竹下親方の現場日記カテゴリー 2019年08月 | 屋根・外壁塗装の彩家です。

塗装工事に携わり27年。「彩家さんに頼んでよかった!」とお声を頂く安心の塗装工事。
株式会社彩家
0120-029-668

竹下親方の現場日記(2019年08月)

付帯部こそ高耐久塗装で長持ちさせていきましょう!!簡単な補修もできますよ 桜川市H様邸 外壁塗装

2019年08月30日

   

雨樋など、付帯部の塗装です。付帯部も建物にとってとても重要な部位です。それぞれに建物を守る役割があります。弊社では付帯部こと高耐久塗装をしましょう!と、お見積り提出の際はお客様にお勧めしています。外壁を高グレード、付帯部を耐久性のない塗料で仕上げてしまうと、数年後付帯部から劣化がはじまり、せっかくの外壁塗装が台無しになってしまいます。付帯部も外壁と同等または、それ以上のグレードで塗装ができるといいですね。

「美しさの維持」!! これが一番人気です(*^_^*) 桜川市H様邸 外壁塗装

2019年08月29日

   

外壁上塗りです。今回の上塗りは弊社で一番人気の「美しさを維持」できる塗料!!無機ハイブリッド塗料です。耐久性、汚れにくい、燃えにくい…。などなど、真ん中グレードの塗料でしたら満足な機能は備わっていますが、やはり一番良い機能の塗料を使って塗装をしてほしい!!というお客様が増えております。弊社はハウスメーカーでも工務店でも、リフォーム会社でもありません。塗装専門の元請業者ですからハイグレード塗装も他業者様より安く、確実に塗装をすることができます。

外壁下塗り材選びはとっても重要!!弱く、傷んでしまった外壁も強く丈夫に復活します!! 桜川市H様邸 外壁塗装

2019年08月28日

  

外壁下塗りです。今回は2種類の下塗り材を使用しました。1種類目は弱った外壁を強く丈夫に復活させてくれる浸透性の高い下塗り材。2種類目は、これから塗る上塗り材がよく密着するための効果を発揮してくれる密着性の高い下塗り材です。外壁の状態や、ご予算にもよりますが下塗りを2種類使用することもあります。綺麗な状態が長持ちするように、下塗り塗料選びも慎重に行います。

軒天に雨漏りのような染みがあったりしませんか?湿気で傷んでいる可能性があります。 桜川市H様邸 外壁塗装

2019年08月27日

軒天塗装です。軒天は外壁のように強い紫外線や風雨に当たる事があまりありませんので、現地調査をした時も綺麗である事がほとんどです。ですが、梅雨時期など雨が続いてしまったりすると、湿気がこもり表面が湿っている状態が続いてしまいます。下地には良くない状態ですね。塗装をするときは、湿気に強い乾きやすい塗料を使用し湿気によって傷まないようにしていきます。

サイディングの外壁はシーリング部メンテナンスがとっても大切です!!ひび割れ気になりませんか? 桜川市H様邸 外壁塗装

2019年08月26日

外壁シーリング工事です。養生後はプライマーという下塗りを行います。これから行うシーリング材がしっかり密着するように塗る接着剤のようなものです。

   

新規シーリング材の充填です。シーリング材はホームセンターでも販売されていると思いますが、私たちが使用しているのは業者のみ取扱いができるシーリング材です。扱いは難しいですが、耐久性は抜群です。シーリング材にもグレードがありますので、その家に合ったものをお勧めできたらと思っています。

外壁シーリング工事 工程のひとつひとつに下準備があります。全ての作業を丁寧に行います。 桜川市H様邸 外壁塗装

2019年08月24日

  

外壁のシーリング工事です。まずは古いシーリング材を丁寧に撤去していきます。その後、マスキングテープでシーリング部のサイドを養生していきます。紫色のテープが養生テープです。周りが汚れないようにという意味もありますが、養生が丁寧に行われていないと仕上がりに影響します。最後に剥がしますので、綺麗に剥がせるように貼っていくのもポイントです。

高圧洗浄で長年の汚れを綺麗に洗い流します 桜川市H様邸 外壁塗装

2019年08月23日

   

足場設置、高圧洗浄です。「家を洗う」というのは、おそらく新築からやっていないことだと思いますので、長年の汚れや誇りなどを隅々まできれいに洗い流します。洗浄完了だけでも、綺麗になった感じがしますのでお客様にも驚かれます(*^_^*)特に白っぽい家はワントーン明るくなりますよ。

外壁上塗り材は、汚れに強い塗料が人気です!!耐久性、機能的な部分も魅力ですね 筑西市I様邸 外壁塗装

2019年08月19日

外壁塗装の上塗り施工後です。外壁の上塗り材に関しては、お見積りの際に2~3種類ご提出させて頂いています。弊社取扱いの塗料は基本的に「日本ペイント製」です。今まで様々な塗料を扱いましたが、仕上がりや品質面、信頼性においても日本ペイントが一番だと思っております。

最近の塗料は、汚れにくい「低汚染性」などの機能面が充実しており、低価格の塗料でも十分な塗料が増えいてます。グレードの違いは「耐久性」です。やはりシリコン系、フッ素、無機ハイブリッドとグレードが高くなるにつれて耐久性が変わりますので長持ち年数が変わってくると思います。プランの選び方は何を重視するかで変わってくると思いますので、よくご検討頂けたらと思います。

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

最近の投稿

大切なお住まいを長持ちさせる外壁・屋根の「無料診断」「無料見積り」「無料相談」はこちら
作業現場から