施工中カテゴリー 筑西市幸町I様邸 | 屋根・外壁塗装の彩家です。

塗装工事に携わり27年。「彩家さんに頼んでよかった!」とお声を頂く安心の塗装工事。
株式会社彩家
0120-029-668

ただいま施工中(筑西市幸町I様邸)

筑西市I様邸 屋根塗装 外壁塗装 屋根の傷みが進行していました 塗装で下地から丈夫に復活します!!

2019年08月19日

筑西市I様邸 屋根・外壁塗装 施工前全景

施工前全景です。屋根:コロニアル、外壁:金属サイディング

全体的に色褪せが進行、屋根・外壁共に塗替え時期です

 

塗装工事前の状態です(現地調査時)

      

現地調査時の状態です。写真を見て分かるように屋根の傷みが酷いです。コロニアル・スレート屋根は軽量・安価で新築時はお勧めされる屋根材のようですので、使われている家はとても多いです。ですが様々な家を現調していますが新築から10年を経過すると、環境によってはかなり酷い状態になっているのも目の当たりにしています。屋根は家を守る一番重要な部位と言ってもいいほど大切な部分です。屋根を下から見て、「色褪せてるな」とか「汚れてきたな」と感じたら塗替え時期です。気になる方は、早めに業者さんに相談してみてくださいね。

 

塗装の工程です★

    

高圧洗浄です。「家を洗う」というのは、おそらく新築からやっていないことだと思いまうすので、長年の汚れや誇りなどを隅々まできれいに洗い流します。屋根洗浄で使う、トルネード洗浄は外壁の洗浄よりもパワーがありますので、洗うというより水の力で削ぎ落すというほうが合っているかもしれません。古い塗装の膜、カビや藻などの雑菌、コケなども綺麗に落としていきます。

    

屋根下塗りです。高圧洗浄をやったので、だいぶさっぱりしましたね。傷んでしまった屋根ですが、下塗りで下地から強く丈夫に復活させる事ができます。下塗りにも色々な種類があります。下地や素材によって、また状態によっても最適な下塗り材を選ばせて頂いています。場合によっては2種類の下塗り材を使用しより強靭な下塗りを行う事もあります。どんなにグレードの高い上塗り材を使用しても、下塗りに手を抜いてしまってはせっかくの上塗り材を台無しにしてしまう可能性もあります。

 

    

屋根塗装の下地処理です。屋根材に差し込んでいるのは「タスペーサー」といって、屋根の通気を保つために効果のあるものです。コロニアル屋根は、屋根材の隙間が経年と共に埋まってしまい通気が取れなくなり、湿気が溜まりやすい状態になります。湿気の影響でコケが発生したり、剥がれの原因にもなります。屋根の通気を保つことはとても大切な事なのですよ。

塗装をしている写真は棟板金へ錆止め塗装をしています。スチール製ですので色褪せから錆びてしまう可能性があります。長持ちさせていくためには下地に合った塗装をすることですね。

 

        

屋根塗装の上塗りです。下塗りや下地処理をしっかり行いましたので屋根材の状態もだいぶよくなっています。上塗りである仕上げ塗装は、下地の状態を整えてから行うことが基本です。最近のお客様は、できるだけ高グレード塗装をして長持ちさせたいという方が増えています。弊社では、現状に合ったプランをご提案できます。傷んでしまっていても下塗りや補修で現状回復できる場合もあります。まずはご相談くださいね。

 

       

軒天塗装です。現地調査をしたときに、軒天はあまり傷んでいないという場合がほとんどです。屋根や外壁のように強い紫外線や風雨に当たることはほとんどありませんので比較的綺麗な状態ということが多いですね。ですが、気を付けていただきたいのが湿気です。日も当たらない、風通しもあまりよくないですので一度湿気が溜まると乾くまでに時間がかかります。見た目はきれいでも表面がブヨブヨとしてきてしまったり、よくみたら雨漏りのような染みがあることもあります。湿気が溜まりやすい軒天ですので、塗装の際は湿気に強い塗装を行い乾きやすい状態を保てるように仕上げていきます。

 

    

外壁シーリング工事です。今回のシーリングは窓枠等のサッシ廻りと付帯部廻りのみです。シーリング部は築10年頃になるとひび割れがや変色などが見られるようになりますので、必ずメンテナンスが必要です。細かい割れでも、微量の雨水が入り込みます。徐々に内部を傷めてしまう可能性もあります。付帯部廻りのシーリング部には、塗装剥がれ防止の塗装をし補強もします。

 

      

雨樋と配管の留め具が錆びていましたので補強材を塗装します。この塗料は、磨いても落としきれないような錆でも進行を止めてくれる塗料です。付帯部はスチール製のものが多く錆が進行してお困りの方もいます。補修を重ねて綺麗にすることができますので、お気軽にご相談くださいね。

 

         

外壁塗装の下塗りです。今回は金属サイディングですので下塗り材は錆止め材を使用しました。下塗り材は現状や下地に合った下塗り材を選ぶことが必須です。外壁塗装の見積もりをしてもらった場合は下塗りに何を使うかも気にしてみるといいですよ。

 

 

続きは随時更新します!!

 

最近のお問い合わせは、「ハウスメーカーで塗装を勧められたけど高すぎる」「やたら訪問販売の人が来てしつこい」という事がきっかけで、弊社へのお見積りをして頂く事が多いです。業者さんの中には、「今すぐやらないと雨漏りする」とかお客様を不安にさせてしまうような業者さんもいるようですが、そういった緊急性は、なかなか無い事だと思います。お客様を焦らせる、不安にさせるような業者さんはあまり良いとは思えませんので、ご注意くださいね。

ですが、そういった業者さんに塗装を勧められるということは塗装時期であるという事は確かだと思います。高額な工事になりますから、業者選びは慎重にご家族とよく話し合って検討されることをお勧めします。高額な値引き、上記に記載した不安を煽るような事言ったり、契約を急かす業者さんは絶対にダメです。家の状態を良く説明してくれて、お客様の希望もしっかり聞いてくれる、なにより安心できるなと思う業者さんを選んでくださいね。

弊社でも、お客様のご希望に合わせた塗装ができるよう努めております。ご予算がある場合もお気軽にご相談くださいね。

 

塗装の季節です!現地調査、お見積りのご依頼が増えてきました(*^_^*)★お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます。個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます。衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

大切なお住まいを長持ちさせる外壁・屋根の「無料診断」「無料見積り」「無料相談」はこちら
作業現場から