施工中カテゴリー 小山市F様邸 | 屋根・外壁塗装の彩家です。

塗装工事に携わり27年。「彩家さんに頼んでよかった!」とお声を頂く安心の塗装工事。
株式会社彩家
0120-029-668

ただいま施工中(小山市F様邸)

小山市F様邸 外壁塗装工事 シーリングが傷んできていました ホームページからのお問合せ、ありがとうございます(^^)

2019年12月31日

小山市F様邸 外壁塗装 施工前全景

施工前全景です。外壁:サイディング

外壁は色褪せ、シーリング部の劣化が進行しています。

 

塗装工事前の状態です(現地調査時)

       

    

小山市F様邸の現地調査時の状態です。外壁は色褪せが見られますが、大きな破損や傷みなどはほとんどない状態でした。ですが、シーリング部は硬化、ひび割れが進行していましたね。サイディング外壁の場合は約10年くらいでシーリングの傷みが目視で確認できるほどになってきます。

そのほか、付帯部なども色褪せが見られました。こちらも塗装で長持ちさせることができますので定期メンテンナンスは必要です。

 

塗装の工程です

外壁塗装の最初の工程は「高圧洗浄」です。新築時から「家を洗う」という事はやっていないと思いますので、改めて洗浄を行うと長年の汚れや埃が綺麗に落とされとても綺麗になります。お客様もびっくりします(^^)表面上のコケやカビ、藻などは雑菌も綺麗に洗い流すことができますので塗装後も安心です。洗浄は半日~丸1日かけて作業を行います。

 

   

外壁シーリング工事です。まずは丁寧に古いシーリング材を撤去していきます。その後、マスキングテープ養生を行います。

   

新規シーリング材の充填を行い、ヘラでならしていきます。シーリング工事は知識と技術が必要です。ここ数年はサイディングの塗装が多いのでシーリング工事も専門的に施工しています。高耐久シーリング材のオートンイクシードの認定施工店でもありますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

   

軒天塗装です。軒天は紫外線や風雨の影響が少ない部位ですので、外壁のような傷みは見られないという場合が多いです。ですが逆に湿気が溜まりやすい場所です。雨が続いたりすると、通気が良くない場所に関してはジメジメとしてしまい、下地が傷んできてしまう場合もあります。塗装の際には湿気に強いものを使用し、乾いた状態を保てるようにしていきます。

 

    

外壁下塗り塗装です。今回は、密着性の高い下塗り材を使用しました。目には見えない細かいひび割れも埋めてくれる下塗り材ですので外壁も強化してくれる耐久性のよい下塗り材です。

写真を見てわかるかと思いますが、仕上がりは真っ白!元が濃い色でも、この下塗材をしようすると元の色の影響なくご希望のカラーで塗装をすることができます(^^)真っ白に上塗り材を塗装していきますので、とても発色よく見えますよ

 

    

外壁上塗り塗装です。今回は落ち着いたブラウン系のカラーで塗装をしています。下塗りをしっかり行いましたので外壁の状態もとても良くなりました。外壁塗装上塗りのグレードやプランに関しては2~3種類程度作成させて頂いております。もちろん高グレードになればなるほど、機能性はよくなりますが、どのプランを選んでもご満足いただけるプランをご提出していますので、どれを選んで頂いても大丈夫です(^^)

 

   

雨樋など、付帯部の塗装です。雨樋なども屋根に近い場所にありますので紫外線や風雨の影響を受けやすい場所であります。ですから、長持ちさせるには定期メンテナンスや塗装が必要です。塗装も外壁と同等、それ以上の塗装をすることで付帯部だけが早く傷んでしまったなんてことのないようにして頂きたいと思っています。

よく、外壁は高グレードで付帯部関係はあまり耐久性のない塗装をしてしまう業者さんがいるようですが、数年後付帯部から傷んでしまうことを考えるとバランスの悪い仕上がりになってしまうことが予想できるかと思います。弊社では、付帯部こと高グレードで塗装をと考えております。

 

    

スチール製の付帯部塗装です。付帯部にはスチール製のものが多くあります。外壁と同じように新築から10年以上経過してくると艶がなくなり色褪せを感じるようになります。スチール製のやっかいな事は錆の発生です。色褪せを放置してしまうと錆に繋がります。錆びは破損、穴あきを発生させてしまう可能性がありますので塗装の際には必ずさび止め材を塗装をします。

今回、付帯部は全てブラックで仕上げています。外壁と合ってカッコいい仕上がりになってきています(^^)

 

   

引き続き、付帯部の塗装です。写真はシャッターボックスと水切りです。作業も終わりに近づいています。細かいところまで丁寧に仕上げていきます!!

 

小山市F様邸の外壁塗装工事が完成となりました。淡いブラウン系をメインに付帯部のブラックで落ち着いた仕上がりになりました(^^)築10年~15年の塗り替えでしたので破損などもなく、とてもスムーズな塗装工事となりました。理想的な塗り替え工事となったと思います。

サイディングの外壁の場合、築10年を経過するとシーリング部が傷んできます。ひび割れが進行すると雨水が入り込んでしまう可能性がありますので築10年を過ぎたら、塗装の計画を始めていただけたらと思います。

 

最近のお問い合わせは、「ハウスメーカーで塗装を勧められたけど高すぎる」「やたら訪問販売の人が来てしつこい」という事がきっかけで、弊社へのお見積りをして頂く事が多いです。業者さんの中には、「今すぐやらないと雨漏りする」とかお客様を不安にさせてしまうような業者さんもいるようですが、そういった緊急性は、なかなか無い事だと思います。お客様を焦らせる、不安にさせるような業者さんはあまり良いとは思えませんので、ご注意くださいね。

ですが、そういった業者さんに塗装を勧められるということは塗装時期であるという事は確かだと思います。高額な工事になりますから、業者選びは慎重にご家族とよく話し合って検討されることをお勧めします。高額な値引き、上記に記載した不安を煽るような事言ったり、契約を急かす業者さんは絶対にダメです。家の状態を良く説明してくれて、お客様の希望もしっかり聞いてくれる、なにより安心できるなと思う業者さんを選んでくださいね。

弊社でも、お客様のご希望に合わせた塗装ができるよう努めております。ご予算がある場合もお気軽にご相談くださいね。

外壁塗装のご予約も承り中です!お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

大切なお住まいを長持ちさせる外壁・屋根の「無料診断」「無料見積り」「無料相談」はこちら
作業現場から