竹下親方の現場日記カテゴリー 2016年07月 | 屋根・外壁塗装の彩家です。

塗装工事に携わり27年。「彩家さんに頼んでよかった!」とお声を頂く安心の塗装工事。
株式会社彩家
0120-029-668

竹下親方の現場日記(2016年07月)

外壁(サイディング部) 下塗り施工①

2016年07月29日

aoki_19

外壁(サイディング部)の下塗りです。A様邸のように、場所によって違う外壁になっている建物も少なくありません。素地に合わせた塗装を丁寧にしていきます。
サイディング部の下塗り1種類目は「日本ペイント パーフェクトサーフ」です。
こちらを使用し密着性を高めます。

梅雨がやっと明け、真夏の陽気になりましたね!水分補給が欠かせません!
皆様も熱中症にお気を付け下さいね。

 

外壁(レンガ部) 上塗り施工

2016年07月29日

aoki_17  aoki_18

昨日から本日にかけて外壁の上塗り施工を行いました。
使用塗料は「スーパームキコート」です。高耐久の無機塗料はお客様からのご指定も多いです。
外壁レンガ部の塗装は下塗り3回上塗り2回の計5回塗り、そしてムキコート使用ですので、間違いなく長持ちすることでしょう。

外壁はサイディング部もありますので、引き続き外壁塗装を続けます!

外壁(レンガ部) 下塗り施工②

2016年07月27日

aoki_16

昨日は雨で現場作業はお休みしました。
なかなか梅雨が明けませんね。予報だと週末には明けるかな?

さて、作業の方は外壁下塗り2種類目。使用塗料は「スーパームキコート下塗り材」です。
やっと色が付きましたw今回の塗装も2色で仕上げていきます。
外壁のツートンカラー仕上げ流行ってます(*^_^*)

軒天塗装

2016年07月23日

S__1400845  S__3350533

本日は軒天塗装を行いました。
使用塗料は「日本ペイント ケンエースGⅡ」です。こちらの塗料はアクリル塗料です。
アクリル塗料は耐久性がありませんので、紫外線や激しい気候にさらされる外壁には不向きですが、
紫外線に当たらない、いつも陰になっている軒天には最適なのです。
アクリル塗料は湿気に強いので、浴室などに使用してもOKのようです。

ですが、外壁に使うのは絶対にNGです!すぐに剥がれます!!

養生作業

2016年07月22日

aoki_11  aoki_12

養生を行いました。窓等はもちろん、お車にもカバーをかけてさせて頂きます。
養生も丁寧に作業させて頂きますので、丸1日はかかります。

外壁 シーリング工事

2016年07月21日

aoki_9  aoki_10

外壁のシーリング工事を行いました。
築10年を超えてきますと、シーリング部分から傷み始める場合が多いと思います。
シーリングの劣化は外壁のひび割れ等にも繋がり、最終的に雨漏りの原因にもなります。
皆様のお住まいは大丈夫でしょうか?

学生さんは今日から夏休みのようですね。
今年は猛暑日もありましたが、比較的涼しい7月のような気がします。
梅雨はいつ明けるんでしょうね?
夏休み楽しんでくださーい(*^_^*)

屋根 上塗り施工②

2016年07月20日

S__1400843  aoki_7-4

↑↑施工前                         ↑↑施工後

屋根塗装が完了しました。写真撮影の角度が違うので少し見にくいですが、
左が施工前、右が施工後です。施工後は艶が戻り、とても綺麗になりました。
そして高耐久のフッ素塗料を使用していますので、とても丈夫になっています。

今回の屋根塗装は下塗り2回、上塗り2回の計4回塗りです。
彩家の屋根塗装は基本的に4回塗りです。

屋根 上塗り施工①

2016年07月19日

aoki_7-2

本日は屋根の上塗り塗装1回目です。使用塗料は「エスケー化研クールタイトフッ素」です。
屋根塗装は遮熱シリコン塗料よりも、遮熱フッ素塗料をお選びになるお客様が増えてきています。
フッ素塗料は高価ですが、シリコン塗料を使いをしてまた10年後塗装するよりも、
フッ素塗料を使い長持ちさせた方が屋根にとっても家計にも良いですよね。
10年なんて、あっという間ですよ!ちなみにフッ素で塗装をすると15年から20年持ちます。
塗装をお考えの方は、今後の事も考えてプランを選んで頂けるといいと思います。

屋根 タスペーサー設置

2016年07月18日

aoki_6  aoki_7-1

本日の作業は屋根のタスペーサー設置です。タスペーサーを設置しておくことで、屋根材(コロニアル材)に湿気が溜まらなくなるので、屋根の劣化を回避することができます。
特に今日の様に気温30度を超える暑い日は、屋根の温度は約50度からそれ以上になるでしょう。
そんな状態の中、屋根材(コロニアル材)に湿気が溜まっていると、湿気の温度が上昇し屋根材がブヨブヨに、そして膨れ上がり屋根の表面がボロボロと剥がれてしまう現象が起こります。そういったことが原因で屋根の改修工事を行ったお客様もいらっしゃいます。
改修工事となると、金額も高額になってきます。(屋根塗装工事の約3倍です)

コロニアル屋根(カラーベスト・スレート)で塗装をお考えの方はタスペーサー設置は絶対にお勧めします。

屋根 下塗り施工②

2016年07月16日

aoki_5

本日の作業は屋根下塗り2回目でした。屋根の下塗りは2回行いました。真っ白です!

しかし、雨が降りますね。昨日も雨でしたので、現場はお休みさせて頂きました。
この時期、雨で現場が止まると・・・、会社敷地内の草刈り!除草剤撒き!です(笑)
今年は新しい草刈り機を買いました(*^_^*)

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

カテゴリー

最近の投稿

大切なお住まいを長持ちさせる外壁・屋根の「無料診断」「無料見積り」「無料相談」はこちら
作業現場から