施工中カテゴリー 下妻市H様邸 | 屋根・外壁塗装の彩家です。

塗装工事に携わり27年。「彩家さんに頼んでよかった!」とお声を頂く安心の塗装工事。
株式会社彩家
0120-029-668

ただいま施工中(下妻市H様邸)

下妻市H様邸 屋根塗装 外壁塗装 企業様事務所の塗装工事です 色褪せや付帯部の錆が目立ちました

2020年08月1日

下妻市H様邸 屋根塗装 外壁塗装 施工前全景

施工前全景です。屋根:トタン外壁:セメント系吹き付け

外壁は色褪せやチョーキング、汚れが目立ちました。屋根、付帯部は錆びが目立ちました

 

塗装工事前の状態です(現地調査時)

 

    

    

    

写真は現地調査時の状態です。全体的に色褪せ、汚れ、下地の傷みが進行しています。特に屋根や鉄骨部の錆は早めに処置をした方が良い状態でした。ベランダも防水機能が低下し、非常に雨漏りしやすい状態となっています。傷みは酷いですが、補修をしつつ丁寧に作業を行う事で綺麗になります。

塗装の工程です

 

高圧洗浄です。長年の汚れや埃が溜まっていますから綺麗に洗い流します。カビなどの原因となる雑菌なども除去していきますよ。洗浄後は、とてもすっきり綺麗にみえます(^^)

 

   

屋根塗装、まずは下地処理。錆が多く発生していましたので、錆の進行を止めるとめの塗装を行います「日本ペイント ハイポンサビスタ」です。削っても落としきれない錆などに使用します。家の付帯部など、錆にお困りの方は多くいらっしゃいます。錆びは進行すると、穴あきなど破損に繋がる可能性もありますので早めの処置が必要です。

屋根の下塗りです。錆の補修が完了しましたので、下塗りには錆止め材を屋根全体に塗装をしていきます。錆補強材と錆止め材はセットで塗装することが前提です。トタンやガルバリウム屋根は材質的にとても丈夫なのですが、錆びてしまうデメリットがあります。でも定期メンテナンスをすれば錆から守る事は可能です。色褪せを感じたら塗り替えじきです。

 

  

屋根上塗り塗装です。屋根塗装のプランに関しては、できるだけ高耐久塗装をお勧めしています。屋根は風雨、紫外線等の環境影響に耐えていかなければいけません。屋根の劣化が進行してくると、外壁への影響も懸念されます。今回はフッ素系塗料での塗装を行いました。トタン、ガルバリウム屋根は元々が丈夫ですから、しっかりとした塗装をすることでさらに長持ちするでしょう。

 

   

外壁の下地処理です。外壁が傷んで剥がれてしまった部分がありましたので、張り替えをしました。窓枠サッシ廻りなどはシーリングが割れてしまっていましたので、しっかり補修しましたよ。特にシーリング部分は傷んでいると雨漏りしてしまう可能性がありますので、補修などの下地処理はとても大切な工程です。

   

補修が完成しました。

 

    

軒天塗装です。軒天はとても湿気が溜まりやすく、綺麗に見えても表面がブヨブヨと傷んでいたりすることがあります。塗装の際は、湿気に強い塗装を行い乾いた状態を保てるようにします。

 

外壁の下塗りです。下塗りは外壁の種類はもちろん、その時の状態によって選定する見極めが必要です。下塗りの選び方でこれからの寿命もかわります。今回使用した「日本ペイント製のアンダーフィラー弾性エクセル」下塗り材は、シーラーとフィラーの機能両方を兼ね備えているので、今まで2種類をそれぞれ塗装していましたが1種類で完了することにより、作業効率も上がりその分お安く塗装を行う事ができます。塗装は、ただ綺麗にするだけではなく、どうやったら長持ちするかを考えて塗装をさせて頂いています。日々、勉強ですね。

 

    

外壁上塗りです。今回使用の「日本ペイント パーフェクトセラミックトップG」は専用の中塗り材がありますので、中塗りと上塗りそれぞれ1回ずつ塗装をします。最高級の無機ハイブリッド塗料でもちろん費用もかかりますが弊社では一番選ばれている塗料です。せっかく塗装をするなら長持ちさせたいというお客様が増えているように感じます。この塗料は耐久性はもちろん、汚れに強いので綺麗な状態を保てる事が一番の魅力だと思います。

 

ベランダ手摺の施工前です。表面の剥がれが進行し、かなり傷んでしまっていますね。錆びやすい状態でもありました。

    

ベランダ手摺の施工です。まずは表面の剥がれてしまった古い塗装の膜を綺麗に磨き落としていきます。下塗りには錆止めと塗装してから上塗りで仕上げていきます。

ベランダ手摺、綺麗になりました(^^)

 

    

雨樋の塗装です。雨樋塗装は凹凸も多く細かい作業になりますので、刷毛で丁寧に仕上げていきます。外壁がホワイトですので、雨樋など付帯部がブラックだととてもカッコよく仕上がります。色の選び方やバランスで見た目はかなり変わります。色選びのご相談はお任せくださいね(^^)

 

    

付帯部の補修です。写真はベランダの笠木です。塗装をする際は、築20年近く経過している場合がほとんどですから塗り替え以外にも直したほうがいい場所が結構あります。ビスで止まっている部分は緩んでいたり、取れてしまっていたり。繋ぎ目のシーリングが劣化しているとひび割れが起きてしまったり、細かい部分までチェックしつつ作業を進めていきます。

 

    

ベランダの施工前です。ベランダは新築時は防水塗装やシート防水などがされていますが、築10年を過ぎると防水機能が低下し雨漏りしやすい状態になります。ベランダの色褪せ、汚れが溜まりやすくなってきた、雨がふるとなかなか乾かないなど気が付いたときは塗り替え時期です。

    

ベランダの防水塗装です。2階建ての家には、ほとんどベランダがあると思いますのでベランダ防水塗装は必ずお勧めしています。

ベランダ塗装完成です。こんなに綺麗になります(^^)防水機能もバッチリ!

 

下妻市H様邸の塗装工事が完成です。全体的に傷んでいる部分が多くありましたが、補修をしつつ綺麗になりました。屋根、外壁共に高グレード塗装で仕上げていきましたので、これかも長持ちしてくれることでしょう(^^)

 

最近のお問い合わせは、「ハウスメーカーで塗装を勧められたけど高すぎる」「やたら訪問販売の人が来てしつこい」という事がきっかけで、弊社へのお見積りをして頂く事が多いです。業者さんの中には、「今すぐやらないと雨漏りする」とかお客様を不安にさせてしまうような業者さんもいるようですが、そういった緊急性は、なかなか無い事だと思います。お客様を焦らせる、不安にさせるような業者さんはあまり良いとは思えませんので、ご注意くださいね。

ですが、そういった業者さんに塗装を勧められるということは塗装時期であるという事は確かだと思います。高額な工事になりますから、業者選びは慎重にご家族とよく話し合って検討されることをお勧めします。高額な値引き、上記に記載した不安を煽るような事言ったり、契約を急かす業者さんは絶対にダメです。家の状態を良く説明してくれて、お客様の希望もしっかり聞いてくれる、なにより安心できるなと思う業者さんを選んでくださいね。

弊社でも、お客様のご希望に合わせた塗装ができるよう努めております。ご予算がある場合もお気軽にご相談くださいね。

外壁塗装のご予約も承り中です!お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思います。お問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます。衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

大切なお住まいを長持ちさせる外壁・屋根の「無料診断」「無料見積り」「無料相談」はこちら
作業現場から