施工中カテゴリー 小山市G様邸 | 屋根・外壁塗装の彩家です。

塗装工事に携わり27年。「彩家さんに頼んでよかった!」とお声を頂く安心の塗装工事。
株式会社彩家
0120-029-668

ただいま施工中(小山市G様邸)

小山市G様邸 グランディハウス 屋根塗装 外壁塗装 全体的に色褪せが進行していました 流行のカラーに大変身!!仕上がりをお楽しみに!!

2020年11月21日

小山市G様邸 グランディハウス 屋根塗装 外壁塗装 施工前全景

   

施工前全景です。外壁:サイディング 屋根:コロニアル

外壁の色褪せやチョーキング、汚れ、シーリング劣化が目立ちました。屋根は汚れ、色褪せが目立ちます。

 

塗装工事前の状態です(現地調査時)

 

    

    

現地調査時の状態です。全体的に色褪せ、汚れが進行していました。外壁はシーリングの劣化が目立ちました。外壁とシーリング部との間に隙間ができてしまっています。雨水が入り込んでしまう可能性があります。屋根も色褪せ、汚れが進行していますが状態は比較的良いです。築10年前後になりますので、早めに塗装をすることで今後長持ちさせていけるといいですね。

 

塗装の工程です

 

    

足場設置・メッシュ養生の完了!!作業の初日は高圧洗浄です。長年の汚れや埃を綺麗に洗い流します。コケや雑菌なども除去します。

高圧洗浄ですが、ホームセンターなどで販売されている高圧洗浄機で家の洗浄を行っている方が増えています。もちろん綺麗にすることは良いことなのですが、水圧で洗浄した場所が傷ついてしまった、洗った水が飛び散ってご近所にご迷惑をかけてしまったなどのお話をよく聞きます。また、足場無しでの高所洗浄作業は大変危険です。無理をせず、専門業者さんに依頼してくださいね。

 

屋根の下塗りです。コロニアル屋根は軽量安価で、一時期とても人気の屋根材でした。しかし、10年も経たず傷みがみられるようになり環境によってはコケは剥がれの発生してしまっている事例もあります。塗り替えの際は、まず下塗りで下地を強化させていきます。弊社では日本ペイントのファインパーフェクトベスト強化シーラーをしようしています。コロニアル屋根に特化した下塗り材です。

 

    

タスペーサーの設置です。「タスペーサー」という言葉は、塗装屋さん以外ではなかなか聞いたことがないと言う方がほとんどです。コロニアル屋根は本来、屋根材と屋根材との間に隙間があり、通気を保っています。しかし経年と共に隙間が埋まり、通気が取れなくなり湿気が溜まりコケ、剥がれ、膨れなどの原因となります。

タスペーサーは屋根材の隙間に差し込み、強制的に通気を確保します。屋根材全てに差し込んでいきますので、とっても地味で手間の掛かる作業ですが^^;屋根長持ちのためには必須な工程です。

屋根材の通気確保のために「縁切り」という、隙間をカッターって切っていく作業もありますが、これは屋根材を傷付けてしまいますので弊社では行っていません。

 

    

屋根の上塗り塗装です。屋根は強い紫外線、風雨から家を守る大切な部位ですから定期メンテナンスで長持ちさせていくことは必須です。下塗りで下地から丈夫にしましたので、上塗りはより耐久性の良い塗装をお勧めしています。

   

屋根塗装の完成です!!

 

    

    

外壁シーリング工事です。サイディングの家は、まずシーリング部から傷みが見え始めます。細かいひび割れ、亀裂なような割れなど劣化状態は様々です。目に見えるひび割れになってくると雨水が入り込み、内部を傷めてしまったり外壁そのものの耐久性が低下してしまう可能性があります。シーリング打ち替え時期は新築から10年です。

シーリング工事は、まず古いシーリング材を撤去してからプライマー(下塗り)を行い、新規シーリング材を充填していきます。シーリング材はホームセンターで販売されているものではなく、業者のみが取り扱えるものです。取り扱いは難しいものですが、耐久性は抜群です。塗装屋ですがシーリングも専門に扱えますのでご安心下さいね。

 

    

軒天の塗装です。軒天は紫外線や風雨に当たりにくい場所ですので屋根や外壁ほどの傷みは見られない部分です。ですが、湿気が溜まりやすい場所ですので汚れが付きやすかったり、雨染みなどが見られる場合は注意が必要です。塗装の際は、湿気に強い塗装をし乾いた状態を保てるようにします。

 

    

外壁の下塗りです。塗装は、ただペンキで色を塗るだけではありません。一番重要なのは、経年劣化で傷んでしまった屋根や外壁、壊れてしまった部分の補修、そして元の状態に近いところまで復帰させる事。そのために、下塗りは大変重要な工程です。下塗りには、脆く弱ってしまった外壁の下地を強く丈夫に復活させる効果があります。新築から10年以上経過してくると、どんな家でも弱ってきます。同じ構造の家でも環境によって傷みや劣化状態が違いますから、傷んだ状態に合った下塗り材を選ぶ必要性があります。

 

   

外壁の上塗りです。下塗りをしっかり行いましたので、上塗りはとてもスムーズです。今回は全体的にダークカラーで仕上げています。新築でもブラックやダークグレーの家が増えてますよね(^^)塗り替え前とは、かなりイメージが変わってくると思います!!思い切ったカラーチェンジ、楽しみですね!!

 

    

   

付帯部を中心に塗装を行いました。雨樋や破風、他にも屋根・外壁以外に塗装が必要な個所は沢山あります。また、構造上とても細かい部分が多いですので塗り残しのないよう丁寧に作業を進めていきます。付帯部も全て、家を守るために大切な部分です。そのほとんどが、塗装によって長持ちします。破損してしまうと交換や修繕などで費用がかかりますから、色褪せを感じた程度で一度メンテナンスをしておくと、その後の長持ちに繋がるかと思います。

 

    

付帯部塗装の続きです。今回は特に破損もなく、大きな補修はありませんでした。付帯部も屋根や外壁のように塗装で長持ちさせる事ができます。改修工事とならないよう、家のメンテナンスを定期的に行う事が家の長持ちにも繋がります。

 

   

   

ベランダ防水塗装です。新築時、ベランダには防水がされていますが経年と共に防水機能は低下、新築から約10年程度でメンテナンスが必要な状態となります。ベランダの色褪せ、汚れが溜まりやすかったり水たまりができていたりしませんか?ベランダからの雨漏り事例はよくあります。雨漏りしてしまうと大きな補修となってしまう場合もありますので、ベランダの防水は10年に1度は必ず行いましょう。

 

  

小山市G様邸 グランディハウス塗装工事の完成です!!今回は、かなり思い切ったイメージチェンジです(^^)新築でも増えているブラック系(色としてはダークグレーです)で仕上げました。カッコいいですね。

   

   

シャッターボックスと軒天、換気フード等はアイボリー系の色なのでアクセントになっています。外壁の色もアップでみると、綺麗なグレーが分かるかと思います。

今回のようにハウスメーカーの塗装は年々増えています。お気軽に、ご相談頂けたら幸いです(^^)

 

 

最近のお問い合わせは、「ハウスメーカーで塗装を勧められたけど高すぎる」「やたら訪問販売の人が来てしつこい」という事がきっかけで、弊社へのお見積りをして頂く事が多いです。業者さんの中には、「今すぐやらないと雨漏りする」とかお客様を不安にさせてしまうような業者さんもいるようですが、そういった緊急性は、なかなか無い事だと思います。お客様を焦らせる、不安にさせるような業者さんはあまり良いとは思えませんので、ご注意くださいね。

ですが、そういった業者さんに塗装を勧められるということは塗装時期であるという事は確かだと思います。高額な工事になりますから、業者選びは慎重にご家族とよく話し合って検討されることをお勧めします。高額な値引き、上記に記載した不安を煽るような事言ったり、契約を急かす業者さんは絶対にダメです。家の状態を良く説明してくれて、お客様の希望もしっかり聞いてくれる、なにより安心できるなと思う業者さんを選んでくださいね。

弊社でも、お客様のご希望に合わせた塗装ができるよう努めております。ご予算がある場合もお気軽にご相談くださいね。

外壁塗装のご予約も承り中です!お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

大切なお住まいを長持ちさせる外壁・屋根の「無料診断」「無料見積り」「無料相談」はこちら
作業現場から