には、「今すぐやらないと雨漏りする」とかお客様を不安にさせてしまうような業者さんもいるようですが、そういった緊急性は、なかなか無い事だと思います。お客様を焦らせる、不安にさせるような業者さんはあまり良いとは思えませんので、ご注意くださいね。

ですが、そういった業者さんに塗装を勧められるということは塗装時期であるという事は確かだと思います。高額な工事になりますから、業者選びは慎重にご家族とよく話し合って検討されることをお勧めします。高額な値引き、上記に記載した不安を煽るような事言ったり、契約を急かす業者さんは絶対にダメです。家の状態を良く説明してくれて、お客様の希望もしっかり聞いてくれる、なにより安心できるなと思う業者さんを選んでくださいね。

弊社でも、お客様のご希望に合わせた塗装ができるよう努めております。ご予算がある場合もお気軽にご相談くださいね。

外壁塗装のご予約も承り中です!お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

結城市N様邸 外壁塗装 色褪せやシーリングひび割れなど塗り替え時期でした チラシを見てのお問い合わせありがとうございます!!

2020年05月25日

結城市N様邸 外壁塗装 施工前全景

施工前全景です。外壁:ALC

外壁は色褪せやチョーキング、シーリングの割れが進行していました。

 

塗装工事前の状態です(現地調査時)

 

    

    

結城市N様邸の現地調査時の状態です。外壁は触ってみると粉状の汚れが付着します。これは古い塗装の膜が粉状となって剥がれ落ちるチョーキングという現象です。塗り替え時期のサインでもあります。シーリング部のひび割れも進行していました。

付帯部も特にスチール部の色褪せが目立ちました。錆びてしまう可能性もありますので、早めの塗り替えで長持ちさせていきたいですね。

塗装の工程です

    

足場設置とメッシュ養生完了です!!施工の初日は高圧洗浄です。長年の汚れや埃が多く付着していますので、しっかり綺麗に洗い流していきます。カビや藻などの原因となる雑菌も落とすことができます。特に、古い塗膜が剥がれていた場所もありましたので洗浄で綺麗にできるところまでしっかり落としていきます。

 

    

   

外壁シーリング工事です。今回の外壁はALCですので、現状に追加充填していく工法です。プライマーというシーリングの下塗りを塗布した後に、新規シーリング剤を充填していきます。ALCのシーリングは通常サイディング外壁シーリングの約4倍の長さがあります。シーリングのひび割れからの雨漏り事例も多いですし、何よりセメント系の外壁は水に弱い素材です。ですからシーリングの補修はもちろん、外壁塗装で防水性を高めることもとても大切な事になります。

 

ビニール養生です。これからメインの塗装に入っていきますので、汚れ防止のためにもしっかり養生を行います。約2、3週間の塗装工事になりますので、お住まいの方のストレスとならないよう養生には配慮しています。特に玄関周りは出入りの多い部分ですので、足元の養生は滑りにくいものにしたり、玄関扉も通常通り開け閉めできるようにしてあります。エアコン、換気扇も通常通り使用できますのでご安心くださいね。

 

    

軒天塗装です。軒天は綺麗に見えても湿気の影響で下地が湿っていたり、ふやけていたりすることがあります。塗装の際は、湿気に強い塗装を行い、できるだけ乾いた状態を保てるようにします。

汚れが溜まりやすかったり、蜘蛛の巣が張りやすい状態の場合は要注意です。また、雨染みがある場合は早めに補修をした方が良いと思います。簡易補修は弊社でも対応できます。お気軽にご相談くださいね。

 

    

外壁の下塗りです。築20年前後となってくると、外壁の色褪せなど見た目の劣化も感じますが外壁下地の状態も悪くなってきます。特に今回のALCのようなセメント系の外壁は防水性が低いので、下地が弱くなりやすいです。弱ってしまった下地を強く丈夫にさせるのが、下塗りです。下地にしっかり浸透し、脆くなってしまった外壁を復活させることができます。

 

    

外壁の上塗りです。下塗りをしっかり行いましたので、外壁の状態もよくなりスムーズに作業が進みます。上塗りは表面コーティングの役割です。前回行った、下塗りは下地を強くする。上塗りは下地や外壁を守る役割です。上塗りのグレードは様々ですが、外壁に負担をかけないためにはできるだけ高グレードで長持ちさせることです。あまり耐久性のない塗装をしてしまうと、ほんの数年で艶がなくなり、10年以内に塗り替え時期となってしまいます。下塗りも含め、上塗り材のグレードについては、現地調査で確認させて頂き検討しています。

 

    

スチール製付帯部の塗装です。付帯部の中にはスチール製のものが多くあります。庇、換気フード、シャッターボックスなど屋根や外壁と同じように紫外線や風雨の影響が大きい割に、素材的にはあまり耐久性は低いような気がします。スチール製ですので、色褪せが進行すると錆びやすくなります。錆は進行すると結構厄介で、穴あきなど破損してしまうこともあります。錆びないように下塗りには錆止め材を使用します。上塗りはできるだけ高耐久塗装を行い、外壁同様長持ちさせていけたらと思います。

 

    

雨樋の塗装です。雨樋は凸凹があったり、丸みがあったりと形状が色々ですので細かいところまで丁寧に仕上げていきます。最近では、雨樋の交換を承る事が増えてきました。台風で破損したり、外れてしまったという家が多いです。雨樋が壊れてしまうと、雨が降った時に雨水の流れが悪くなってしまいますので、外壁に何らかの影響が出てしまうこともあります。雨樋交換もお気軽にお申しつけ頂けたらと思います(^^)

 

雨戸の塗装です。最近ではシャッターボックスの家が増えていますが、塗り替え時期の家はまだまだ雨戸の家がほとんどです。雨戸は凹凸がありますので、基本的に吹き付け塗装で仕上げていきます。艶も出てとても綺麗になりますよ★

 

   

結城市N様邸 外壁塗装工事の完成です。外壁の色褪せやシーリング割れが進行していましたが綺麗になりました。耐久性も抜群ですのこれからも長持ちしてくれるでしょう(^^)

今回のようなALC外壁は通常のサイディング外壁よりもシーリング部が3倍~4倍長いですのでメンテナンスも重要です。また、セメント系は防水性が低いため塗装で防水機能を高めていく必要があります。より長持ちさせていくために、定期メンテナンスは10年に1度行うようにしましょう。

 

最近のお問い合わせは、「ハウスメーカーで塗装を勧められたけど高すぎる」「やたら訪問販売の人が来てしつこい」という事がきっかけで、弊社へのお見積りをして頂く事が多いです。業者さんの中には、「今すぐやらないと雨漏りする」とかお客様を不安にさせてしまうような業者さんもいるようですが、そういった緊急性は、なかなか無い事だと思います。お客様を焦らせる、不安にさせるような業者さんはあまり良いとは思えませんので、ご注意くださいね。

ですが、そういった業者さんに塗装を勧められるということは塗装時期であるという事は確かだと思います。高額な工事になりますから、業者選びは慎重にご家族とよく話し合って検討されることをお勧めします。高額な値引き、上記に記載した不安を煽るような事言ったり、契約を急かす業者さんは絶対にダメです。家の状態を良く説明してくれて、お客様の希望もしっかり聞いてくれる、なにより安心できるなと思う業者さんを選んでくださいね。

弊社でも、お客様のご希望に合わせた塗装ができるよう努めております。ご予算がある場合もお気軽にご相談くださいね。

外壁塗装のご予約も承り中です!お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

古河市N様邸 外壁塗装 シーリングのひび割れが目立ちました ホームページからのお問い合わせありがとうございます!!

2020年05月8日

古河市N様邸 外壁塗装 施工前全景

施工前全景です。外壁:サイディング

外壁はひび割れ、シーリングの割れが進行していました。

 

塗装工事前の状態です(現地調査時)

 

    

    

古河市N様邸 現地調査時の状態です。全体的に色褪せや汚れが進行、特にシーリングのひび割れg目立ちました。窯業系サイディングボードの家は、新築から約10年経過すると見た目は綺麗そうでもシーリングのひび割れが目視でも確認できるほどになっている場合が多いです。シーリングからも雨水浸水は内部を傷めてしまう事もありますので、割れている事に気づいたときは早めの処置をお勧めします。

塗装の工程です

    

外壁シーリング工事です。高圧洗浄は完了しました!!写真を取り忘れてしまいました…、すみません^^;まずは古いシーリング材を丁寧に撤去していきます。簡単には取れませんから、撤去だけでも丸1日かかってしまうこともあります。

 

    

新規シーリング剤の充填です。プライマーというシーリングの下塗り材を塗布してから、新規剤を充填していきます。使用しているのはオートンイクシードです。最近ではお客様でもご存じの方が多い、このシーリング剤。とても耐久性がよく人気です。弊社は施工認定店です。塗装屋ですが、シーリング施工も専門にできますので、ご安心くださいね。

 

    

軒天塗装です。軒天は見た目は綺麗でも、触ってみると湿気の影響で傷んでいる場合があります。汚れが溜まりやすかったり、蜘蛛の巣が張りやすいなんていう場合は要注意です。塗装の際は湿気に強い塗料を使用し、できるだけ乾いた状態を保てるようにします。

また、雨染みなどがある場合は雨漏りしている可能性がありますので早めの処置が必要です。部分的な劣化でしたら、張替えも承る事ができます。お気軽にご相談くださいね。

 

外壁塗装の下塗りです。下塗りは、これから外壁を長持ちさせていくためにとても重要な工程です。材質や環境によって外壁の状態は様々です。全く同じ家でも、環境によって傷み具合は変わります。外壁の状態に合った下塗り材を選ぶ事で、下地から強く丈夫になり外壁そのものの長持ちに繋がります。上塗り材は、あくまでも仕上げです。仕上げである上塗りの効果を存分に発揮させるためにも下塗り選びは慎重に行います。

 

    

外壁の上塗り塗装です。下塗りをしっかり行いましたので、外壁の状態も良くなり上塗りはスムーズに進められます。上塗りのグレードはお見積りの際に3種類程度、お客様にご提案して選んで頂いています。基本的にはシリコン又はラジカル制御系、フッ素又は無機ハイブリッド系で見積を作成しています。弊社は完全自社施工ですので、高グレードでもハウスメーカーや大手リフォーム会社様よりは安く高品質でご提供できるかと思います。現地調査も施工の職人が行いますので、より詳しくご説明できます。お気軽にお問い合わせくださいね(^^)

 

    

雨樋等の付帯部塗装です。付帯部も家にとって大切な部位です。外壁と同じように経年劣化していきますので、外壁塗装と一緒に塗装等のメンテナンスが必要になってきます。雨樋はあまり丈夫でない素材の場合もあります。紫外線や風雨の影響により、硬化して割れてしまったなんてことも多いです。塗装の場合は、付帯部こそ高グレード塗装をお勧めしています。せっかく外壁が高グレードとそうなのに付帯部はあまり耐久性のよくない塗装をしてしまうと…。数年後残念なことになってしまうことがご想像できるかと思います。付帯部がしっかり塗装してあると、家もかっこよく高級感ある雰囲気になりますよ(^^)

 

    

スチール製の付帯部塗装です。スチールは色褪せが進行すると錆てしまう可能性があります。錆は生活の中でもよく見かけることですし、そのまで大きな劣化と思わない方も多いと思います。ですが、進行すると穴あきなどの破損にも繋がります。場所によっては雨漏りの原因となる場合もありますので錆びる前の塗装をお勧めします。

 

   

   

古河市N様邸の外壁塗装工事完了です。特に傷んでいたシーリングも高耐久のものを使用し綺麗に丈夫になりました!!サイディング外壁の家はシーリングから傷んできます。細かいひび割れ、変色、亀裂などが目視で確認できるようになったら外壁も塗り替えのサインです。定期メンテナンスは家を長持ちさせますから、ぜひ塗装屋さんへご相談してみてくださいね。

 

最近のお問い合わせは、「ハウスメーカーで塗装を勧められたけど高すぎる」「やたら訪問販売の人が来てしつこい」という事がきっかけで、弊社へのお見積りをして頂く事が多いです。業者さんの中には、「今すぐやらないと雨漏りする」とかお客様を不安にさせてしまうような業者さんもいるようですが、そういった緊急性は、なかなか無い事だと思います。お客様を焦らせる、不安にさせるような業者さんはあまり良いとは思えませんので、ご注意くださいね。

ですが、そういった業者さんに塗装を勧められるということは塗装時期であるという事は確かだと思います。高額な工事になりますから、業者選びは慎重にご家族とよく話し合って検討されることをお勧めします。高額な値引き、上記に記載した不安を煽るような事言ったり、契約を急かす業者さんは絶対にダメです。家の状態を良く説明してくれて、お客様の希望もしっかり聞いてくれる、なにより安心できるなと思う業者さんを選んでくださいね。

弊社でも、お客様のご希望に合わせた塗装ができるよう努めております。ご予算がある場合もお気軽にご相談くださいね。

外壁塗装のご予約も承り中です!お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

結城市S様邸 外壁塗装 木製付帯部が傷んでいました HPからのお問い合わせありがとうございます!!

2020年04月24日

結城市S様邸 外壁塗装 施工前全景

施工前全景です。外壁:金属サイディング、漆喰

色褪せ、チョーキングが進行していました。木製付帯部の傷みが進行していました

 

塗装工事前の状態です(現地調査時)

   

   

結城市S様邸 現地調査時の状態です。全体的に色褪せや汚れが進行していて塗り替え時期でした。木製の付帯部は表面の塗膜が剥がれ、下地が傷んできてしまいそうな状態でした。傷みが進行している部分は表面を綺麗にしつつ、塗装を進めていきたいと思います。

 

塗装の工程です

高圧洗浄です。長年の汚れや埃が多く付着していますので、しっかり綺麗に洗い流していきます。カビや藻などの原因となる雑菌も落とすことができます。特に、古い塗膜が剥がれていた場所もありましたので洗浄で綺麗にできるところまでしっかり落としていきます。

 

    

外壁の漆喰部分の補修です。ひび割れが進行していましたので、補修を行いました。漆喰の補修はよくご依頼があります。全体的に剥がれ落ちてしまったり、という案件もよくあります。傷みがひどくなってからですと内部を傷めてしまう事になりますので、ひび割れが発生している場合は早めのメンテナンスをお勧めします。

 

    

外壁、軒天の上塗りです。外壁上部と軒天は漆喰でしたので湿気に強い塗装を行いました。外壁が金属サイディングで上の方だけが漆喰になっているという家は多いですね。弊社でもよく対応させて頂いております。よく見られる状態が、漆喰部のひび割れや剥がれです。進行すると大規模な補修となってしまう場合もありますので、うっすらでもひび割れがある場合は早めに補修の依頼をした方がよいです。

 

外壁(金属サイディング部)の下塗りです。金属製ですので、色褪せから錆びてしまう事あります。下塗りには錆止め材を使用し、錆から外壁を守ります。

 

    

外壁の上塗りです。上塗り材も材質に合わせて選定したものを、お客様に選んで頂き決定します。弊社のご案内プランは2~3種類ご提出しますが、どれを選んでもご満足頂ける仕上がりとなりますのでご安心くださいね(^^)

 

   

付帯部塗装です。金属部の下塗りを中心に塗装をしている写真です。付帯部には金属製のものが沢山あります。その中でも樋の留め具、配線、配管なども塗装ができる部位です。錆びると錆や剥がれなどで破損しやすいものもありますので、塗装で耐久性アップさせて長持ちさせましょう。

 

     

     

木製付帯部の塗装です。付帯部の中には木製のものも多いですね。木は材質の中でもとても繊細な材質です。紫外線、風雨、湿気の影響を大きく受けやすく5年に1度の塗り替えが理想とされています。でも、実際のところ10年、20年そのままという場合がほとんどです。木製専用の塗装をし、綺麗にすることは可能です。色の種類も沢山ありますので、気分転換にもなりますね。

 

    

結城市S様邸の塗装工事完成です。現地調査の際、木部の傷みが進行している事が気になりました。下塗りから丁寧に行いましたので、綺麗になりました。塗装は表面が綺麗になるだけでなく、下地から丈夫にしていく効果もあります。それが長持ちに繋がります(^^)

 

最近のお問い合わせは、「ハウスメーカーで塗装を勧められたけど高すぎる」「やたら訪問販売の人が来てしつこい」という事がきっかけで、弊社へのお見積りをして頂く事が多いです。業者さんの中には、「今すぐやらないと雨漏りする」とかお客様を不安にさせてしまうような業者さんもいるようですが、そういった緊急性は、なかなか無い事だと思います。お客様を焦らせる、不安にさせるような業者さんはあまり良いとは思えませんので、ご注意くださいね。

ですが、そういった業者さんに塗装を勧められるということは塗装時期であるという事は確かだと思います。高額な工事になりますから、業者選びは慎重にご家族とよく話し合って検討されることをお勧めします。高額な値引き、上記に記載した不安を煽るような事言ったり、契約を急かす業者さんは絶対にダメです。家の状態を良く説明してくれて、お客様の希望もしっかり聞いてくれる、なにより安心できるなと思う業者さんを選んでくださいね。

弊社でも、お客様のご希望に合わせた塗装ができるよう努めております。ご予算がある場合もお気軽にご相談くださいね。

外壁塗装のご予約も承り中です!お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

筑西市S様邸 外壁塗装 シーリングのひび割れが目立ちました OB様のご近所様です ありがとうございます!!

2020年04月11日

筑西市S様邸 外壁塗装 施工前全景

   

施工前全景です。外壁:サイディング、金属サイディング

サイディングは色褪せ、シーリングの割れが進行していました。金属サイディングは色褪せ、錆も少々見受けられました。

 

塗装工事前の状態です(現地調査時)

   

筑西市S様邸の現地調査時の状態です。外壁はサイディングと金属サイディングの2種類になっています。母屋と離れに分かれています。サイディングの方はシーリング部のひび割れが進行しています。金属サイディングの方は色褪せから、少しずつ錆が発生してきています。

   

軒天が湿気で傷んでいる部分がありました。ベランダも防水機能が低下し、色褪せや汚れが進行しています。

塗装の工程です

    

高圧洗浄です。長年の汚れや埃が多く付着していますので、しっかり綺麗に洗い流していきます。カビや藻などの原因となる雑菌も落とすことができます。

 

    

外壁のシーリング部を撤去します。築10年を過ぎてくると、写真のような細かいひび割れが目視で確認できるほどになってくることが多いです。ほかにも、亀裂のように割れてしまったり、変色してしまう場合もあります。いずれも打ち換え時期です。今回はクリアー塗装なので、新規剤の充填は塗装後になります。古いシーリングを撤去していくのも結構時間がかかります。丸1日かかることもありますよ

 

    

軒天塗装です。今回は湿気による傷みが見受けられましたので、部分的に補修を行い下塗りも入れました。軒天は紫外線や風雨の影響は受けにくい場所ですので汚れ程度であまり大きな破損はないということが多いですが、環境によって雨漏りしているということもあります。軒天を見たときに、雨染みのような汚れがあったり、下地が浮いているような感じがあったときは早めに点検をしてもらってください。高所ですので、必ず業者さんに見てもらってくださいね。

 

金属サイディング部の外壁下塗りです。錆び止め材を使用し、錆から外壁を守ります。外壁材は様々な種類があります。塗り替えをするのは築15年~20年が経過している家ですから、傷んでしまっている状態に合わせた塗装をしないと、なかなか長持ちさせていくのは難しいと思います。

最近では新築の際に「メンテナンスフリー(半永久的に塗り替えをしなくても大丈夫)」と言われた外壁材が結局塗り替えをしなければならない状態になっています。そういった外壁でも、塗り替えできるよう、メーカーが下塗り塗料を出しています。もし、そういった事でお困りの場合はお気軽にご相談頂けたらと思います。

 

   

金属サイディング部の上塗りです。上塗りに関しては、2~3種類のプランから選んで頂いております。最近では低価格でも機能性(汚れに強い、艶感)の良いものが多く出ていますので、グレードの違いはどれだけ長持ちするか、というところだと思います。

 

    

柄付きのサイディング部はクリアー塗装です。下塗りはしませんので、上塗りのみ3回塗りです。クリアーの場合は下塗り無し、無色透明ということで、フッ素系のクリアー塗装をお勧めします。透明ですが、艶感と塗料の厚みがでますので、少しだけ色が暗く落ち着いたイメージになります。光に当たった時の艶感はとても良いですよ(^^)新築時に決めたオシャレな外壁柄をそのままにしたい、という方にはお勧めです。

 

   

外壁シーリング工事です。今回はクリアー塗装を行いましたので、シーリングは後打ちになります。シーリングの上に塗装はしませんので、より耐久性のよいシーリング剤を使用します。オートンイクシードは、お客様もご存じの方が増えている、高耐久シーリング剤です。弊社は認定施工店ですのでご安心くださいね。色も豊富なのが魅力です。外壁に合わせた色を選ぶことができますよ。

 

    

付帯部塗装です。今回は雨樋を中心に作業をしました。雨樋は凹凸があったり、複雑な形をしている部分があったりしますので小さな刷毛なども使いながら丁寧に仕上げていきます。毎回お話していますが、付帯部こそ高耐久塗装をしてほしいと考えております。築20年前後ですと、素材そのものに耐久性がないものがあります。経年劣化で割れてしまい、交換させて頂いている事もあります。塗装は一番安価で建物にも優しいリフォームですので、長持ちさせていくためにも、できれば10年に1度はメンテナンスをしてほしいなと思っています。

 

        

スチール製の付帯部塗装です。付帯部にはスチール製のものが多くあります。色褪せなどが進行すると、だんだん錆びやすい状態になってきます。錆びは進行すると穴あきなどの破損にも繋がりますので、色褪せてきたころに塗装をすることをお勧めします。もし、錆が酷い場合は錆の進行を抑制する塗料もありますので、お気軽にご相談くださいね

 

    

    

筑西市S様邸 外壁塗装工事の完成です。今回は2種類の外壁でしたので、それぞれに合った塗装を行いました。全体的に統一感のあるカラーになりました。外壁塗装の際、色はどうしよう…と、迷ってしまう方は多いです。家の雰囲気によっても合うカラーは変わってきますし、流行色でも色の使い方によってはしっくりこない場合もあります。弊社では、沢山の施工事例がありますので、その中から参考にして頂けたらと思っています。

 

最近のお問い合わせは、「ハウスメーカーで塗装を勧められたけど高すぎる」「やたら訪問販売の人が来てしつこい」という事がきっかけで、弊社へのお見積りをして頂く事が多いです。業者さんの中には、「今すぐやらないと雨漏りする」とかお客様を不安にさせてしまうような業者さんもいるようですが、そういった緊急性は、なかなか無い事だと思います。お客様を焦らせる、不安にさせるような業者さんはあまり良いとは思えませんので、ご注意くださいね。

ですが、そういった業者さんに塗装を勧められるということは塗装時期であるという事は確かだと思います。高額な工事になりますから、業者選びは慎重にご家族とよく話し合って検討されることをお勧めします。高額な値引き、上記に記載した不安を煽るような事言ったり、契約を急かす業者さんは絶対にダメです。家の状態を良く説明してくれて、お客様の希望もしっかり聞いてくれる、なにより安心できるなと思う業者さんを選んでくださいね。

弊社でも、お客様のご希望に合わせた塗装ができるよう努めております。ご予算がある場合もお気軽にご相談くださいね。

外壁塗装のご予約も承り中です!お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

大切なお住まいを長持ちさせる外壁・屋根の「無料診断」「無料見積り」「無料相談」はこちら
作業現場から
This error message is only visible to WordPress admins
Error: Cannot add access token directly to the shortcode.