竹下親方の現場日記カテゴリー 真岡市 | 屋根・外壁塗装の彩家です。

塗装工事に携わり27年。「彩家さんに頼んでよかった!」とお声を頂く安心の塗装工事。
株式会社彩家
0120-029-668

竹下親方の現場日記(真岡市)

真岡市Y様邸 外壁塗装 工事初日は高圧洗浄で長年の汚れや埃、雑菌などを綺麗に洗い流します!

2019年01月29日

外壁塗装工事、まずは高圧洗浄です。長年の汚れや埃、カビなどの雑菌も綺麗に落とします。洗浄は基本です。綺麗に洗わないと綺麗な施工はできません。家の大きさにもよりますが、屋根・外壁の場合は丸1日かかることもあります。

家周り、車庫などの土間部分も洗浄させて頂きます。とてもさっぱりしますよ(*^_^*)

真岡市A様邸 外壁塗装 長持ちの為には下塗りが重要!下塗りは外壁の状態や素材によって選定します。

2018年12月13日

   

外壁下塗りです。外壁には様々な種類があり、それに合わせて下塗り材にも様々な種類があります。下塗りには素地強化、補修効果などがありますから素地に合っていないと効果は発揮できません。

基本的には下塗りは1回塗りですが、状態によっては2回塗りで仕上げていく場合もあります。

 

真岡市A様邸 現地調査時の状態です 外壁のチョーキングや目地の劣化が進行していました。

2018年12月5日

栃木県真岡市A様邸 外壁塗装工事です。写真は現地調査時の状態です。全体的に色褪せが進行しています。

  

外壁はALCです。外壁に触ると粉状の汚れが付着します。これは「チョーキング現象」といって塗装の膜が粉状になって剥がれ落ちている状態です。塗り替え時期のサインでもあります。

付帯部と外壁の繋ぎ目部分であるシーリング部が劣化し、細かいひび割れや変色が見受けられました。

今回も丁寧に作業させて頂きます。どうぞ宜しくお願い致します。

真岡市W様邸 外壁塗装工事 完成

2018年11月2日

   

真岡市W様邸 外壁塗装工事が完成となりました。ひび割れが酷い状態でしたが、跡なく完成しお客様にも大変喜んで頂けました。

 

   

外壁塗料は「日本ペイント パーフェクトセラミックトップG」最高級無機系塗料です。弊社での塗装でとても人気の高い塗料です。理由は、汚れに強い「超低汚染」であるということ。雨で汚れが落ちる「セルフクリーニング」機能がとても魅力的な塗料です。

弊社では、お客様の家が長持ちするように、美観が保てるようにということを考えながらプラン選定、現場での塗装を行っております。お見積りをさせて頂いた方には、数年前に塗装をした現場のご紹介もできます。さまざまな塗料、カラーでの実績がありますのでどうぞご利用くださいませ。

————

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。上記でご紹介した、外壁の状態を調べる方法は、塗装の知識がなくてもできますので家の周りをご自身でチェックしてみてくださいね。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

 

真岡市W様邸 付帯部塗装 フッ素塗装で耐久性バッチリ!

2018年10月30日

戸袋の塗装です。塗装前は色褪せが進行していて、錆が発生しやすい状態でした。

塗装後は艶も出て綺麗に!フッ素系塗装を行いましたので、長持ちしますよ(*^_^*)

弊社では付帯部はフッ素系塗装でお見積りさせて頂いています。外壁を高グレードで塗装をしても、付帯部で手を抜いた塗装をしてしまってはとてももったいないです。また、素材的にも環境的にも付帯部は劣化進行が早いとも感じます。付帯部も家を守るための大切な部位ですから、メンテナンスもしっかり行って頂けたら幸いです。

真岡市W様邸 雨樋塗装 付帯部もしっかり外壁と同等以上のグレードで塗装をしましょう

2018年10月29日

   

雨樋の塗装です。付帯部関係の塗装もとても大切です。外壁よりも紫外線や風雨の影響を受ける場所にある事もあります。素材は経年で、硬化し割れやすい状態になり破損してしまう可能性もあります。やはり10年に1度はメンテナンスを行い、長持ちさせていってほしいなと思います。

真岡市W様邸 木部塗装 木は繊細な素材です。5年に1度はメンテナンスを

2018年10月26日

木部の塗装です。写真は現地調査時です。もともと塗装がされていなかったので、素地の傷みが酷くなっていました。木は大変繊細な素材ですのでメンテナンスは5年に1度とされています。

まずは、ヤスリて丁寧に磨いて素地を整えていきます。

着色塗装です。今回は木本来の色に近い、茶系を使いましたが色の種類は豊富です。

   

最後にクリアー塗装を行い、少しでも長持ちするようクリアーコーティングをします。着色の色褪せからも守ります。

傷んでいた木部も艶のある綺麗な木に復活しました!木部の劣化は様々で、酷い状態になってしまい諦めているという方も、下地から綺麗にすることが可能ですのでお問合せ頂けたら幸いです。

————

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。上記でご紹介した、外壁の状態を調べる方法は、塗装の知識がなくてもできますので家の周りをご自身でチェックしてみてくださいね。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

 

 

真岡市W様邸 外壁塗装 仕上げ塗りをしながら、塗り残しやムラのチェック!

2018年10月25日

外壁上塗りです。既に下塗り2回、中塗り1回が済んでいますので、最後の塗装は4回目となります。さすがに状態が良くなっていますんので塗装もとてもスムーズに。上塗りは仕上げ塗りですので、塗り残しやムラがないかどうかもしっかりチェックしながら塗装をしていきます。

真岡市W様邸 外壁塗装 下塗りは多種多様です。選定仕方で、家の寿命も変わります。

2018年10月23日

   

外壁の下塗りです。今回の外壁材は「弾性リシン」というセメント系の外壁ですので、専用の下塗り材を使用しています。下塗り材は状態、素地の種類によって使い分けや選定がとても重要で、下塗りをしっかり行わなければグレードの高い上塗りを使用しても効果が発揮できない場合もあります。

   

下塗り後は、仕上がったの!?と思うくらい綺麗な状態になります。下塗りにはこだわっておりますので、他社よりも使用量も多いと思います。ひび割れが多く、外壁素地が弱っていましたがだいぶ状態が良くなってきました。

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

最近の投稿

大切なお住まいを長持ちさせる外壁・屋根の「無料診断」「無料見積り」「無料相談」はこちら
作業現場から