施工中カテゴリー 結城市N様邸 | 屋根・外壁塗装の彩家です。

塗装工事に携わり27年。「彩家さんに頼んでよかった!」とお声を頂く安心の塗装工事。
株式会社彩家
0120-029-668

ただいま施工中(結城市N様邸)

結城市N様邸 外壁塗装 色褪せやシーリングひび割れなど塗り替え時期でした チラシを見てのお問い合わせありがとうございます!!

2020年05月25日

結城市N様邸 外壁塗装 施工前全景

施工前全景です。外壁:ALC

外壁は色褪せやチョーキング、シーリングの割れが進行していました。

 

塗装工事前の状態です(現地調査時)

 

    

    

結城市N様邸の現地調査時の状態です。外壁は触ってみると粉状の汚れが付着します。これは古い塗装の膜が粉状となって剥がれ落ちるチョーキングという現象です。塗り替え時期のサインでもあります。シーリング部のひび割れも進行していました。

付帯部も特にスチール部の色褪せが目立ちました。錆びてしまう可能性もありますので、早めの塗り替えで長持ちさせていきたいですね。

塗装の工程です

    

足場設置とメッシュ養生完了です!!施工の初日は高圧洗浄です。長年の汚れや埃が多く付着していますので、しっかり綺麗に洗い流していきます。カビや藻などの原因となる雑菌も落とすことができます。特に、古い塗膜が剥がれていた場所もありましたので洗浄で綺麗にできるところまでしっかり落としていきます。

 

    

   

外壁シーリング工事です。今回の外壁はALCですので、現状に追加充填していく工法です。プライマーというシーリングの下塗りを塗布した後に、新規シーリング剤を充填していきます。ALCのシーリングは通常サイディング外壁シーリングの約4倍の長さがあります。シーリングのひび割れからの雨漏り事例も多いですし、何よりセメント系の外壁は水に弱い素材です。ですからシーリングの補修はもちろん、外壁塗装で防水性を高めることもとても大切な事になります。

 

ビニール養生です。これからメインの塗装に入っていきますので、汚れ防止のためにもしっかり養生を行います。約2、3週間の塗装工事になりますので、お住まいの方のストレスとならないよう養生には配慮しています。特に玄関周りは出入りの多い部分ですので、足元の養生は滑りにくいものにしたり、玄関扉も通常通り開け閉めできるようにしてあります。エアコン、換気扇も通常通り使用できますのでご安心くださいね。

 

    

軒天塗装です。軒天は綺麗に見えても湿気の影響で下地が湿っていたり、ふやけていたりすることがあります。塗装の際は、湿気に強い塗装を行い、できるだけ乾いた状態を保てるようにします。

汚れが溜まりやすかったり、蜘蛛の巣が張りやすい状態の場合は要注意です。また、雨染みがある場合は早めに補修をした方が良いと思います。簡易補修は弊社でも対応できます。お気軽にご相談くださいね。

 

    

外壁の下塗りです。築20年前後となってくると、外壁の色褪せなど見た目の劣化も感じますが外壁下地の状態も悪くなってきます。特に今回のALCのようなセメント系の外壁は防水性が低いので、下地が弱くなりやすいです。弱ってしまった下地を強く丈夫にさせるのが、下塗りです。下地にしっかり浸透し、脆くなってしまった外壁を復活させることができます。

 

    

外壁の上塗りです。下塗りをしっかり行いましたので、外壁の状態もよくなりスムーズに作業が進みます。上塗りは表面コーティングの役割です。前回行った、下塗りは下地を強くする。上塗りは下地や外壁を守る役割です。上塗りのグレードは様々ですが、外壁に負担をかけないためにはできるだけ高グレードで長持ちさせることです。あまり耐久性のない塗装をしてしまうと、ほんの数年で艶がなくなり、10年以内に塗り替え時期となってしまいます。下塗りも含め、上塗り材のグレードについては、現地調査で確認させて頂き検討しています。

 

    

スチール製付帯部の塗装です。付帯部の中にはスチール製のものが多くあります。庇、換気フード、シャッターボックスなど屋根や外壁と同じように紫外線や風雨の影響が大きい割に、素材的にはあまり耐久性は低いような気がします。スチール製ですので、色褪せが進行すると錆びやすくなります。錆は進行すると結構厄介で、穴あきなど破損してしまうこともあります。錆びないように下塗りには錆止め材を使用します。上塗りはできるだけ高耐久塗装を行い、外壁同様長持ちさせていけたらと思います。

 

    

雨樋の塗装です。雨樋は凸凹があったり、丸みがあったりと形状が色々ですので細かいところまで丁寧に仕上げていきます。最近では、雨樋の交換を承る事が増えてきました。台風で破損したり、外れてしまったという家が多いです。雨樋が壊れてしまうと、雨が降った時に雨水の流れが悪くなってしまいますので、外壁に何らかの影響が出てしまうこともあります。雨樋交換もお気軽にお申しつけ頂けたらと思います(^^)

 

雨戸の塗装です。最近ではシャッターボックスの家が増えていますが、塗り替え時期の家はまだまだ雨戸の家がほとんどです。雨戸は凹凸がありますので、基本的に吹き付け塗装で仕上げていきます。艶も出てとても綺麗になりますよ★

 

   

結城市N様邸 外壁塗装工事の完成です。外壁の色褪せやシーリング割れが進行していましたが綺麗になりました。耐久性も抜群ですのこれからも長持ちしてくれるでしょう(^^)

今回のようなALC外壁は通常のサイディング外壁よりもシーリング部が3倍~4倍長いですのでメンテナンスも重要です。また、セメント系は防水性が低いため塗装で防水機能を高めていく必要があります。より長持ちさせていくために、定期メンテナンスは10年に1度行うようにしましょう。

 

最近のお問い合わせは、「ハウスメーカーで塗装を勧められたけど高すぎる」「やたら訪問販売の人が来てしつこい」という事がきっかけで、弊社へのお見積りをして頂く事が多いです。業者さんの中には、「今すぐやらないと雨漏りする」とかお客様を不安にさせてしまうような業者さんもいるようですが、そういった緊急性は、なかなか無い事だと思います。お客様を焦らせる、不安にさせるような業者さんはあまり良いとは思えませんので、ご注意くださいね。

ですが、そういった業者さんに塗装を勧められるということは塗装時期であるという事は確かだと思います。高額な工事になりますから、業者選びは慎重にご家族とよく話し合って検討されることをお勧めします。高額な値引き、上記に記載した不安を煽るような事言ったり、契約を急かす業者さんは絶対にダメです。家の状態を良く説明してくれて、お客様の希望もしっかり聞いてくれる、なにより安心できるなと思う業者さんを選んでくださいね。

弊社でも、お客様のご希望に合わせた塗装ができるよう努めております。ご予算がある場合もお気軽にご相談くださいね。

外壁塗装のご予約も承り中です!お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

大切なお住まいを長持ちさせる外壁・屋根の「無料診断」「無料見積り」「無料相談」はこちら
作業現場から