竹下親方の現場日記カテゴリー 石岡市 | 屋根・外壁塗装の彩家です。

塗装工事に携わり27年。「彩家さんに頼んでよかった!」とお声を頂く安心の塗装工事。
株式会社彩家
0120-029-668

竹下親方の現場日記(石岡市)

石岡市でセキスイハイムの外壁塗装。築20年「サビ」が酷くても大丈夫、綺麗に塗り替えできます!

2018年06月15日

築20年前後のセキスイハイムの現地調査を行った際、とにかく錆が酷くお客様もお困りになっていました。

建物はスチールでできている箇所が多くあり、経年により表面コーティング(塗装の膜)が剥がれてしまい、素地を守るものがなくなってしまうと「錆」となっていきます。錆は、一度発生すると徐々に広がっていきます。場合によっては亀裂や穴あきなどを起こしてしまい、大変厄介です。

  

   

錆びている箇所が軽度の場合、ヤスリを使い錆を除去(「ケレン」という工程です)し、下塗り材に錆止めを使い対処していますが、なかなか取りきれない量だったり、重度の錆の場合は錆びの進行を止める下塗り材を使います。

 

今回は重度の錆の場合、どんな工程になるかをご紹介したいと思います。

錆びている部分の塗装

①竪樋のバンドです。錆が進行し他の部分への影響も懸念されます

②さび面素地調整補助剤「日本ペイント ハイポンサビスタ」を使用します こちらの塗料は錆びの成長を防ぐ成分が入っている塗料です。また錆びに塗料が浸透することで新たな錆びの発生も防ぐことができます。

  

③下塗りとして錆止め材を塗布します 「日本ペイント ハイポンサビスタ」を使用した後に必ず、通常使用している「錆止め材」を塗布します。

  

④下塗り錆止め塗装完了 

  

錆止め材塗布完了です。この上から上塗り材を塗布して全て完了になります。上塗り材は基本的には外壁と同じものを使用します。

錆びていた部分の施工事例

    

※ベランダ下の鉄骨部分の錆が進行していましたが、一部サビスタを使用する等を行い綺麗になりました。

   

※ベランダ下の軒になっている鉄骨部分です。こちらも錆が進行していましたが綺麗になりました。

 

鉄部は特にシャッターボックス、庇(ひさし)、換気フードなどの付帯部に使われている事が多いです。外壁塗装の際は、基本的に外壁だけに着目しがちですが、そういった付帯部の塗装もとても大切です。グレードも外壁と同等、またそれ以上の塗料を使うことで長持ちしてほしいと思っています。外壁も付帯部も常に強い紫外線や風雨にさらされ過酷な気候に耐えなければいけないという状況は同じです。

 

屋根ではガルバリウム鋼材やトタン屋根も金属系ですので、錆の可能性があります。

   

↑↑写真は錆びてしまった屋根です。(ガルバリウム鋼材) 軽度の錆です。この程度の錆は、簡単な補修で大丈夫です。築20年で、こういった錆が発生してしまいましたので、できれば10年に1度調査やメンテナンスをして頂けたらと思います

   

↑↑写真は錆びてしまった屋根です。(トタン屋根) 重度の錆です。全体的に錆が進行、場所によっては穴あきや亀裂が発生していました。「サビスタ」を使い塗装を行いましたので、通常の1.3倍くらいの費用が掛かってしまいました。トタン屋根も10年に1度は調査やメンテナンスをして頂けたらと思います。

注意!屋根は高所ですので、絶対にご自身で登ったりはしないでくださいね。大変危険です。

 

家の塗り替えで錆びてしまっている部分は改修工事になってしまう・・・?とお悩みの方もいらっしゃると思います。改修工事は費用も掛かりますし、色々とご不安も多くなってしまうと思います。

沢山の事例を見ていますが、現地調査をさせて頂くと塗装で対処できると判断できる場合が多いですので、塗装をご検討されている場合はぜひご相談頂けたらと思います。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。上記でご紹介した、外壁の状態を調べる方法は、塗装の知識がなくてもできますので家の周りをご自身でチェックしてみてくださいね。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り。ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

外壁塗装や外壁リフォームについてご心配だったり、気になる場合はお気軽にご相談くださいね。まずは調査から丁寧に行い、どんな工事になるかなども分かりやすくお伝えいたしますのでご安心くださいませ。

石岡市で、オシャレな外壁の柄(サイディング柄)を活かしたクリアー塗装で塗り替えを行うには・・・。

2018年02月15日

外壁柄(サイディング柄)を活かしたまま塗装をしたいという方へ

外壁塗装をお考えの際、もともとの柄はどうなってしまうのか…とお悩みになる方がも多い事でしょう。写真のような家の場合、1階部が様々な色を使用したレンガ調になっておりますので、塗装で塗りつぶしてしまうのは非常にもったいないですね。2色塗装のダブルトーンという工法もありますが、できれば元々の素材を残して塗装を希望されるお客様は多いです。

こういった場合、サイディング柄を活かす塗装として「クリアー塗装」があります。塗料は「無色透明」です。最近ではフッ素系のクリアー塗料も出回り、無色透明ながらも高耐久塗装が可能になりました

↑1階部分がレンガ調サイディング(外壁材)になっています

外壁が剥がれている部分は…?

クリアー塗装の場合、塗りつぶしませんので、そのまま塗ってしまうと剥がれていたり傷んでいる部分がそのまま残ってしまいます。ですが、それではせっかくの塗装が台無しになってしまいますので、塗装を行う前に剥がれや傷んでいる部分を最大限元の状態に塗装で戻すために「復元塗装」を行います。

↑↑レンガ調の外壁材に細かい剥がれが発しています。このままクリアー塗装(透明塗装)を行ってしまうと剥がれている部分がそのままになってしまいます。

↑↑「復元塗装」を行い、外壁の剥がれている部分に塗装をしてからクリアー塗装を行います。

 

外壁柄(サイディング柄)を活かした無色透明のクリアー塗装の工程は・・・

①高圧洗浄後、外壁の状態の確認をします。  クリアー塗装は透明ですので、まずは外壁の剥がれや補修が必要な箇所は無いかどうか確認をします。写真のような剥がれがあった場合は、復元塗装を行います。

 

②復元塗装  外壁柄(サイディング柄)は様々な色になっていますので、最大限近づける為に細かく塗装を行い補修していきます。元々の色、色褪せによる色の変化もありますので慎重に行います。

 

③クリアー上塗り塗装1回目  復元塗装が完了後、上塗りに入ります。クリアー塗装の場合は上塗り材であるクリアー塗料のみの使用  ※写真の使用塗料は「日本ペイント ピュアライドUVプロテクト4Fクリヤー」です。写真左が施工後、右が施工前です

 

④クリアー上塗り塗装2回目  2回塗後は外壁の状態も良くなっています。クリアーなので無色透明ですが、仕上がりは光の加減で若干暗くなります。ご了承ください。

 

⑤クリアー上塗り塗装3回目  仕上げ塗りです。艶も出て、とても綺麗な状態です。クリアー塗装の際は、できるだけフッ素系塗料を使用して頂き、クリアーでも紫外線に強く高耐久で長持ちさせてほしいと思っております。※3回塗完成 外壁拡大

   

外壁クリアー塗装の場合、シーリング工事は後工程になります!

⑥旧シーリング材撤去   外壁クリアー塗装を行う場合、シーリング工事は後工程になります。理由はシーリング部をクリアーで塗りつぶしてしまうと、シーリング割れ等劣化が進行した場合クリアー塗膜が割れてしまい透明では無くなってしまう恐れがあるからです。シーリングを後工程にすることで、こういった現象を抑えることができます。

 

⑦ボンドブレーカーの設置  ボンドブレーカーを設置することで、外壁底にシーリング材が付着しませんので、外壁の揺れに対する負担を軽減させることができます。これを2面接着といいます。(※外壁の側面同士のみの接着)

 

⑧マスキングテープ養生、プライマー塗布(シーリング下塗り)  シーリング材がしっかり密着するよう、プライマー塗布を行います。シーリング材を充填する上での下塗りとなります。

 

⑨新規シーリング材充填  クリアー塗装を行い、シーリング工事が後工程になりますので、新規シーリング部の上からの塗装は行いません。ですから、シーリング材は高耐久で伸縮性の良いものを使用します。※写真使用のシーリング材は「オートン イクシード15+」です。カラーも豊富です。

 

⑩ヘラでならします  ヘラで空気を抜き、ならしていきます。見た目も綺麗に仕上げる為に慎重に行います。

 

⑪完成  シーリング部もしっかりと打ち替えが完了しました。

外壁サイディングクリアー塗装の工程は以上になります。

 シーリング工事もそうですが、クリアー塗装は塗装後長持ちさせる事を考えると、通常の塗装より細かいところに気を遣う必要があります。また、外壁の素材の状態によってはクリアー塗装に不向きな場合もあります。無理なクリアー塗装はすぐに剥がれてしまう恐れもあります。とても難しい塗装とも言えますので、クリアー塗装をお考えの場合は、よく説明を聞いた上でご検討頂けたらと思います。

   

   

 

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。上記でご紹介した、外壁の状態を調べる方法は、塗装の知識がなくてもできますので家の周りをご自身でチェックしてみてくださいね。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます。衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り。ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

外壁塗装や外壁リフォームについてご心配だったり、気になる場合はお気軽にご相談くださいね。まずは調査から丁寧に行い、どんな工事になるかなども分かりやすくお伝えいたしますのでご安心くださいませ。

石岡市で外壁塗装をお考えの方へ。家の「塗り替え時期と塗装の必要性」とは・・・。

2018年01月15日

外壁塗装をやろう!と思ったきっかけは・・・

お客様に外壁塗装をやろうと思ったきっかけをお聞きすると、

「住宅街に住んでいて、近所の家が塗替えをしていた」

「ハウスメーカーの営業さんに勧められた」

「塗装の訪問販売の方が来るようになった」

「外壁塗装の時期は新築から10年と聞いた」などがあります。

よく考えてみると、他の方からの影響が大きく、ご自身で外壁の状態を見て塗装をやろうと思っている方が意外に少ないようにも感じます。

そもそも、「新築から10年経過程度」が塗装時期だとして、その頃になると外壁や屋根はどんな状態になってしまうのか。どうして塗装が必要なのかをしっかり理解されているという方も多くありません。

今回は「塗装時期と、塗装の必要性」について書いてみたいと思います。

 

新築から10年以上経過すると外壁はどうなるのか

新築時は外壁に表面コーティング(塗装の膜)が張られていて、艶があり汚れにくく紫外線や風雨から外壁素地を守ってくれている状態です。ですが、表面コーティング(塗装の膜)は永久的なものでも、半永久でもなく日々少しずつ劣化の方向へ進みます。これはどうしても避けられないのが現状です。

劣化方向へ進んでいたとしても、新築から10年程度は表面コーティング(塗装の膜)としての機能は果たせている状態が続きます。ですが、10年を超えてくると、外壁表面の艶が無くなり色褪せを感じたり、表面を触ってみると粉っぽい汚れが付着したりします。これが、塗装時期のサインです。粉っぽい汚れこそ、表面コーティング(塗装の膜)が剥がれ落ちてしまったものです。※塗装用語ではチョーキングといいます。

↑↑全体的に色褪せが進行し、艶がなくなってしまっています。

↑↑外壁表面を触ると白い粉が付着します。表面コーティング(塗装の膜)が剥がれている状態です。※チョーキング

表面コーティング(塗装の膜)が剥がれ落ちてしまった状態を、そのままにしてしまうとどうなるか

表面コーティング(塗装の膜)が剥がれ落ちてしまった状態を、そのままにしてしまうとどうなるか。外壁素地が剥き出しとなっていますので、守るものがありません。紫外線や風雨の影響で外壁はますます傷みます。例えると、真夏の暑い時期に日焼け止めクリームを塗らずに外にいるとどうなるでしょうか。日焼けしてしまったり、そこからシミやシワになってしまったりと様々な影響が出てきますよね。女性は特に分かるかと思います!

↑↑真夏の暑い日に外出するときは、紫外線対策をしますよね(*^_^*)外壁にとっては塗装をすることと同じです。

外壁も同じです。外壁素地が紫外線により硬化してしまい、ひび割れに繋がります。特に目地部は割れやすいので割れた部分から微量の雨水が浸入します。(これも雨漏りの一種です)水が入り込んでしまい、内部から外壁を傷めてしまいます。不具合の例として、外壁の反り、ふやけ、剥がれなどがあります

    

ひび割れや、剥がれなどは一度発生してしまうとどんどん進行してしまいます。ですから気づいた時点で塗装専門業者さんに相談をしてみると良いでしょう。

傷みが大きくなってくると補修の費用が掛かってしまいますし、工期も長くなってしまいます。新築から10年程度での塗り替えであれば、ほとんどの場合最小限の費用や塗装工程で済みます。

外壁塗装工事も大変費用の掛かるリフォームですから、いつでもできるという感覚ではないですよね。実際、新築から10年で塗装を行っている方は少ないです。というのも見た目はまだまだ綺麗な場合が多いですから。現実、多くの方は築20年前後で塗装をしています。そうなると、補修をしなければならない可能性が高くなってきますね。

↑↑築10年の家です。パッと見た感じでは、まだまだ綺麗です。

   

↑↑ですが、外壁目地部分(シーリング、コーキング部)はすでにひび割れしていました。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。上記でご紹介した、外壁の状態を調べる方法は、塗装の知識がなくてもできますので家の周りをご自身でチェックしてみてくださいね。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます。衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り。ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

外壁塗装や外壁リフォームについてご心配だったり、気になる場合はお気軽にご相談くださいね。まずは調査から丁寧に行い、どんな工事になるかなども分かりやすくお伝えいたしますのでご安心くださいませ。

今回は「外壁の塗装時期、塗装の必要性」についてお話してみました。なんとなくでもご興味をもって頂けたら幸いです。ご質問、ご相談等ありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

茨城県石岡市A様邸 完成

2017年01月28日

S__31580210   S__31580212

玄関塗装後は細かい部分の修正、お掃除を行っておりました。

そして、茨城県石岡市A様邸の屋根・外壁塗装工事が完了しました!使用塗料は、最高級!屋根が「日本ペイント ファイン4Fベスト」、外壁は「日本ペイント ファイン4Fセラミック」ということで、綺麗はもちろん建物も丈夫に仕上がりました。無事に工事が完了し、私たちも嬉しいです。お客様の大切なお住まいが長持ちしますように(*^_^*)

ありがとうございました!!

玄関塗装 石岡氏A様邸

2017年01月25日

↓↓玄関塗装 施工前

 

 

S__31580207

↓↓玄関塗装 施工後

S__31580209

本日は玄関塗装を行いました。玄関は毎日ご家族の皆様が多く出入りする場所ですので、綺麗になっているととても気持ちがいいですね。使用塗料はスチール部塗装の時と同様です。施工前と比較すると艶も戻り綺麗になりました。

※玄関塗装ですが、素材によっては塗装ができないものもあります。ご了承ください。

付帯部塗装(スチール部) 石岡氏A様邸

2017年01月24日

S__31580202   S__31580203

本日はシャッターボックスや庇等のスチール部を中心に塗装を行いました。写真は施工後です。下塗りには錆止め「日本ペイント パーフェクトプライマー」、上塗りは「日本ペイント ファイン4Fセラミック」です。しっかりと3回塗りをしましたので、長持ちすることと思います。

 

樋塗装 石岡氏A様邸

2017年01月23日

S__31580193

外壁塗装が完了しましたので、付帯部塗装になります。本日は樋塗装を行いました。外壁が最高級塗料ですので、付帯部も最高級です!付帯部が綺麗ですと外壁が引き立ちます。使用塗料は下塗り「日本ペイント ファインパーフェクトシーラー」、上塗りは外壁と同様に「日本ペイント ファイン4Fセラミック」です。しっかりと3回塗りですので、こちらも長持ちすることでしょう。

今日はとても風が強く寒かったです。まだまだ寒さは続きそうですね。筑西市周辺は寒くても雪ではなく乾燥した快晴ですので、塗装には最適です!寒くても頑張ります(*^_^*)

外壁 上塗り施工 石岡氏A様邸

2017年01月21日

S__31580186   S__31580187

昨日はとても寒く、筑西市も雪が降りました。朝の凍結が心配でしたが、大雪とはいかず安心です。

さて作業の方は外壁の上塗り施工です。今回使用した塗料は最高級の「日本ペイント ファイン4Fセラミック」です。下塗り、中塗りと既に2回塗り、そして上塗り2回の計4回塗り仕上げですので外壁そのものも丈夫になりますしこれから長持ちしていくことでしょう。

外壁塗装はどんなグレードの塗料を使用しても塗った直後は綺麗です。艶もあり、新築みたいになります。しかし耐久性の低い塗料、また手抜き工事だったりすると早ければ半年後には色褪せや剥がれ等が見受けられます。そういった経験をされているお客様は少なくなく、弊社で現地調査に伺うとご相談を受ける事が多いです。

大切なマイホームの塗り替えですので、ご検討の際はとにかく慎重に。無謀な値引き交渉や「今すぐ塗り替えしないと手遅れになります!」なんていう業者さんの言葉には気を付けてくださね。あとは必ず3社程度見積もりをとって比較をするといいと思います。

外壁 中塗り 石岡氏A様邸

2017年01月19日

S__31580178   S__31580174

外壁中塗りです。使用塗料は「日本ペイント パーフェクトサーフ」です。昨日の下塗りは浸透性の高い塗料でしたが、今回の中塗り材は密着性の高い塗料ですので、上塗り材をしっかりと塗布することができます。こちらの塗料は基本的に下塗りとして使用する塗料ですが、上塗りを引き立たせより長持ちさせるために、下塗りと中塗りを行います。

さて、明日は雨?雪?の予報になりました。太陽が出ていないと寒さが倍増ですね(+_+)特に朝は寒い!

外壁 下塗り施工 石岡氏A様邸

2017年01月18日

S__31580163   S__31580166

外壁下塗り施工です。使用塗料は「日本ペイント ファインパーフェクトシーラー」です。上塗りの持ちを良くするために、下塗りは必須です!この塗料は浸透性がとても良いですので、外壁の強化に繋がります。

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

最近の投稿

大切なお住まいを長持ちさせる外壁・屋根の「無料診断」「無料見積り」「無料相談」はこちら
作業現場から