竹下親方の現場日記カテゴリー 2019年04月 | 屋根・外壁塗装の彩家です。

塗装工事に携わり27年。「彩家さんに頼んでよかった!」とお声を頂く安心の塗装工事。
株式会社彩家
0120-029-668

竹下親方の現場日記(2019年04月)

平成最後の日ですね!! 令和はどんな時代になるのでしょうか?? みなさま引き続き良いGWを★

2019年04月30日

みなさんこんにちは!!平成31年4月30日です!ついに平成最後の日となりました!

平成が終わるという改元の瞬間です。令和はどんな時代になるのでしょうね。

さて、GW真っ只中ですが皆様はいかがお過ごしでしょうか。前半は雨が多そうですが、後半は晴れるみたいですね。お休みが長いので、家の中や外回りの片づけなどをしている方も多いでしょうか。ぜひ、家の点検もしてみて下さいね。

10年に1度のメンテナンスで家を大切に、長持ちさせていきましょう。

誰でもできる外壁チェック方法!ひとつでも当てはまる場合は塗り替え時期です!

外壁に触ると粉状の汚れが付く。これは古い塗装の膜が粉状になって剥がれ落ちている状態です。

全体的に艶が無く、色褪せたなと感じる。外壁は常に紫外線や風雨にさらされていますので、日々少しずつ劣化が進行しています。色褪せを実感できるということは、表面コーティングである塗装の膜が剥がれてきてしまい、外壁を守るものがなくなってしまっている状態です。

外壁の剥がれ、黒や緑色の汚れがある。建物北側でよく見受けられる状態です。水回りであること、日当たりが悪い事など悪条件が重なると剥がれやカビ、藻などが発生してしまうことがあります。

外壁にヒビ割れがある。外壁表面コーティング(塗装の膜)が剥がれてしまい、外壁が硬化してしまっている可能性があります。

   

外壁の目地(シーリング部)が、細かくひび割れしている。変色している。これは経年劣化による硬化です。小さなひび割れからも微量ですが浸水します。浸水の蓄積で外壁内部を痛めてしまう可能性があります。

ベランダ床が色褪せ、汚れが溜まっている。ベランダは経年と共に防水機能が低下していきます。雨漏りに繋がる可能性がありますので、10年に1度は必ず防水塗装を行ってください。

 

外壁塗装のご予約も承り中です!お気軽にご相談下さいませ★

最近ではホームページからのお問合せが増えており、大変ありがたく思っております。塗装をご検討されている方は、お気軽にお問合せ下さいね。

工事に入るまでの期間をちょっとお知らせしたいと思いますお問合せ頂いてから→約1週間後に現地調査→約2週間後にお見積り提出→約1カ月後にご契約→工事開始はご契約から約1ヶ月~2ヶ月後という流れのお客様が多いように感じます。個人差やご希望などもございますので、お客様によって様々ですが、一般的には上記のような期間で動いています。ご参考にして頂けたら幸いです。相見積もりや、ご家族での話し合いなどもあるかと思いますので、皆様にはじっくり検討して頂いております。その間、ご質問やご心配事のご相談なども受け付けております。

家は皆様にとって大切なお住まいです。塗装をすると新築のようになりますし、今までと違う雰囲気にすることで気分転換にもなります。定期的な外壁メンテナンスは、家を長持ちさせます衣食住というくらいですから、住まいの状態は大切だと考えられます。

実際のところ、外壁塗装を行う方は新築から20年前後になってしまう方も少なくありません。ですが、何かしら補修や時間の掛かる作業が出てきてしまうことが事実です。まずは、調査だけでも10年に1度行って頂けたら嬉しいです。調査、お見積り、ご相談は無料です。まずはお電話でお問合せ頂けたら幸いです。フリーダイヤル(無料通話)は0120-029-668です。お急ぎの方、直接職人に相談したいという方は080-5174-3444(職人直通)まで。事務所固定電話は0296-48-9633です。

GWいかがお過ごしでしょうか!?今日は平成最後の晴れかな?? 屋根塗装にピッタリの気持ちの良い日です。  結城市O様邸 屋根塗装

2019年04月29日

   

屋根棟板金の錆止め塗装です。先日、ビス止めなどの下地処理をしました。最後に錆止め塗装をして下地処理は完成です。

   

屋根上塗り塗装です。今回は大きな破損や傷みがほとんどなくスムーズな塗装となりました。スレート屋根は築10年を超えると、湿気による劣化や逆に屋根材が乾いてミルフィーユ状になってしまったりと様々な劣化事例を目の当たりにしています。屋根を下からみて、色褪せや汚れを感じ始めたら塗り替え時期です。出来るだけ10年に1度はメンテナンスを行い、塗装や補修を行うことで費用も工事も最小限で済ませる事ができます。

屋根塗装のグレードは基本的に2~3プランご準備させて頂いております。お客様自身でインターネット等で調べて気になる塗料があった場合には、ご相談も受け付けます。また予算に合わせたプランも作成できますのでお気軽にお申し付け下さい。

変わりやすい天気が続いていますね。毎日、週間天気予報を眺めています(笑) 結城市O様邸 屋根塗装

2019年04月28日

屋根タスペーサー設置作業です。屋根塗装とインターネットで調べた時に、「タスペーサー」という言葉を見たことがある方もいるかもしれません。スレート屋根は屋根材の隙間が埋まってしまうことにより、通気が確保できなくなり内部結露が発生します。それにより、屋根材がブヨブヨになり表面に剥がれが発生してしまうのです。こういった現象が多く発生しています。

そういった内部結露を防止するためには、湿気を逃がすために通気を確保する必要あります。通気確保には「縁切り」といって屋根材の隙間をカッターで切っていく作業があるのですが、屋根材を傷めてしまうこともありますので、弊社では行っていません。また、縁切りを行っても結局数年後には隙間は埋まります。

タスペーサーは屋根材の隙間を強制的に開けておくことができる器具のようなものです。とても小さく軽量ですが、屋根材ひとつひとつに差し込んでおくことで通気確保が可能です。スレート屋根で湿気による劣化が進行している場合は必ずやらせて頂きております。

逆に、屋根が乾きすぎてしまっている場合はタスペーサーが差し込めない場合もあります。状態は様々ですので現地調査の際に確認させて頂いております。

屋根は10年に一度必ずメンテナンス、点検をしてくださいね!!家を守るための大切な事です。 結城市O様邸 屋根塗装

2019年04月23日

   

屋根下塗りです。今回もそうですが、屋根塗装で一番多いスレート屋根は軽量安価で新築時はとても人気な屋根材ですが、約10年もすると遠目から見ても汚れや色褪せが酷くなり、耐久性があまりよくない事がわかりお客様からご相談を受ける事が多くなっています。

ひび割れ、剥がれ等が酷く、他業者様から塗り替え不可と判断され葺き替えを勧められたというお客様もいます。弊社では、できるだけ塗装で対応ができるよう努力をしていますが、高圧洗浄ができない状態になってしまっていると塗装はできません。また、悪い状態で塗装をした場合保証はご遠慮させて頂く場合もあります。

そうならない為にも、スレート屋根の場合は10年に一度、必ずメンテナンスをして頂けたらと思っています。

屋根塗装の前に、下地処理を行います。細かい補修をしっかり行うことで屋根が長持ちします。 結城市O様邸 屋根塗装

2019年04月22日

   

屋根塗装です。まずは屋根の下地処理からはじめます。屋根には「棟」と呼ばれる屋根を押さえている部分があります。写真の白(シルバー)の部分です。棟は屋根全体の中でも特に風の影響を受けやすい部分ですので、塗装の前には破損はないか、補修は必要かどうかなど必ず確認します。棟部はビスや釘で留めてあるのですが、新築から20年近く経過しているとビスや釘が取れそうになっていたり、取れていたり、錆びていたりと補修が必要な状態である事がほとんどです。正常な状態に補修を行い、取れないようにシーリングで固定をします。他に、棟部の繋ぎ目などのシーリングが切れていたり劣化している場合は打ち直します。

棟部は金属製ですので、下塗りを行う際に錆止め材を塗装します。

 

土間や塀の汚れ気になりませんか??洗浄だけでも喜んでやらせて頂きます!! 結城市O様邸 外壁塗装

2019年04月19日

   

高圧洗浄です。屋根と外壁の場合は、丸1日かけて綺麗に洗浄していきます。新築から10年、20年と洗浄をしたことはないでしょうから汚れや埃、カビや藻の原因となる雑菌なども綺麗に落としていきます。ホワイト系の家は白さが蘇ります!!洗浄だけでもお客様に喜ばれます(*^_^*)

家の周りの塀や、土間の汚れ気になりませんか??コケが生えていたり、真っ黒に汚れていたり綺麗にしたいなと思っている方も多いと思います。とりあえず、洗浄だけやってほしいという方も対応できますので、お気軽にお問合せ頂けたらと思います。

ALC、へーベル壁の塗替えお問合せが増えています。 相見積もりもお気軽にどうぞ★  結城市O様邸 施工前の状態です

2019年04月18日

結城市O様邸の屋根・外壁塗装工事です。写真は現地調査時の状態です。全体的に色褪せが進行していますね。塗り替え時期でした。

  

外壁は「ALC」です。ALCは外壁目地(シーリング)が通常の外壁(サイディング等)の3倍~4倍の長さあります。ですから、外壁にとってとても重要である事がわかります。縦目地、横目地ともひび割れが進行していました。

  

屋根はスレート瓦です。汚れや色褪せが進行しています。

結城市O様邸は、ご近所のOB様からのご紹介です。ありがとうございます!!皆様に喜んで頂けるようこれからもがんばります!!

守谷市、常総市、取手市、つくば市も対応可能です。お気軽にお問合せ下さい(*^_^*)  守谷市N様邸 屋根・外壁塗装工事 完成 

2019年04月17日

   

茨城県守谷市N様邸の屋根・外壁塗装工事が完成です。屋根はブラウン、外壁はホワイトでシンプルでオシャレは仕上がりとなりました。ホワイトは汚れやすいから避けたいと思っている方も多いと思いますが、最近では汚れに強い塗料が出ていますので、ご希望の方はご相談頂けたらと思います。

今回初めて守谷市からのお問合せを頂きました。弊社は筑西市ですので、守谷市は遠い感じもしますが、2月に関城地区に引っ越し(下妻市との境目付近です)、守谷市近辺も対応可能となりました。また、取手市からもすでにご契約頂いております。お気軽にご相談頂けたらと思います。なお、現地調査やお見積り作成は無料です。

スチール製の付帯部は錆びに注意!!色褪せ、表面がザラザラしていたら塗装時期ですよ  守谷市N様邸 外壁塗装

2019年04月12日

   

付帯部の塗装が続きます。今回はスチール製の付帯部がメインです。スチール部は通常、素材を守るために塗装がされています。ですが、やはり屋根や外壁と同じように厳しい環境に耐えている部位でもありますから、徐々に塗装の効果が無くなってきます。スチール部で怖いのは「錆び」です。錆はよく見るものでもあるかもしれませんが、進行すると穴が開いてしまったり破損に繋がる可能性があります。

錆びから守るためにも定期的な塗装は必要です。下塗りには錆止め材を使用し、より錆びにくい状態を保てるよう仕上げていきます。

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

最近の投稿

大切なお住まいを長持ちさせる外壁・屋根の「無料診断」「無料見積り」「無料相談」はこちら
作業現場から