施工中カテゴリー 牛久市O様邸 | 屋根・外壁塗装の彩家です。

塗装工事に携わり27年。「彩家さんに頼んでよかった!」とお声を頂く安心の塗装工事。
株式会社彩家
0120-029-668

ただいま施工中(牛久市O様邸)

牛久市O様邸 ヘーベルハウス 外壁塗装 HPよりお問い合わせ頂きました ありがとうございます!!

2019年11月28日

牛久市O様邸 屋根塗装 外壁塗装 施工前全景

施工前全景です。外壁:ヘーベル外壁 ALC 屋根:コロニアル

全体的に色褪せが進行、塗替え時期です

 

塗装工事前の状態です(現地調査時)

   

ヘーベルハウスの外壁は何といってもシーリング箇所が多く、長さにすると通常サイディングの3~4倍の長さになります。それだけメンテナンスも重要になってきます。状態としては、見えにくいですが、細かいひび割れが進行しています。ヘーベルハウスの外壁(ALC)はセメント系でとても重厚感のある耐久性の良い外壁材なのですが、外壁そのものに防水機能がありませんので、新築後10年を目安に必ず塗装を行う必要があります。

屋根はコロニアルです。色褪せやコケのような汚れが進行していました。湿気も溜まっている状態でしたので湿気対策もしっかり行いたいと思います。

 

塗装の工程です

    

高圧洗浄です。屋根、外壁共に新築時からしっかり洗うのは初めてですから、丸1日かけてしっかり洗浄していきます。屋根はトルネード洗浄といって外壁の洗浄よりパワーのある洗浄方法で行います。長年の汚れ、埃。古くなってしまった塗装の膜、カビや藻などの原因となる雑菌なども綺麗に落としていきます。コケも落とせますよ。

 

   

屋根の下塗りです。コロニアル屋根は軽量安価で多くの家に使われている大変人気の屋根材です。ですが、傷み始める時期が早いという問題が最近では多く、沢山のお客様からご相談を受けております。屋根を下から見て、汚れているな、色褪せてきているなと感じたら塗り替え時期です。

傷んでしまった屋根のために、下塗り材で丈夫で強靭な屋根に復活させる事ができます。塗装で長持ちさせるためには下塗り選びもとても大切です!!

 

コロニアル屋根の湿気対策です。「タスペーサー」というものを設置します。コロニアル屋根は、通常屋根材と屋根材との間に隙間があり、通気を確保していますが、経年と共に隙間が埋まってしまい通気が取れなくなります。結果、湿気が溜まり湿気の影響でコケの発生や剥がれに繋がります。

隙間を開け、通気確保をする方法として「縁切り」という工法もあります。これは屋根材の隙間をカッターでカットしていく工法なのですが屋根材を傷めてしまうので弊社では行いません。

「タスペーサー」は屋根材の隙間に差し込み、強制的に通気を確保することができます。また、軽量ですので屋根への負担も軽減できます。

 

屋根の上塗り塗装です。棟部の塗装も一緒に行っています。屋根は厳しい環境から家を守る大切な部分です。できるだけ高グレードの塗装を行い、長持ちさせていくことで屋根への負担も軽減されます。外壁は普通グレード、屋根は高グレードでというプランの方がとても多いです。

 

    

シーリング工事です。ヘーベルハウス外壁のシーリングは通常のサイディングよりも施工箇所が多いです。トータルの長さにすると3倍から4倍あります。ヘーベルハウス外壁の目地は少しわかりにくいですが、よく見ると細かいひび割れが進行しています。

最初にマスキングテープ養生を行います。

    

プライマーというシーリング材の下塗りを行い、新規シーリング材を充填していきます。

通常サイディング、ヘーベル外壁のようなALCと専門的にシーリング工事もやらせて頂いていますので、ご安心ください。そのほかにも、付帯部廻りやサッシ廻りなど塗装の際はシーリング補修が必要な個所が沢山あります。シーリング劣化は雨漏りに繋がりますので、割れや変色等が見られる場合は早めに補修を行う事をお勧めします。

 

    

軒天塗装です。しっかり2回塗り、ブラックで仕上げました。

軒天は強い紫外線や風雨の影響がない分、屋根や外壁のような劣化は見受けられない事が多いです。ですがそのぶん湿気が溜まりやすく、汚れが溜まったり虫がいたりという事があります。塗装の際は湿気に強い塗料を使用し、できるだけ湿気の溜まりにくい状態を保ちます。

 

    

外壁塗装の下塗りです。今回は2種類の下塗り材を使用します。1種類目は浸透力の高い下塗り材です。弱く、脆くなってしまった外壁は、この下塗り材を塗るとどんどん吸い込みます。下地から強く丈夫にします。

ヘーベル外壁は、重厚感があり構造的にもとても耐久性が良いのですが、下地そのものに防水機能がないというデメリットがあります。防水機能は塗装で補うしか方法がありませんので、新築時から10年程度で必ず塗装を行ってほしいと思います。

 

    

外壁下塗りです。2種類目はこれから塗装をする上塗り材の密着性を高める下塗り材になります。また、外壁の見えにくい細かいひび割れもしっかり埋めてくれる機能もあります。写真のように元の色が分からないくらい真っ白になりますので、元の色の影響なく新しいカラーに塗り替えができます。

 

外壁の塗装の中塗りです。今回使用の「日本ペイント パーフェクトセラミックトップG」専用の中塗り材になります。色は上塗りと同じです。下塗りをしっかり行いましたので、表面が滑らかになり仕上げになるにつれて塗装もやりやすくなります(^^)仕上げまでしっかり行います!!

 

    

外壁の上塗り塗装です。今回は4回塗り仕上げになります。※光の影響で中塗り時のカラーと異なって見えます。

2種類の下塗り材、上塗り材は最高級の無機ハイブリッド塗料を使用しましたので、とても高級感のある仕上がりになっています。この上塗り材の魅力は「美しさの維持」。汚れに強い事が最大の魅力で沢山のお客様に選んで頂いております。

最高級、高グレード塗料ですが他店よりは少しお安く施工ができるかと思います。すべて自社施工であり高グレード塗料も多く扱っておりますので、ご検討中の方はお気軽にご相談くださいね(^^)/

 

   

雨樋などの付帯部塗装です。付帯部も家にとって大切な部位ですからメンテナンスが必要です。付帯部の素材は様々です。屋根材、外壁材よりも耐久性の低い場合が多いですから、その分傷んでしまうのも早いかもしれません。色褪せ、割れ、スチール製のものは錆などから守るためにもしっかりと塗装を行う事が必要です。

 

     

玄関扉塗装です。玄関扉に関しては素材によっては塗装ができないものもありますが、外壁やその他付帯部などが綺麗になって玄関扉や勝手口扉がそのままというのも残念な感じですので、できるだけ綺麗にできるようにさせていただいています。基本的には吹き付け塗装で仕上げていきます。塗装後すぐに乾きますので、お客様にご不便をおかけするのは塗装の施工中のみかと思います。

 

   

   

牛久市O様邸 ヘーベルハウス外壁塗装工事の完成です。今回は2種類の下塗り材に最高級の上塗り材を使用した4回塗り仕上げです。カラーは落ち着いたベージュ系のカラーでとても高級感のある見た目にもなりました。付帯部、軒天はブラックでとても締まってかっこよく見えますね!!塗装の際、色選びも大変悩まれる方が多いですので、アドバイスもさせて頂いております。近隣に施工現場がある場合はご案内もさせて頂いています。

 

最近のお問い合わせは、「ハウスメーカーで塗装を勧められたけど高すぎる」「やたら訪問販売の人が来てしつこい」という事がきっかけで、弊社へのお見積りをして頂く事が多いです。業者さんの中には、「今すぐやらないと雨漏りする」とかお客様を不安にさせてしまうような業者さんもいるようですが、そういった緊急性は、なかなか無い事だと思います。お客様を焦らせる、不安にさせるような業者さんはあまり良いとは思えませんので、ご注意くださいね。

ですが、そういった業者さんに塗装を勧められるということは塗装時期であるという事は確かだと思います。高額な工事になりますから、業者選びは慎重にご家族とよく話し合って検討されることをお勧めします。高額な値引き、上記に記載した不安を煽るような事言ったり、契約を急かす業者さんは絶対にダメです。家の状態を良く説明してくれて、お客様の希望もしっかり聞いてくれる、なにより安心できるなと思う業者さんを選んでくださいね。

弊社でも、お客様のご希望に合わせた塗装ができるよう努めております。ご予算がある場合もお気軽にご相談くださいね。

外壁塗装のご予約も承り中です!お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

大切なお住まいを長持ちさせる外壁・屋根の「無料診断」「無料見積り」「無料相談」はこちら
作業現場から