竹下親方の現場日記カテゴリー 下妻市 | 屋根・外壁塗装の彩家です。

塗装工事に携わり27年。「彩家さんに頼んでよかった!」とお声を頂く安心の塗装工事。
株式会社彩家
0120-029-668

竹下親方の現場日記(下妻市)

下妻市でセキスイハイムの外壁塗装。築20年「サビ」が酷くても大丈夫、綺麗に塗り替えできます!

2018年06月15日

築20年前後のセキスイハイムの現地調査を行った際、とにかく錆が酷くお客様もお困りになっていました。

建物はスチールでできている箇所が多くあり、経年により表面コーティング(塗装の膜)が剥がれてしまい、素地を守るものがなくなってしまうと「錆」となっていきます。錆は、一度発生すると徐々に広がっていきます。場合によっては亀裂や穴あきなどを起こしてしまい、大変厄介です。

  

   

錆びている箇所が軽度の場合、ヤスリを使い錆を除去(「ケレン」という工程です)し、下塗り材に錆止めを使い対処していますが、なかなか取りきれない量だったり、重度の錆の場合は錆びの進行を止める下塗り材を使います。

 

今回は重度の錆の場合、どんな工程になるかをご紹介したいと思います。

錆びている部分の塗装

①竪樋のバンドです。錆が進行し他の部分への影響も懸念されます

②さび面素地調整補助剤「日本ペイント ハイポンサビスタ」を使用します こちらの塗料は錆びの成長を防ぐ成分が入っている塗料です。また錆びに塗料が浸透することで新たな錆びの発生も防ぐことができます。

  

③下塗りとして錆止め材を塗布します 「日本ペイント ハイポンサビスタ」を使用した後に必ず、通常使用している「錆止め材」を塗布します。

  

④下塗り錆止め塗装完了 

  

錆止め材塗布完了です。この上から上塗り材を塗布して全て完了になります。上塗り材は基本的には外壁と同じものを使用します。

錆びていた部分の施工事例

    

※ベランダ下の鉄骨部分の錆が進行していましたが、一部サビスタを使用する等を行い綺麗になりました。

   

※ベランダ下の軒になっている鉄骨部分です。こちらも錆が進行していましたが綺麗になりました。

 

鉄部は特にシャッターボックス、庇(ひさし)、換気フードなどの付帯部に使われている事が多いです。外壁塗装の際は、基本的に外壁だけに着目しがちですが、そういった付帯部の塗装もとても大切です。グレードも外壁と同等、またそれ以上の塗料を使うことで長持ちしてほしいと思っています。外壁も付帯部も常に強い紫外線や風雨にさらされ過酷な気候に耐えなければいけないという状況は同じです。

 

屋根ではガルバリウム鋼材やトタン屋根も金属系ですので、錆の可能性があります。

   

↑↑写真は錆びてしまった屋根です。(ガルバリウム鋼材) 軽度の錆です。この程度の錆は、簡単な補修で大丈夫です。築20年で、こういった錆が発生してしまいましたので、できれば10年に1度調査やメンテナンスをして頂けたらと思います

   

↑↑写真は錆びてしまった屋根です。(トタン屋根) 重度の錆です。全体的に錆が進行、場所によっては穴あきや亀裂が発生していました。「サビスタ」を使い塗装を行いましたので、通常の1.3倍くらいの費用が掛かってしまいました。トタン屋根も10年に1度は調査やメンテナンスをして頂けたらと思います。

注意!屋根は高所ですので、絶対にご自身で登ったりはしないでくださいね。大変危険です。

 

家の塗り替えで錆びてしまっている部分は改修工事になってしまう・・・?とお悩みの方もいらっしゃると思います。改修工事は費用も掛かりますし、色々とご不安も多くなってしまうと思います。

沢山の事例を見ていますが、現地調査をさせて頂くと塗装で対処できると判断できる場合が多いですので、塗装をご検討されている場合はぜひご相談頂けたらと思います。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。上記でご紹介した、外壁の状態を調べる方法は、塗装の知識がなくてもできますので家の周りをご自身でチェックしてみてくださいね。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り。ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

外壁塗装や外壁リフォームについてご心配だったり、気になる場合はお気軽にご相談くださいね。まずは調査から丁寧に行い、どんな工事になるかなども分かりやすくお伝えいたしますのでご安心くださいませ。

下妻市S様邸 アイフルホーム外壁塗装 完成しました!

2018年05月16日

下妻市S様邸の塗装工事が全て完了になりました。

施工前の写真です。

   

施工後は・・・

   

ダークブラウンとホワイトのツートン仕上げとなりました!カッコイイ!

  

外壁のアップ写真です。今回「日本ペイント ファインシリコンフレッシュ」を使用しましたが「フレッシュ」と名前につくだけあって!?爽やかな仕上がりになりました。艶感、弾力性、発色全てにおいてバランスの良さを感じます。もちろん耐久性も良いですよ。

   

   

付帯部も綺麗に完成しました!

今回の塗装工事も施主様、ご家族様、ご近隣の皆様のおかげをもちまして無事完成することができました。心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

塗装工程はほぼ終了です。最後は塗り残しがないか確認、そして徹底的に清掃します! 下妻市S様邸

2018年05月15日

今週は真夏のような週になりそうですね!まだ5月ですが・・・。先週の寒さはなんだったのか^^;暑さに負けず頑張りますよ!

さて、作業を続けてまいりました、下妻市S様邸も塗装工程としてはほぼ終了となりました。最後の作業は細かい部分の確認、そしてしっかり清掃を行います。

例えば、こんな感じ

写真右の方が、少しはみ出てしまっているかと思います。こういった部分を修正していきます。

ハケで丁寧に・・・。

綺麗になりました(*^_^*)場所的には、高い位置なので見えない場所ですが、そういったところまで手を抜かずに仕上げていきます!

※今回使用の写真は、S様邸ではありません。

ベランダの床!色褪せしてませんか?ベランダからの雨漏りもよく聞かれる事例です。 下妻市S様邸

2018年05月14日

ベランダの防水塗装を行います。防水塗装は暑くて、湿気の少ない日がいいですねー

今日はぴったりの日です。

写真は現地調査の時のベランダです。埃があったり、多少汚れているのはどこの家もある事だと思います。ベランダは新築時すぐは、防水機能があり雨をしっかり弾いてくれていますが、年数が経つとともに色褪せ、そして防水機能も低下し、細かいひび割れなどが起きてくると雨漏りの原因となってしまうことがあるのです。

  

下塗り、上塗り共に防水機能のある塗料です。ベランダのあるお住まいに関しては、必ずお勧めしています。

仕上がりです。艶々ピカピカです!使用塗料:ベランダ防水塗装下塗り 東日本塗料フローンFRP防水面用プライマー  使用塗料:ベランダ防水塗装上塗り 東日本塗料AUコート

付帯部塗装続きます!工事も終盤になってきました、最後まで丁寧に頑張ります! 下妻市S様邸

2018年05月12日

  

本日は破風塗装(軒樋の下の部分です)

  

銅差し塗装(1階外壁、2階外壁の間の部分です)

付帯部は全てブラックで塗装をしています。外壁塗装の時に「色」はとてもお悩みになるかと思います。色選びの基本は3色まで、今回は外壁ツートンにしましたので1階外壁「ダークブラウン」、2階外壁・軒天「ホワイト」、その他の付帯部「ブラック」の3色です。施工事例をみて頂くとわかると思いますが、3色を超えるカラーを使用している家はありません。通常2色という家がほとんどです。家は長くお住まいになるものですし、毎日見るものです。飽きのこないシンプルに仕上げる事も、大切かなとおもっています。その中に、カッコよさやオシャレ感を出すことができるのも、職人のセンスだと思ってます(*^_^*)

付帯部こそ、耐久性のよい塗料を選びましょう! 下妻市S様邸

2018年05月11日

今日は爽やかな1日でしたね!作業もはかどりました!外壁塗装が一段落したので、付帯部の塗装に入りました。まずは「樋」です。写真は「軒樋」です。最初の作業は「ケレン」といって、特殊な金属のスポンジのようなもので丁寧に磨きます。洗浄で落としきれなかった、古い塗装の膜を落としたり、あとは「目粗し」といって、わざと傷をつけることで塗装ののりを良くするという効果もあります。

  

樋は細かったり、凹凸があったりありますのでハケで丁寧に仕上げていきます。弊社の塗装は付帯部に高耐久の「フッ素」塗料を使用させて頂いています。付帯部は場所によっては外壁よりも紫外線や風雨にさらされています。しかも外壁ほど丈夫な素地ではありませんので、塗装でしっかり守り長持ちさせる事が重要です。外壁と同等、またはそれ以上の塗料を使用することによって数年後も綺麗な状態が保たれると思います。

ようやく晴れましたね!外壁上塗り塗装も一段落しました(*^_^*) 下妻市S様邸

2018年05月10日

  

ようやく晴れましたね!今朝の気温は9度だったようで、なんと5月半ばとしては52年ぶりの10度以下の最低気温だったようですよ^^;毎年、色んな記録が出ますね・・・。朝は思ったよりも雨が降っていて、職人としてはイライラ・・・(+_+)ほんとに予想外の天気は困ります。

ですが、一気に晴れてくれたので作業も晴れ間と共に進めました。本日は1階の外壁塗装です。1階はダークブラウンにしましたよ(*^_^*)とってもシンプルでカッコイイ!

今回使用の「日本ペイント ファインシリコンフレッシュ」も、とても良い仕上がりです。艶感、弾性(割れにくい性質です)、発色、全てにおいてバランスが良いなと感じております。

塗料選びは、今は良いものばかりですので難しいです。「何を重視したいか」で絞られてくるかなと思います。あとは家の状態で、こちらである程度選定させて頂いております。

季節が戻ってしまいましたね(+_+)着込んで作業頑張りました! 下妻市S様邸

2018年05月8日

こんにちは。今週は先週のお天気が嘘のような毎日です。寒いです。どんよりと、夕方には雨になる予報でしたので朝は早めに作業を開始しました。

  

作業は、外壁塗装の上塗りです。今回は1階の外壁、2階の外壁と違う色を使うツートン仕様になります。まずは、2階の外壁。光の加減でベージュにも見えたりしますが、オフホワイトが一番近い色かなと思います。上塗りもしっかり2回塗りです。外壁は合計4回塗り仕上げになります。

2種類の下塗り材で外壁の状態を整えます!真っ白が綺麗です^^ 下妻市S様邸

2018年05月5日

5月5日こどもの日ですね!近所の大きな鯉のぼりがカッコよく泳いでました^^

我が家の息子は幼稚園で作ってきた兜がお気に入り。あとでブログに載せたいとおもいます(*^_^*)

  

本日も外壁の下塗りです。2種類目の下塗り材は「密着性」の高い下塗り材です。上塗りをしっかり密着させてくれる効果や、ヘアークラックといってルーペで見ないと分からないような細かいひび割れなどを埋めてくれます。

あとは、濃い色から薄い色への塗り替えの場合、元の色が浮いてきてしまう心配があるかと思いますが、この下塗り材の「ホワイト」が間に入る事によって、色がリセットされ上塗り材がどんな色でも鮮やかに発色します。本当に綺麗なホワイトなので、下塗りの段階ですがいつもお客様に「綺麗になったねー」と言われます^^

2種類の下塗りが完了すると、外壁の手触りも滑らかになります。下地作りが完了しました!

GWも作業を進めさせていただいています! 下妻市S様邸

2018年05月4日

GW後半ですね!今日は朝からゲリラ豪雨でびっくりしたのですが、一瞬だったのでよかったです。朝から雷はちょっと驚きますよね。

今回は連休中も作業をさせて頂いていますが、お客様によっては連休中などは避けてほしいという方もいらっしゃいます。夏はお盆中など、出来れば足場はかけてほしくないなという場合は工事時期を調整することも可能ですので、遠慮なくご相談頂けたらと思います。

  

さて、本日の作業は外壁の下塗りです。私たちの塗装は、昨日の下地処理や下塗りにこだわっています。塗装の見積もりや説明をするときは、基本的に「上塗り」に何を使うかがメインになってくるかと思いますが、一番重要なのは下地作りです。

塗装工事は新築や前回の塗り替えから10年~20年経ってしまって弱ってしまった外壁を新築のように復活させる!工事です。弱ってしまった外壁に、ただただ上塗りを塗ったとしても数年で剥がれてしまいます。

下塗り材も様々な種類があります。最近では2種類の下塗り材を使いより頑丈な下地を作ります。今回は「浸透性」が高い下塗り材を使いました。弱ってしまった外壁にどんどん浸透していくことにより素地が強化されるのです。

 

 

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

最近の投稿

大切なお住まいを長持ちさせる外壁・屋根の「無料診断」「無料見積り」「無料相談」はこちら
作業現場から